プロダクトローンチが意味するものとは?

最近よく聞くようになってきた「プロダクトローンチ」という言葉。

プロダクトローンチは略して、ローンチと呼ばれることが多いですが、「ローンチを仕掛けて1億稼いだ」「ローンチで1万リストを手に入れた」などと聞いたことはないでしょうか?

その時「プロダクトローンチってどういう意味?」と思いませんでしたか?ここでは、プロダクトローンチが意味するところの基本的なことをお伝えします。

zikeidancta

1. ダイレクトレスポンスマーケティングとしてのプロダクトローンチ

プロダクトローンチは、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)におけるひとつの手法のことを言います。ダイレクトレスポンスマーケティングとは、マスマーケティングの反対のマーケティング手法です。

マスマーケティングはテレビのコマーシャルなどのように、不特定多数の大勢の人たちにアプローチする方法です。大手企業のように投資費用がないと中小企業にはなかなか手が出せません。

反対に、ダイレクトレスポンスマーケティングは、広告などを出して、それに対して反応してくれた人たちに対して商品の販売を行っていく方法です。

小規模で始められますので、中小企業や個人事業主に向いています。

広告やインターネットで検索したページから、メルマガ登録、無料レポート、無料サンプル、資料請求などによってメールアドレスを取得し、そのメールアドレスに向けて、メールなどでコンタクトをとって販売していく流れです。

プロダクトローンチはダイレクトレスポンスマーケティングのやり方が元となっています。

2. プロダクトローンチが意味するものとは?

プロダクトローンチは、語源からいえば、プロダクトは「製品」です。

ローンチとは、英語の launch(売り出す)から来ています。

『製品を売り出すこと』がプロダクトローンチの意味するところとなります。

プロダクトローンチの手法を用いると、短期間にたくさんの人を集め、効率よくクロージングでき、たくさんの売り上げを得ることができます。そのため、ここ数年、日本でも多くのマーケッターや情報起業家たちが用いるようになってきました。

つまり、製品を売り出すための効率の良いマーケティング手法がプロダクトローンチということになります。

3.  プロダクトローンチはどこから来たのか?

プロダクトローンチは、アメリカのジェフ・ウォーカーという人が開発したマーケティング手法です。彼は今ではアメリカのトップ.マーケッターの一人ですが、以前、専業主夫をしていました。その時に始めた株式トレードに関する情報発信がきっかけで、プロダクトローンチが生まれました。

最初は、自分と奥さん含めたたった19人への情報発信でしたが、少しずつ人数が増えていき、有料販売をしたところ、16万円ほどの収益を得ることができました。

このプロダクトローンチの手法を繰り返していくことで、少しずつリストと収入を増やしていき、今では何億と稼ぐプロダクトローンチの第一人者となりました。

興味を持っている人に無料で価値を提供してたくさんの情報を伝えていき、「もっと知りたい、聞きたい、教えて欲しい」となった時に、「有料の商品がありますよ」と販売していくこの方法は、「プロダクトローンチ・フォーミュラ」として体系化されたプログラムとして発売されたことにより、名が知られるようになりました。

4. プロダクトローンチで何ができるのか? 短期間で結果を出すその秘密

プロダクトローンチの特徴は、短期間で売り上げを大きく上げ、リスト(見込み客のメールアドレス)をたくさん得ることができるというところにあります。

ランディングページを作り、広告を出し、メールアドレスを取得し、そのメールアドレスに向けて、教育をしていき、商品販売をして、アフターフォローをして、次の商品販売につなげていくことができます。

この方法がわかってしまえば、繰り返しこれをすることにより、同じリストに次々に商品を得ることができたり、新しいリスト取得につながったり、どんどんと売り上げを上げていくことができます。

そのため、インターネットを使って集客をしている人たちが、どんどんとプロダクトローンチを自分たちのマーケティングに取り入れるようになっています。

5. プロダクトローンチをする意味はどこにあるのでしょうか?

