プロダクトローンチのプロモーションには動画を活用しよう!

プロダクトローンチでは、プロモーションに動画を使うことがよくあります。ステップメールで動画を送り、見込み客を魅了し、離脱率を下げる効果があるためです。

この記事では、プロダクトローンチのプロモーションに動画を使うメリットをまとめました。全文を読むことで、プロダクトローンチのプロモーションに動画が使われる理由がわかるようになるでしょう。

zikeidancta

1. プロモーションを行う理由

まずプロモーションとは何かを見ていきます。家の中を見渡すと、いろいろなものがあります。それらは何らかのきっかけがあって買ったものです。

テレビのコマーシャルを見て、電車の中吊り広告を見て、インターネットのバナーを見て、友人に勧められて、店員さんに勧められて、などなど。これらはすべてプロモーションです。

何かを作っている人たちがいます。せっかく作ったのだから、多くの人に買って欲しいと思っています。一方、生活をしている人たちは、何かを欲しいと思っています。失敗しないで手に入れたいと思っています。

何かを売りたい人たちが、直接的にせよ、間接的にせよ、一生懸命考えて、売ろうとしています。この作る人、売る人、欲しい人をつないでいくのがプロモーションです。

プロモーションを行うのは、商品やサービスを安くするためです。例えば、某メーカーが新しいスマホを作ったとします。それは技術的にも画期的で、デザインも斬新です。作った人たちは、絶対売れると自信があります。

しかし、その商品の存在を誰も知らなかったら、売れません。知ってもらう努力をしなかった結果、作った人たちの家族や親族にしか売れませんでしたということになりかねません。

何年も研究をし、新しい技術を開発します。研究している人たちの給料、斬新なデザインを考えたデザイナーに支払うデザイン料など、画期的で斬新なスマホの開発には、何億円というお金がかかっています。数十人にしか売れないと、1台数億円のスマホとなります。

このため、プロモーションを行います。大きな看板を掲げます。人気のあるタレントを使ったテレビのコマーシャルを放映します。街中に出ていき、使い方とか、重さとかデザインとかを実際に手にとってもらい体感してもらいます。

このようなプロモーション活動の結果、多くの人たちが、そのスマホのことを知ります。触れた多くの人たちが欲しいと思います。欲しいと思った人たちが、友人に勧めるかもしれません。いわゆる、クチコミよる広がりもあり得ます。

知ってもらう努力=プロモーションは、とても大切な営業活動なのです。

世の中には、商品やサービスを作る人と買う人だけがいれば良いというわけではありません。商品やサービスを欲しくなる情報を流す人がいないと社会は成り立たないのです。どんなに良い商品やサービスも知らなければ存在しないのと同じだからです。

2. 情報には通り道と流れがある

何かを伝えることができる場所、つまり情報の通り道のことを情報メディアと呼びます。テレビコマーシャル、新聞のチラシ、インターネット広告は情報メディアです。工場見学というイベントも、実際にモノを見て、触れることができるメディアです。

自動販売機も情報を伝えることができるのでメディアになります。そういう意味では、コンビニエンスストアやスーパーマーケットも商品の情報に触れることができますので、メディアといえます。家族や友人のクチコミは、人メディアと呼ばれています。

プロモーションは、メディアを使ったり、様々な組み合わせを考えたりしながら、情報を人々に届けて、それぞれの関係性を良くしていきます。

情報には、通り道と流れがあります。新聞やテレビは一方通行の大きな通り道です。かつては、どこへ行くにも、そこを通らないと行けませんでした。このため、多くの人がその通り道を目指してやって来ました。

消費者のほうから、その通り道に来るので、そこに情報を流せば、多くの人に知ってもらうことができました。しかも、みんなが同じ時間に、同じ方向を向いているので、情報の出し方も時間を決めて一方通行で問題がありませんでした。

しかし、最近は細い通り道ですが、自分の知りたい情報だけにたどり着く方法(情報の道筋)ができました。このため、混雑する大きな通り道に行く必要がなくなりました。細いけれども、確実に自分の知りたい情報を得られる通り道に人々は注目するようになったのです。

