初心者向け、プロダクトローンチ用動画の3ステップ作成術

プロダクトローンチは、従来の縦長1枚のセールスレターよりも、売上を増大させることができます。なぜなら、見込み客の問題点を解決するような価値のある内容を含んだ動画を何日かに渡って見込み客に提供することで、見込み客の信頼と期待値を高めるため、その結果として、売上が増大するのです。

見込み客への情報提供の方法は、テキスト、音声、静止画、動画など様々ありますが、見込み客が一番簡単に短時間で大量の情報を得ることができる方法として、プロダクトローンチでは「動画」を主軸にして展開されます。

それでは、プロダクトローンチ用の「動画」を作成する基本3ステップを見ていきましょう。

zikeidancta

1.プロダクトローンチ用の動画ってどのようなもの?

ローンチ用動画は、大きく2種類「プロモーション用」「コンテンツ用」に分けることができます。

「プロモーション用」は、ローンチの期間に見込み客に無料で提供する動画でさらに、2種類に分かれます。見込み客の信頼を得るための、「教育用」と、見込み客の期待値を高めクロージングする「販売用」です。

「コンテンツ用」は、バックエンドとして販売する商品用の動画コンテンツです。コンテンツ用で作成した動画から、重要な部分を抽出して、プロモーション用の教育用動画を作ることができます。

ローンチに使われる動画の種類

2.プロダクトローンチ用動画の3ステップ作成術

ステップ1:動画のシナリオ作成

ローンチ全体のコンセプトを作るところから始めます。見込み客は誰か?見込み客のどんな問題をどうやって解決するのか?こういった観点から、コンセプトを作っていきます。

このコンセプトが、ローンチ全体を貫くメッセージになり、コンテンツ作成の指針にもなります。よって、コンセプトに沿ってシナリオを作っていきます。

どのくらいの動画を作らねばならないのか?疑問が出て来ると思いますので、先述した動画の種類からさらにブレークダウンしていきます。

プロモーション用動画の中にも、

  • ランディングページに載せるダイジェスト動画
  • ステップメールで配信する教育用動画(無料コンテンツ)最低3本から
  • コメントの記載を促すためのプレゼント用コンテンツ
  • セールスページに載せる販売用動画
  • 購入者へのアップセルを促す追加販売用動画

ステップメールとは、あらかじめ設定したスケジュールで配信されるメルマガのことを指します。

ランディングページとは、プロダクトローンチでは、メールアドレスを登録してもらう、登録ページになります。広告や紹介文ををクリックして現われる最初のページです。ランディングページの目的は、メールアドレスを登録してもらうことです。

セールスページとは、あなたの商品やサービスの販売をするページです。商品やサービスへの申込ボタンを押してもらうことが目的となります。

バックエンド商品として販売するためのコンテンツ用動画は、ローンチ開始の段階で、6割くらいの完成度を目指します。

ここは、ローンチの一つの大事なポイントです。見込み客とのコミュニケーション(教育)の期間に、見込み客の声をヒアリングしていき、それをコンテンツ(バックエンド商品)へ反映させ、コンテンツの内容を改善していきます。このことにより、最初に立てたコンセプトと見込み客の望むこととのずれを修正していきます。往々にして、このずれは多かれ少なかれ発生してきます。このずれの修正によりローンチの売上が変わってくるのです。

どうやってヒアリングするのかというと、教育用動画を載せるページに、動画を見た感想や、要望、困っていることなどのコメントを残してもらいます。この時、コメントを書き込んでくれたら、追加でプレゼントを渡すことで、見込み客がコメントを残すモチベーションを高めます。

シナリオの構成は、作成する動画の種類や目的によって異なります。教育用動画では、見込み客の問題を解決する方法の大事なポイントをメインに作成します。販売用動画では、購入を迷っている見込み客の背中を押してあげるような内容をメインに作成します。

実績やお客様の声(あなたの商品やサービスを使うことで、こんな風な成果が出た!こんな風に変わった!など)や推薦者の声(権威のある誰々もおすすめしています)、保証(返金保証や手厚いサポート等)などです。

シナリオ構成が決まったら、台本を作ります。台本は、セールスライティングや、コピーライティングの手法を参考にして作成します。これらのライティングテクニックでは、ローンチを通して必要な要素で構成されています。明確なコンセプト、強力なオファー、実績と証拠(お客様の声など)推薦者の声、保障、などになります。

ステップ2:動画の撮影

まず、動画にどのクオリティを求めるかを決めましょう。一般的には、クオリティの高い動画ほど、見込み客の信頼感は増します。

高いクオリティの動画を撮影するためには、撮影スタジオを押さえ、撮影に必要な機材をそろえる必要があります。撮影に必要な機材は、ビデオカメラ、三脚、音声をしっかり拾うためのマイク、光の調整をするための照明や反射板などが必要です。機材をそろえるだけでも、15万円以上かかってしまいますので、動画の撮影及び編集はプロに任せるのが良いですね。撮影と編集の両方で相場は、20万円~30万円です。

低いクオリティでもよい動画を撮影するには、ご自宅のパソコンのカメラに向かって話すだけでも撮影できます。撮影予算が出せない場合などに良いですね。パソコンに標準インストールされている動画編集ソフトに動画撮影機能もついています。Windowsなら、「Windowsムービーメーカー」MacOSの場合は、「iMovie」でしたら、無料で使うことができます。

ステップ3:動画の編集

動画を撮影し、音声を録音したら、動画を編集します。先述した、「Windowsムービーメーカー」や「iMovie」であれば無料で編集ができます。また、動画の編集は、ソフトの操作方法を知る必要があるため、自分でできない人ややる時間がない人はプロに依頼するのが良いですね。また、テンプレートに動画や画像をはめ込んで作っていくクラウドサービスもあります。

動画で話している内容をテキストに落としたものを、テロップとして表示するなど、編集用の材料として使うことができます。また、このテキストは、ランディングページや、セールスページなどのプロモーション用ページに使用したり、コンテンツのドキュメントとして使用したりすることができます。

音声についても、高クオリティを求める場合、ノイズを除去したり、音量を調節したりなどの編集が必要です。動画の音声の聞きやすさというのは、動画のクオリティを高める上でとても大事です。

ランディングページやセールスページに載せるダイジェスト動画の作成も編集作業として必要です。

まとめ

ローンチ用動画の3ステップ作成術について、説明しました。動画のシナリオ作りでは、コンセプトと目的に沿ったシナリオを作ること。また、そのシナリオは、ローンチの最中に見込み客のコメントを取り入れながら改良していくこと。

動画の撮影では、目指すクオリティによって、方法が選択できること。動画の編集では、を経て、作成していきます。プロダクトローンチにおいて、「動画」はプロモーションとコンテンツの両方に置いて、コンテンツの主役を務めます。