総務省主催ネット選挙の「動画コンテスト」受賞作品まとめ

ご存知ない人も多いかと思いますが
ネット選挙の動画コンテストが
2013年に開催されていました。インターネット選挙運動啓発用の
動画を制作して応募することが
できたのです。

最優秀賞には
賞金まで出たんですよ。俳優やタレントも
審査員に加わり、インターネット選挙運動が
解禁されたことを
お役所なりに
宣伝しようとしてたんですね。

これを読めば
当時のネット選挙の
動画コンテストが、どのようなものだったのか
理解できることでしょう。

zikeidancta

1:どこが主催したのか?

公職選挙法の一部を改正する法律(インターネット選挙運動解禁)(平成25年4月26日法律第10号)の周知啓発の一環として、動画コンテストを開催します。引用元:総務省『ネット選挙運動解禁啓発動画コンテストの開催』

コンテストの主催者は
選挙を取り仕切る
総務省でした。ネット選挙についての
コンテストなので、Yahoo!JAPAN PR企画が
協力していました。

Yahoo!ニュースを
チェックしている人なら
目にすることも
あったかもしれませんが、ネットから情報を得てない人は
知らなかったのではないでしょうか?では、どのような作品を
募集していたのか
見ていくことにしましょう。

2:応募作品の条件は?

応募作品は
60秒以内の動画でした。動画作品を制作する
というと
特別な機材が必要だと
思われるかもしれませんが、スマートフォンさえあれば
撮影から編集まで
出来てしまう時代ですよね。

では、どのような動画作品を
制作すればいいのか
動画のテーマを見ていきましょう。

3:応募作品のテーマは?

応募作品のテーマは
二つありました。
• 『ネット選挙運動解禁で、日本の政治はこう変わる!』
• 『ネット選挙運動は、ルールを守って!』

このテーマから
総務省の意向を推測すると、身近で開かれた選挙を
アピールしたい、という思惑とネット選挙で
出来ることと、出来ないことを
周知徹底したい、という思惑が
あったのだと思われます。

4:募集期限はいつまで?

募集期限は
平成25年6月17日(月)正午でした。

5:コンテストの賞の種類は?

賞の種類は4種類あります。
1. 最優秀賞(総務大臣賞)
2. 総務大臣特別賞
3. 審査員特別賞
4. 審査員特別賞(技術賞)

最優秀賞(総務大臣賞)は1名で
賞金10万円と副賞が
もらえたのです。審査員特別賞は若干名で
表彰盾と副賞が
もらえました。ちなみに
当時の総務大臣は
新藤総務大臣でした。

6:どこへ応募するの?

応募先は
『ネット選挙運動特集ウェブサイト』
でした。現在はもう、募集はしてませんが
URLはまだ存在しています。審査を通過した作品も
視聴することができるので
ご覧になってみてください。

7:審査員は誰?

コンテストの審査員は
・中村伊知哉(慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究課教授)
内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会会長、文化庁文化審議会著作権分科会国際小委員会委員などを務める。
・弘兼憲史(漫画家)
1947年、山口県生まれ。1974年に漫画家デビュー。代表作である「島耕作」シリーズは、今年連載30周年を迎えた。ほか『黄昏流星群』など。
・別所哲也(俳優)
内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員、横浜市専門委員、映画倫理委員会委員などを務める。
・中川翔子(歌手・タレント)
1985年、東京都出身。2002年にミス週刊少年マガジンを受賞し芸能界デビュー。趣味はPCでのイラスト描き、読書、ゲーム、映画など。
・原野守弘(クリエイティブディレクター)
ドコモ『森の木琴』を企画・制作。TEDやカンヌ国際広告祭をはじめ受賞多数。内外主要広告賞の審査員を歴任。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

以上の5名でした。

別所哲也さんは
「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」代表
という肩書きも持っていました。メディアや映像、創造性などの
専門家が目立ちますね。

専門家ではない
タレントの中川翔子さんは
異色ですが、素人の視点も
必要だという考えでしょう。政治家や役人が
審査員に加わってなかったのは
評価できると思います。

8:コンテストの受賞作品紹介

タイトル『ネットから、未来の日本へ。』

『最優秀賞(総務大臣賞)』を受賞した
初鹿久太さんのコメントです。一人一人が日本の未来に向き合える国にしたいと思いました。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

タイトルは『父と僕の距離』

『総務大臣特別賞』を受賞した
菅原達郎さんのコメントです。「親子の選挙に対する意識の距離」そして、何より「親子関係の距離」が縮まっています。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

タイトルは
『甘納豆とネット選挙』

『審査員特別賞』を受賞したのは4名です。yccoさんのコメントです。親しみやすく伝えられる様にキャラクターを用いて表現しました。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

タイトル『ネット選挙CM~動物会議編~』

TDG映像デザイン科「チームnekoさん」さんの
コメントです。なるべく平易な言葉を使用した和み易いCM作りを目指しました。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

タイトル
『Let’s go 選挙 Revolution!!』

KTspaceさんのコメントです。イノベーションよりも革命を起こす小さな一歩かもしれませんが…。引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

タイトル
『ねっこせんきょ「ウワサのカレ編」』

HTさんのコメントです。女子猫たちによるネット選挙啓蒙アニメーション!引用元:Yahoo! JAPAN PR企画 – ネット選挙運動特集

9:まとめ

応募作品は
観ていただけたでしょうか?いずれも、完成度の高い
動画だったと思います。「多くの人がネット選挙運動に参加して権利を行使してもらいたい」
と、新藤総務大臣も話されていました。

選挙に興味がない人は
あの手この手を尽くしても
興味を持たないと思います。このようなコンテストのために
国税を投入する意味はあるのか
という疑問もあることでしょう。

国会中継を観ていても
予算委員会で取り上げる必要もない
学校法人の問題を
延々と続けたり、安全保障上
差し迫る国際情勢には
全く触れられなかったり、重要な法案は
知らぬ間に通っていたり、国民を愚弄するのも
いい加減にしろ
と、言いたいぐらいですが、だから、政治に興味を持たない
のではなく、だからこそ、権利を行使して
政治を国民の手に取り戻す
必要があるのだと思います。

あなたは
ネット選挙運動動画コンテストから
何を感じられましたか?