このため、様々なメディアを使うこと、メディアを組み合わせることを考えながら、効果的でありながら、効率的というプロモーションを考えなければならなくなったのです。

ここで注目された手法が、プロダクトローンチです。短期間で見込み客を集めます。その見込み客に対して、価値ある情報を提供し、見込み客の信頼を得ます。信頼できる人が勧めるものだから買おうというビジネス手法です。

プロダクトローンチの価値提供において、魅力的な動画は外せないものとなっています。人は視覚から得る情報が8割といわれています。このため、動画の効果はとても大きいといえます。

3. 動画は見るから使うに変化している

最近、新たなサービスのメリット、小型電子機器の使い方、スマホアプリの特徴などが文字や図ではなく、短い動画に変わってきています。

そもそもサービスやアプリなどは、誰かが使っているところを見て、自分で使ってみればだいたいのことはわかります。それをわざわざ文字と図に落とし込んで学ぶメリットはあまりありません。それより早く理解して使えるようになったほうが得です。

動画であれば、言葉の壁に阻まれることが少なくなります。英語がわからなくても、人がやっているのを見ていれば、見よう見まねでなんとかなるものです。これが文字だけの説明でしたら、お手上げです。

使い方や特徴を説明した動画は、単なるビディオマニュアルではありません。簡単に、誰でも使えるということをアピールする宣伝にもなっています。マニュアルは開発費で、宣伝は広告費でという縦割りではなく、みんなが共感するものを一つ作るという考えです。

このような動画が話題になり、SNS上でコニュニティが発生するということもあり得ます。クチコミによる拡散の一種です。

動画のもう一つのメリットは、抽象的な概念を説明するには、文章よりも優れているという点です。教科書を読んでもわからなかったが、授業を受けたらわかったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

よくわからないから説明しに来て、ということはビジネスの世界ではよくあります。これは、実際に人の顔を見て、人の言葉で聞いたほうが理解しやすいということです。

動画による表現は、信用から信頼へ、そして信頼から共感へと変わっていきます。動画は、人と会って話を聞くプロセスを手軽に、そのうえ大人数を相手に実現できるのです。

プロダクトローンチは、見込み客に価値ある情報を提供することで、信頼を得る必要があります。動画は、信頼を得る最高の手段です。そして、共感が得られればセールスが成功する確率は格段に高くなります。

プロダクトローンチのプロモーションを動画で行うもう一つのメリットは、ブランディングが上がるということです。

仮に千人の見込み客を集めたとしたら、その人たちに動画を見てもらえるわけですので、1回のプロダクトローンチで多くの人に自分の人となりを知ってもらうことができます。文章だけで、人となりを知ってもらうのはほぼ不可能といえます。

4. マインドシェアの獲得

ゲリラ・マーケティング(局所的な場所またはインターネットにおいて、低コストで慣例にとらわれない手段を使う広告戦略をいいます。)の提唱者であるジェイ・コンラッド・レビンソンは「マインドシェアの獲得こそがマーケティングのゴールである」といいました。

重要なことは、マーケットシェアを得ることではなく、顧客の心の中でのシェア、つまりマインドシャアを得るということです。

マインドシェアが高まれば、顧客はお店や企業を自分のためにあるお店または企業と認識し、頻繁に商品やサービスを購入し、友人や知人に紹介するようになります。つまり、ファンになるということです。

ではマインドシェアを高めるにはどうすればいいのか?答えは動画を使用するということです。動画は顧客の心理変化に大きな影響を与えます。動画は、視聴者に対して次のような心理浸透のプロセスがあります。

このような心理変化のプロセスで、顧客が迷いや矛盾を持つような場合には、そのタイミングで動画を使うと、その迷いや矛盾を解消することが可能になります。

ここで重要なことは、動画を作る際、顧客に「何に共感してもらいたいか」を決めることです。プロダクトローンチであれば、最初から売りたいものが明らかになっていますので、それに共感してもらえる動画を作成する必要があります。

5. まとめ

プロダクトローンチは強力なビジネス手法といわれています。そのプロダクトローンチのプロモーションにおいて、動画を使用すれば、顧客の共感を得られますので、セールスの成約率は高くなります。

ただし、やみくもに動画を作ればいいというものではありません。ターゲットが誰なのかを意識した動画作りが必要になります。