プロダクトローンチにおける戦略的ネットプロモーション

せっかく良い商品やサービスを作った、または現在商品や技術は素晴らしい物を持っているのに、何故売れないのだろう?と思っている方いませんか?

☑どの市場で勝負したら良いのか分からない
☑良い商品やサービスを持っているのに何故売れないのか分からない
☑どのように良い商品やサービスを作ったら良いのか分からない
☑どのように戦略を練ったら良いのか分からない
☑どのように売り出せば良いのか分からない

上記の☑に1つでも当てはまる人は、是非この後も読み進めて頂ければ、少しでも解決の糸口になるかと思います。

zikeidancta

1.プロモーションとは

プロモーションとは、商品やサービス、つまりあなたの会社を世の中に広く知ってもらう行為の事をいいます。例えどんなに良い商品やサービスを作ったとしても、それを消費者に知ってもらわないと、その商品を欲しい人、つまり見込み客に届けることが出来ません。

どのように見込み客に自分の商品やサービスを知ってもらうのか?

☑チラシ、DM
☑テレビCM
☑インターネット

1-1. チラシ、DM

これは人的パワーが必要です。道行く人に1枚1枚チラシを渡したり、1件1件ポストに投函したりと非常に労力が必要となります。

人が多い大都会ではまだまだ有効ですが、人の少ない地方ではあまり有効な手段とは言えません。

1-2. テレビCM

大企業のようにテレビCMをどんどん打てる体力があれば、知名度を上げる方法としては、最も優れていると言えます。何度も何度もCMで流れる事で、宣伝の音楽などをいつのまにか覚えてしまっている。という事も少なくないでしょう。

しかし、そのような体力のある会社はそう多くはないでしょう。

1-3. インターネット

インターネットが普及している現代社会において、何か商品やサービスを探す際にはパソコンからというより、スマホでササッと検索するのではないでしょうか?

☑食事に行きたい時
☑旅行に行きたい時
☑美容院に行きたい時
☑欲しい商品が決まっている時は、どこが一番安いのか調べる時

このような時に、スマホでささっと検索するだけで瞬時に欲しい情報やサービスが見つかります。

このように売り込まなくても、自ら欲しい情報をインターネットで検索し収集する時代です。よって、売る側も情報を発信し続ける事で、お客様に見つけて貰いやすくなります。

2.戦略とは

戦略の事を考える際に必ず考えないといけない事があります。それは、戦略戦術の違いを知ることです。

2-1. 戦略と戦術の違いとは?

この質問をすると、明確に答えられる人が少ないのではないでしょうか?戦略と戦術は、一文字違いですが、内容は全然違うのです。しっかりこの違いを知り、プロモーションに繋げていく必要があります。

多くの人は、戦術はあれこれと考えるのですが、戦略を考えていないケースが多いと言われています。戦略を考えていないので、プロモーションを行っても失敗するケースが多いのです。

戦略

戦略とは読んで字のごとく、戦いを省略することです。どういった事かというと、実際に戦わずに勝つ方法を考えるという事です。戦わずに勝てるのであれば、それに越したことはないですよね。

マーケティング用語では、これをブルーオーシャンと言います。ライバルがいない市場を見つかれば、市場を独占して勝つ事は容易になります。これぞ、まさに戦略を考えるメリットです。

戦略で重要なのが

☑どの分野に参入するのか?
☑どのような顧客をターゲットとするのか?

などをトコトン考え抜く必要があります。経営資源で負けるのであれば、戦略を練って考える力で勝つしかないのです。これは、本当に重要なことなので、是非頭に入れておいて欲しいと思います。

戦略を考えて、ブルーオーシャンを見つけて一時期市場を独占したとしても、不幸なことにすぐにライバルが現れます。ある意味で、市場を半永久的に独占することは不可能に近いと言えます。

戦術

戦術も同じく、読んで字のごとく、戦う術です。これは、ライバルがいることが前提の話になります。この時点で、戦略と戦術が全く違う考え方だという事が理解して頂けたのではないでしょうか?