プロダクトローンチは、数人に向けて小規模ですることもできますし、何千人の人に向けて大規模なプロモーションをしていくこともできます。

自分の商品に興味を持ってくれた人達に向けて情報発信をして教育していきますので、ターゲットを絞ることができ、成約がしやすくなります。リスト取得からクロージングまでの流れはセールスレターと似ていて、クロージングに向かって話が進んでいきます。

プロダクトローンチは期間限定です。

「今、申し込まなければチャンスを逃します!」と見込み客の背中を押し、その時のみの特典などもたくさんつけると成約につながりやすくなります。

無料サンプルなどを配っても、その後のフォローをしなければ、なかなか買ってもらえませんが、プロダクトローンチは、相手が購入に至るよう戦略的に仕込んでいきます。

購入に至るまでに、その商品が欲しくなるように段階を経て、心理誘導しながら教育をしていきます。売り込まれた感がなく、自分で購入を決意したと思ってもらいやすいです。

プロダクトローンチをする意味は、新規リストを集めたい場合もあれば、売り上げを上げたい時もあるでしょう。既存のリストに向けて、動かない客を行動させるために行うこともできます。

6. プロダクトローンチはどういう人に向いていますか?

「プロダクト」(製品)という言葉が入っている通り、「製品」が必要となります。製品とはいえ、物販でなくてもいいです。

プロダクトローンチは、情報起業家の間で多く使われているマーケティング手法です。

彼らが最終的に売るのは、高額講座や教材などの情報コンテンツです。プロダクトローンチをするからには、最終的に、見込み客をどこに導きたいのか? そこをはっきりさせておきましょう。それはそのプロダクトローンチの「コンセプト」になります。

『これに悩んでいる人たちに、こういう商品を届けて、こういう未来を提供する』というコンセプトが、そのプロダクトローンチの成功を握っていると言っても過言ではありません。

なので、その商品コンセプトがしっかりとしている人がプロダクトローンチをすべきです。

反対に、そこがはっきりしないままプロダクトローンチを始めても、そもそも最初のメールアドレス取得の時点で反応率が悪くなりますから、改善しなければならなくなります。必要な人に必要な情報を与えていくことで、プロダクトローンチはうまくいきます。

それさえ押さえておけば、どんな業界やどんな商品に対してでもプロダクトローンチをすることは可能になるでしょう。

7. プロダクトローンチって詐欺ではないのですか?

プロダクトローンチで高額講座や教材に申し込んだけど、全然うまくいかなくて、フォローもないし、返金もできず、泣き寝入りだ、、、ということもあるようです。

特に、楽して儲かる系や即金ビジネスの煽り系コンテンツに見られます。もちろんそれをしているのは一部の人であり、大半が良心的にプロダクトローンチをしています。

プロダクトローンチは、何回もメールが来たり、動画リンクが送られてきますので、それを見て自分で判断をしてください。怪しいと思ったらそれ以上踏み込まなければ問題ありません。

メールアドレス取得のため、必要以上に煽ったり、欲望を刺激したりするサイトやメールもあります。詐欺をする人は人間の心理に長けていて、巧妙に仕掛けてきますからそこは気をつけてください。

そのような人たちのおかげで、プロダクトローンチや情報商材は詐欺だという悪評判もありますが、プロダクトローンチ自体はまったく詐欺とは関係なく、一つのたいへん効率の良いマーケティング手法です。

プロダクトローンチで売られている良質のプログラムはたくさんあります。

メールを読んだり、動画を見たり、できれば、セミナー&説明会にも参加して、実際に会ってみれば、信用できるかできないかはわかります。

詐欺怖さにプロダクトローンチをしているものは一切受け付けないのは、あまりに警戒しすぎていると言えるでしょう。セミナー&説明会に行っても押し売りされるわけではありませんし、申し込まずに帰る人も多いです。あまり怖がらずに、疑いすぎずに接することをお勧めします。

8. まとめ

プロダクトローンチは製品を売り出すマーケティグ手法で、ダイレクトレスポンスマーケティングという方法の一つで、製品に興味を持ってくれた人たちに向けて購入を促すプロセスです。

広告 → メールアドレス登録 → 教育 → 販売 → 購入 → アフターフォロー(→ 教育 → 販売)

という流れになります。

短期間に多くの人を集め、たくさんの売り上げを上げることができる画期的な方法として、多くの情報起業家やコンテンツホルダーに人気の高いものとなっています。

1回きりのプロダクトローンチもありますが、取得したリストに何度もローンチをできるようになれば、とても安定したビジネスができるようになります。