ワンクリック詐欺被害にあわない為の知識と絶対できる対策法

出会い系サイトを見てたら請求画面になった…
アダルトサイトを見てたら請求画面になった…
よくわからないアプリをダウンロードしたら請求画面になった…

これがワンクリック詐欺です。

今さら知らない人がいるとは思えないが、
ワンクリック詐欺って何なのか、調べてみると…

ワンクリック詐欺とは

ネット上で行われる架空請求詐欺のひとつ。携帯電話、パソコン上のサイトやメール上に載っているURLなどをクリックすると、料金を請求する画面が出る。そこには、クリックした人間が払うべき金額と振込先の口座が表示されている。

悪質なワンクリック詐欺になると、あたかもクリックした人の個人情報を手に入れかのように見せかけ、払わなかった場合は制裁措置を行う、などの色んな重圧をかけてくるものもある。もちろん、不当な料金請求なので、法的に無視できる。

と書いてある。

さて、ワンクリック詐欺にはどんなものがあるのだろうか?

zikeidancta

1.ワンクリック詐欺の種類

一般的なワンクリック詐欺は下記のようなものがあります。

・アダルトサイトの詐欺

アダルトサイトの入り口などで入ると、突然、請求画面に飛び、
登録ありがとうございます、入会金をお支払いください』などと表示されるサイト。

個人情報(内容は嘘ばかりだが、偽物だと気付きにくい)が表示され、不安をあおる。

・メールURLからの詐欺

友達や知り合い、同級生を装って、パソコンに
『久しぶり!ホームページ作ったから見てみてね!』とメールを送ってくるもの。

知らずにURLをクリックすると、請求画面(ワンクリック詐欺と同じ)に飛んでしまう。

・アダルトサイト以外のワンクリック詐欺

Youtubeなどの動画サイトや、音楽配信サイト、
芸能情報サイトを装って請求画面へと飛ばす詐欺。

・ファイルを受信させる詐欺

アダルトサイトで、急にファイルなどのダウンロード画面を出し
、『個人情報を取得しました』『登録ありがとうございます』と
あたかも個人情報を抜き取ったかのように見せかけ金額の請求をする詐欺。

・消えない請求画面

クリックすると不正なプログラムがダウンロード、インストールされる。

請求は通常、皆さんがご覧になっているようなブラウザ上で表示されるものであるが、
そのプログラムが原因で請求画面がデスクトップ上でも表示され続ける。

『お金を払わないと請求画面は消えません』などと不安を与えて振り込ませようとする。

.ワンクリック詐欺の対策法 ここが一番大切なところです!

・絶対に支払わない

どんなことがあろうとも、絶対に、支払ってはいけません。

法律上支払う義務もありません。

アダルト系サイトや出会い系のサイトは、
人に知られたくないことが発端となっています。

また少し恥ずかしい、かっこ悪いという気持ちから、
「これぐらいなら、払ってしまおう」と払ってしまう人もいるようです。

しかし、無視してください。

・良く理解できないものはインストールしない

ワンクリックのみで、個人情報を抜かれることはありません。

提供元が不明なアプリなどのインストールはやめましょう。

・実行ファイルは実行しない

これも分かっていると思いますが、むやみに、
気軽に実行ファイルをクリックしてはいけません。

・詐欺業者にも連絡しない

メールの返信や、電話をすると、詐欺業者(犯人)に
発信元(メールアドレスや電話番号)が分かってしまします。

ですので、絶対連絡するのはやめましょう。

もし、何か困ったことがあれば、弁護士、警察官、消費生活センターに連絡しましょう。

.ワンクリック詐欺の判例

ワンクリック詐欺については、裁判所も厳しい姿勢を示しています。

サイトに掲載された女性の写真画像をクリックした原告が、
画像閲覧サービスの会員登録の意思がないのに自動的に会員登録され
画像閲覧サービスの利用料金名目で不当な支払を請求されたとして、
被告に対し、不法行為に基づき損害賠償を請求しました。

判決では、このサイトにある前記画像をクリックしたところ、
いきなり画面を暗転させ数字や文字を羅列させた後、個人情報取得完了との表示を行い
いかにも相手方のPC内にスパイウェアを侵入させて個人情報を盗み取ったと不安感を与えたこと、
IPアドレスによってPCが特定でき、自宅や勤務先に直接請求するとともに、
延滞料も請求することがあるなどと威圧的に請求を行うものであることなどを指摘して、
原告は被告の行為により、見すごすことのできない精神的苦痛を被ったとして、
慰謝料30万円の損害賠償義務を認めています(東京地方裁判所平成18年1月30日判決)。

このように、ワンクリック詐欺のサイトの運営自体、
違法性が高いものであることが、裁判例上からも、はっきり認定されているのです。

また、ワンクリック詐欺のようなサイトは、特定商取引法14条の
「意に反して契約の申込みをさせようと」した場合にあたるケースが一般的です。

サイト運営者に対して、必要な措置を取るよう指示することができ、
指示違反は同法72条によって罰金の対象ともなります。

ですから安心して思いっきり無視してください。

4.まとめ

無視です!

しつこい時は法に訴えても良いです。

詐欺業者も無視している人にしつこくするよりも
支払ってくれる人を探したほうが儲かるので
あなたを相手にすることは少ないです。

何万人にも詐欺を行っていますので
あなただけに時間をかける意味はありません。

なのでしつこいようですが無視してください。

法的にも大丈夫ですから!

みんなが無視すれば詐欺業者はいなくなります。

 


あわせて読みたい


インターネット詐欺、サイバー犯罪の種類と対策まとめ

千円で出来る!信用情報の開示で金融機関からの信用度を見る

法律も心もサポートしてくれる!あなたに必要な弁護士の探し方

弁護士無料相談は0円でどこまで教えてくれるのか? 無料相談の仕方を伝授!

売れる商品のアイディアを具現化する「起業家の無料通信講座 サンデービジネス4」

増え続けているスマホのクリック詐欺の対策方法

ネットの被害はネット警察へ!迅速親切で検挙多数しかも無料!

被害に遭わないために知っておきたい伝統的詐欺の種類と手口

 

コメントを残す


CAPTCHA