戦術はライバルにどう勝つか、どう戦えば良いのかを考える事です。ライバルが非常に多い市場のことは、先ほどのブルーオーシャンと反対に、 レッドオーシャンといいます。

このようなライバルの多い市場で戦うのは、苦戦を強いられることが多くなります。ましてや、大企業がライバルにいる時は尚更です。

人・物・情報・金という経営資源が豊富にある大企業を倒すのは容易ではありません。だからこそ、戦略が非常に重要になります。経営資源が豊富ではない中小零細企業にとっては、この戦略が命綱、命運を握っている、といっても過言ではありません。

 

2-2. ブルーオーシャン市場で生き残る2つの方法

ブルーオーシャンの市場に生き残っていくためには、ある2つのことをやっていくしかありません。

その1つが、
「他人やライバルが出来ない事をやっていく」

そして、2つ目が、
「他人やライバルがやりたがらないことをやっていく」

市場で生き残っていくには、この2つのどちらかをやっていく事以外に選択肢はないとも言えます。

誰でも出来て、すぐにでも参入出来る事と言うのは、せっかくブルーオーシャン市場を見つけてもすぐに真似をされてしまいます。

もし、あなたが今ビジネスをやろうとしている、もしくはやっているのであれば、この2つの視点から何があるのか? そして、何ができるのかを考えると良いでしょう。あなたのビジネスに少しでもお役立ていただければ幸いです。

3.プロモーション戦略で成功するためには

あなたの商品やサービスを世の中に広く知って貰うためには、現代社会においてはインターネットを用いる事が必須と言っても過言ではありません。更にはスマホが普及している事からスマホに対応している事も重要です。

既存の商品やサービスを売っていくためにはどうやって競合に勝つかという戦術が重要ですが、今から商品やサービスを作っていく場合は、戦略が非常に重要になってきます。出来るだけ戦わずに市場で生き残っていく為に、競合がいないブルーオーシャン市場を見つける事が重要です。

そして、ブルーオーシャンを見つけたら、他社がすぐに真似出来ないように、「他人やライバルが出来ない事をやっていく」、「他人やライバルがやりたがらないことをやっていく」という戦略が重要になってきます。

つまりまとめると、ブルーオーシャン市場で他人やライバルが出来ないことや、やりたがらない事で需要がある事を見つける事が真の戦略です。

そして、それを世の中に広く知ってもらうために、スマホ対応のネットを使用したプロモーションをかけていく事が現代社会における成功するためのプロモーション戦略と言えます。

4. プロダクトローンチにおける戦略的ネットプロモーションとは

では、とうとうブルーオーシャン市場が見つかり、他社が真似出来ない素晴らしい商品やサービスを作り出し、世の中に発信しても売れなかったら意味がありません。

そこで、プロダクトローンチという短期間で爆発的に売り出す方法と組み合わせる事が重要です。

4-1. プロダクトローンチとは

プロダクトローンチとはアメリカのジェフ・ウォーカーによって考案された手法です。

押し売りのように最初から売り込みをせずに、メールや動画を使って何日間に分けて見込客を教育し信頼関係作っていき、「あなたの事が信頼できます」「是非売って下さい」と思って貰い、短期間で爆発的に商品を売っていく。という手法になります。

まとめ

プロダクトローンチをしかける時に重要な事は、どのような商品やサービスでも一旦プロダクトローンチを仕掛けると爆発的に売る事は可能です。

しかし、売った商品やサービスが詐欺的な物であったり、結果を出せないような物では訴えられたり、返品対応に追われたりします。

なので、まずは戦略をしっかり練り、ブルーオーシャン市場で他の人が真似出来ないような素晴らしい商品やサービスを作る事が重要です。ネットを使ってプロモーションとして、

今までの流れをまとめてみましょう。

①戦略

まずどの分野に参入し、どのような見込み客に売るのか?をトコトン考えて、ブルーオーシャン市場を見つけ、他社が真似出来ない素晴らしい商品やサービスを作り出します。

②ネットプロモーション

ネット(スマホ対応)を活用し世の中に商品やサービスを広く発信していきます。

③プロダクトローンチ

見込み客のリスト(メールアドレスやLINE@)に対して、何日かに分けて商品やサービスに対しての有益な情報を送り、見込み客を教育し、自らその商品やサービスを欲しいと言って貰う事で爆発的に売れる。

この流れが出来ると最高ですよね。

これを可能にするのがプロダクトローンチと戦略的ネットプロモーションを融合させる方法です。