インターネット選挙の総務省ページだけで判断してはいけない3つの理由

インターネットでの情報が叛乱するなか、正しい情報を入手することは年々、困難になってきています。特に、公職選挙法に関することについては、政治家自身でも知らないことがあります。

正しい情報というものが必要であれば、総務省のページをみればいいということなのかもしれませんが、法律てきに問題のないことであっても、もしかしたら、問題なのではないかという理由で、選挙活動に対して消極てきになってしまうということもあります。

確かな情報を入手して各々が判断するということが求められるわけですが、では、どのようなサイトを見ればいいのかを解説していきたいと思います。

zikeidancta
pastedGraphic.png

1:ネット選挙関連で見る意味のないサイトとは

見るに値しないサイトがあるということ自体は問題なのですが、サイトそのものの評価というよりは、そのサイトの情報に求めることのほうが重要になります。

しかし、検索上位に上がってくるサイトが求めている情報と一致しないということもよくあることです。実際に筆者が調べても、上位5位くらいまでが総務省のページで埋め尽くされているのが現状です。

総務省のサイトそのものは分かりやすく書いているページもあれば、法律に関する文章PDFで書かれているページもあります。中にはとても読めたものではないものも存在します。

総務省のページに限らず、読んでみて何が書いてあるか理解できないページは無視したほうがいいということが言えます。

なぜなら、だれであれ分かりにくい文章というものは、書き手がその分野に関して明るくない、よくわかっていないで書いているということなのです。

2:総務省のサイトは何を見る

pastedGraphic_1.png

引用元:総務省+インターネット選挙

図で示してあるものというものは、たとえ字が読めない人でも理解できるものです。アメリカなどの他民族国家では、実はスペイン語のほうが公用語なのではというぐらい、よく喋られています。

日本では識字率が非常に高いということが言われています。アメリカなどの国では全く英語を話せない中国人やヒスパニックという人種が数多くいます。

彼らでも理解できるものであるということから、投票などの仕組みも図で分かるようなものになっています。よく、「猿でも分かる」ということが世の中でも求められているのですが、特に、選挙などの情報ではそうする必要があるのです。

3:信頼性の高いサイトとは

総務省のサイトが最も信頼できると考えられてはいますが、サイトそのものはあまり整理されていませんので、求めている情報にたどり着くほうが難しいといえます。

よく情報が整理され情報源が確かであればある程度信頼はできると言えます。

4:まとめ

分かりやすいということは、情報が少ないと思われがちですが、簡単に理解できるものほど優れているものなのです。

ぜひ、そのようなサイトを参考にしてみてください。