プロモーションの意味を誰でも分かるように徹底解説

プロモーションの意味は商品やサービスを世の中に広く知ってもらう行為の事をいいます。ここではプロモーションの流れを誰でも分かるように徹底的に解説していきます。

プロモーションの種類は数多くありますが、ここでは、プロモーションとは何か?どんな方法があるのか?どのプロモーションが最も優れているのか?などを解説していきます。

zikeidancta

1. プロモーションの意味とは?

プロモーションの意味、つまりプロモーションとは、商品やサービスを世の中に広く知ってもらう行為の事をいいます。例えどんなに良い商品やサービスを作ったとしても、それを消費者に知ってもらわないと、その商品を欲しい人、つまり見込み客に届けることが出来ません。

商売の基本は「商品やサービスを誰に対してどのように売るのか?」です。この「どのように売るのか?」の部分がプロモーションの役割です。

2. プロモーションの流れとは?

2-1. 従来のプロモーションとは

  1. 物の名前を知ってもらう
  2. 物の特徴を知ってもらう
  3. その物を買いたい気持ちにさせる
  4. お店に来店してもらう
  5. 商品を購入してもらう

この一連の流れが従来のプロモーションでした。①から④の半分までを広告と呼び、④の半分から⑤までを販売と呼び、特にセールスプロモーションと呼びます。

しかし、現在はインターネットの普及により少し状況が変わって来ています。特にスマホが普及したことにより、お店に行かなくても全てが完結してしまうのです。それはどういう事なのか、次の項で説明していきます。

2-2. 現代社会のプロモーションとは

インターネットが普及し、さらにスマホが普及した事により、実店舗に足を運ばなくても商品を見て、商品の特徴を見て、検討し、購入する事が容易に出来るようになりました。このように、今までの①から⑤の要素に新たな要素が加わっています。

例えば、30代女性のスマホに化粧品の新商品の広告が流れてきました。それを見た女性はその商品の名前を知り、特徴を知る事が出来ました。とても気に入ったので、その場で購入しました。この場合、プロモーションの流れの①~⑤まで、彼女のスマホの中で全て完結しています。

彼女のスマホに届いたのは、実はある化粧品会社のホームページです。このホームページがお店そのものであり、④のお店に来店してもらう。つまり、ホームページを見てもらうという行為はお店に来店してもらう事と同じ行為を果たしています。

つまり、このホームページ=お店 に人が来てくれれば、商品が売れるのです。現代社会ではインターネットを活用し、ホームページに人に来てもらい購入してもらう【インターネットプロモーション】や【WEBプロモーション】という考え方が主流となっています。

3. 最強のプロモーションがプロダクトローンチです!

このようにインターネット、WEBを活用したプロモーションが現代の主流となっています。さらに、このインターネットを活用したプロモーションの中でも、最強の方法が【プロダクトローンチ】と呼ばれる手法です。

3-1. プロダクトローンチって何?

プロダクトローンチとはジェフ・ウォーカーが編み出した商品を爆発的に売り出す方法です。しかも、見込み客に、「売り込まれた!」と思わせる事なく、動画などを使っていき、徐々に教育していき、見込み客自ら、「この商品を欲しい!」「是非、売って欲しい!」

と思って貰える手法なのです。

3-2. プロダクトローンチはプロモーションの要素が全て詰まった最強の手法です。

少し、プロモーションの復習をしましょう。

まず、商品やサービスを売るには、5つのステップがありましたね。

  1. 物の名前を知ってもらう
  2. 物の特徴を知ってもらう
  3. その物を買いたい気持ちにさせる
  4. お店に来店してもらう
  5. 商品を購入してもらう

インターネットを使うことで、下記のように、この5つのステップ全てがインターネット上で完結するのです。

  1. 商品やサービスの名前を知ってもらう
  2. 商品やサービスの特徴を知ってもらう
  3. その商品やサービスを買いたいという気持ちにさせる
  4. インターネット上のホームページに来てもらう
  5. ホームページ上から商品を購入してもらう

プロダクトローンチでは、動画を1つずつ配信していき、徐々に興味を持ってもらい、欲しいと思ってもらい販売する。まさしくこの5つのステップを経て販売まで進んでいくのです。

特に動画で配信しており、1回分の情報量を少なく抑える事で、知って貰いたい情報だけを1回分で伝える事が出来ます。更には動画の最後には次の配信を楽しみにして貰える仕掛けを施しているので、途中で離脱することなく、最後まで見てもらえるのです。まるで、人気ドラマを見ているのと同じように、次のドラマが気になるのです。つまり商品やサービスの事をもっともっと知りたくなるのです。

プロダクトローンチを最も効果的に実証しているのは、アメリカ企業Apple社による「iPhone」のプロモーションでしょう。別に売り込んでいる訳ではなく、iPhoneの新製品を魅力的に伝えているだけです。それなのに、見込客は欲しくて欲しくてたまらなくなり、発売開始の当日は携帯ショップの店頭は長蛇の列に毎回なっています。

まとめ

プロモーションの意味は自社の商品やサービスを様々な媒体を使う事で広く知ってもらう行為の事を言います。プロモーションには5つのステップがあり、現代社会ではスマホの普及もあり、全てネット上で完結してしまいます。

その中でネットを使った最強のプロモーションがプロダクトローンチです。プロダクトローンチはジェフ・ウォーカーが編み出した手法で、見込み客に対して、5つのステップを動画で説明していき、商品やサービスを欲しくて欲しくてたまらなくなって貰ってから、爆発的に販売するという手法です。実に効率的で理にかなっています。