サイト売買で成功するために必要な知識と必読記事15選

「サイト売買」は今大きく注目を集めています。
インターネットの進化、スマートフォンの普及により、ユーザーの接点としてのサイトの役割が多様化してきています。

例えば、会社の名刺代わりにホームページを持っている企業もあれば、集客のツールとしてサイトを複数持っている企業もあります。

また、企業に限らず個人でホームページを持っていたり、個人が運営するブログが膨大なアクセスを集めることも稀ではありません。

しかし、全てのサイトが成功するとは限らず、また、新規でサイトを立ち上げるとなると資金や人材が必要になってくるため、サイトで利益をあげるまでには時間がかかってしまいます。

一方で、現在、すでに収益をあげていてサイトとして成功をしているものでも、売上やアクセスの維持にはコストがかかり、費用対効果が悪くサイトを閉鎖せざるを得ない企業も存在しています。

サイトが欲しい企業が存在するのはわかりますが、「サイトを手放したい」というニーズも世の中には存在しているのです。

そこで注目されているのが「サイト売買」です。

サイト売買は、ビジネスの拡大(買い手)、事業の集中(売り手)に大きく貢献できるビジネスの手法といえるのです。

ここでは、「サイト売買に可能性を感じるけど、何をやればいいかわからない」という方のために、サイト売買で成功させるためのポイントを解説した記事をまとめて紹介します。今回紹介している15記事を読んでいただければ、サイト売買の知識はある程度網羅できるようになっているので、「入門ガイド」として活用していただければと思います。

まずは、サイト売買の全体像から確認していきましょう。

zikeidancta

サイト売買の全体像

まずはじめに「サイト売買とは、どういったものなのか?」を掴んでいただきたいと思います。サイト売買ではどんなことができるのか理解できれば、ビジネスに活かす方法が見えてくるでしょう。

 

サイト売買の進め方

サイト売買の進め方は「売り手側」と「買い手側」によって流れが異なります。両者、どのような流れになっているのか確認することで相手の気持ちがわかるようになり、売買をスムーズに進めることができます。

サイトを売る

サイトを買う

 

サイトの査定方法

サイト売買で一番重要なのは「デューデリジェンス」と言っても過言ではありません。サイトを財務、法務だけではなく、ライバル、市場動向、SEOなどのビジネス的な視点からも査定して最適な価格を決めていきます。

 

サイトの価格について

基本的にはサイトデューデリジェンスを行って価格を決めていきますが、一般的な査定の基準や相場が決まっていないのが現状です。とはいえ「このくらいなんじゃないか?」という流れもできつつあります。

 

サイト売買の注意点

サイト売買市場は伸びつつある中で、サイト売買関連のトラブルも忘れてはいけません。中には騙す前提の業者も存在しているようで、注意しなければいけないこともあります。

どんなトラブルが起きているのか知っておくだけでもトラブル防止に繋がります。また、サイト売買のあらゆるリスクも確認しておきましょう。

 

知っておきたい!サイト売買の知識

これまで紹介してきた記事以外のことでも、サイト売買で成功させるために知っておきたい知識があります。サイト売買の効果を最大化させる方法や、有利に取引をするための方法を解説した記事をまとめました。