経済的に困っている人必見! 法テラスの無料法律相談

 

 

経済的な問題を抱えていると、弁護士費用はもちろんのこと、法律相談さえ受けることができません。

そこで、法テラス(日本司法支援センター)では、経済的に困っている人を対象にした無料法律相談を行っています。

法テラスが提示するある一定の基準をクリアすれば、1回30分の相談が無料になり、同じ相談で3回まで無料で相談することができます。

 

 

目 次

  1. 法テラスとは
  2. 法テラスの仕事
  3. 法テラスの無料法律相談とは?
  4. 無料相談を受けることができる基準とは?
  5. 弁護士・司法書士の費用の立て替え制度

 

zikeidancta

 

1.法テラスとは?

法テラスとは、法務省管轄の法人です。

正式名称は日本司法支援センターといい、国民がどこでも法的なトラブルを解決するために必要な情報やサービスの提供を受けられるようにしようという理念のもと、平成18年に作られました。

全国の都道府県庁所在地と函館市、旭川市、釧路市の計50かに地方事務所と地方事務所の支部を計11か所、出張所を計11か所、地方事務所支部出張所を1か所、地方事務所を計35か所設置しています。

 

2.法テラスの仕事

そもそも、法テラスはどんな仕事をしているのでしょうか?

法テラスの業務内容は6つに分類されています。

 

  • 情報提供業務

情報提供業務とは、法テラスの利用者からの問い合わせに応じて、法制度に関する情報と相談機関や団体に関する情報を無料で提供する業務です。

法的トラブルにあったけれど、どこに相談していいか?誰に相談していいか?わからない人に対して、情報や相談機関(弁護士などや団体)などを無料で紹介します。

 

  • 民事法律扶助業務

利用者に経済的余裕がない場合、無料相談を行ったり、弁護士費用を立て替えたりする業務。

 

  • 司法過疎対策業務

過疎化が進み、相談する弁護士がいない地域に対して、「地域事務所」の設置を行う業務。

 

  • 犯罪被害者支援業務

犯罪被害者支援を行っている機関・団体との連携のもと、各地の相談窓口の情報を収集し、その方が必要とされている支援を行っている窓口をご案内します。

 

  • 国選弁護等関連業務

裁判所の依頼に応じて、法テラスのとの間で国選弁護人の事務を行います。

国選弁護人の候補を指名し、裁判所に通知し、選任された弁護士にその事務を取り扱わせています。

 

  • 受託業務

日本弁護士連合会と中国残留孤児援護基金からの受託業務

 

3.法テラスの無料法律相談

法テラスの業務は6つですが、無料相談は、上に書かれた民事法律扶助業務の一つです。

 

法テラスの無料法律相談は、経済的に困っている人が対象です。法テラスが提示する【ある一定の基準】をクリアした者だけが無料で相談を受けることができます。

相談する相手は、法テラスと契約している弁護士もしくは司法書士。

1回の相談時間は30分まで、同じ相談につき3回まで相談することができます。

 

無料相談の流れ

(1)電話か法テラス窓口で受け付けを行います。

(2)無料で法律相談ができるかどうかの審査をしてから予約をとります。(口頭で審査があります)

(3)持ってくるように指示のあったものを持参し、援助申込書を記入します。

 

4. 無料相談を受けることができる基準とは?

3の法テラスの無料法律相談で書いた法テラスが提示しているある一定の基準とはどんなものなのでしょうか?

下記に書かれた条件のすべてをクリアした人は、無料法律相談を受けることができます。

 

・資力が一定額以下であること。

・月収が一定額以下であること。
単身者の場合   182,000円以下(200,200円以下)

2人家族の場合  251,000円以下 (276,100円以下)

3人家族の場合  272,000円以下 (299,200円以下)

4人家族の場合  299,000円以下 (328,900円以下)

(  )は、東京、大阪の大都市の場合

 

医療費、教育費など出費がある場合は考慮されます。

家賃や住宅ローンを払っている場合も考慮されます。

 

・保有資産が一定額以下であること。

  単身者の場合   180万円以下

  2人家族の場合  250万円以下

  3人家族の場合  270万円以下

  4人家族の場合  300万円以下

 

・民事法律扶助の趣旨に適すること

報復的感情を満たすだけや、宣伝のため、権利濫用的な訴訟のためという相談は認められません。

 

5.弁護士・司法書士の費用の立て替え

法テラスの無料相談をしたもので、勝訴の見込みはないとはいえないこと というさらなる条件を満たせば、弁護士や司法書士の費用を法テラスが立て替えてくれます。

(利用者は分割で支払うことができます)

 

法テラスは国民の味方です。

該当する方は、利用しない手はないでしょう。

 


あわせて読みたい


誹謗中傷、名誉毀損を警察へ相談する方法

個人信用情報機関に関する知っておくべき10のまとめ

これはパワハラ!慰謝料請求できる判例集

自分でもできる!?裁判までの流れの簡潔まとめ

5分で解る!ネット初心者のための悪質サイト被害の注意点と対処法

消費生活相談員が消費者を救う!2016年度からは国家資格へ

【必読】もう騙されない!「国民生活センター」活用術

現代の2大クレジットカードトラブルの種類と対処法・相談窓口まとめ

 

コメントを残す


CAPTCHA