意外と簡単!?ECサイトを開設する手順と必要な届け出

「ECサイトを開設するのって難しそう…」

いえ、簡単です。ECサイトを開設するハードルはどんどん下がっており、初期費用もほとんどかからなくなってきました。EC事業を始めるのは難しいことではありません。

ECサイトは大別すると2種類となり、モール型ECサイトと自社ECサイトがあります。前者はアマゾンや楽天市場のようなプラットホームに載せる形態で、後者はオリジナル店舗をネット上に作るイメージです。それぞれ開設手順こそ異なりますが、手順はシンプルです。必要な届け出や法律とともに、ここで確認してみましょう。

zikeidancta

1.ECサイトの開設は簡単なのか?

1−1.ECサイトとは

ECはElectronic Commerceの略で、ECサイトとは商品サービスの提供および売買を行うウェブサイトの総称です。世間ではECサイトやネットショップと言われており、インターネットを介して何かしらの商材を販売するサイトはすべてECサイトに該当します。ECサイト内の取引は電子商取引とされ、特定商取引法を始めとする様々な法律を遵守して行われます。

身近にあるECサイトの中でもamazon、楽天、Yahoo!などのオンラインショッピングサイトなどが有名です。

1−2.開設は簡単かつリーズナブル

ECサイトの開設は簡単です。サイトの構造やデザインをこだわりたい場合は別ですが、多くの場合は少しの手順に沿るだけで出来上がります。お金もほとんどかかりません。場合によっては全くかけずに開設することができます。すでにデザインが出来上がっているECサイトを利用すれば、会員登録やサイト名、商品登録をするだけで開設することも可能です。

さらに、サイト売買サービスで売りに出されているECサイトを買うという選択肢もあります。ECサイトを購入する資金さえあれば、いきなり運営からスタートすることもできます。ECサイトを始めるのは、案外ハードルが低いのです。

2.ECサイトの開設方法

ECサイトには主に2種類あります。店舗が混在する巨大モール型ECサイトと、自分たちで全てを作る自社サイトです。どちらも一長一短ですので、自社の戦略にあう方を選びましょう。それぞれ大まかに3STEPで出来てしまいます。

2−1.モール型ECサイトの開設方法

モール型ECサイトの特徴は、顧客がモールを介して他の店舗サイトからも流入することがある点です。それに伴いモール内での購買手順は統一されており、会員情報も共有できるよう管理されているため、顧客はどこで商品を購入しても同じ手順のみで済みます。

ただし、サイトのデザインは自由度が低いです。ある程度のフォーマットに従うことは覚悟しましょう。違う視点で見ると、デザインに凝る必要がないので新規開設の場合は気が楽になると言えます。

モール型STEP①:会員登録をする

モールの運営元に会員登録します。モールごとに登録する内容は少し違いますが、運営者名や店、経費を支払うクレジットカードの情報、入金を受け取る銀行口座などを入力します。必要事項を入力して会員登録は終了です。多くのモール型ECサイトには新規開設者へのチュートリアルが用意してあり、特に悩む必要はありません。

モール型STEP②:サイト名やデザインを決める

次にサイト名やデザインを決定します。サイト名はわかりやすく、商品との関連性をもたせるといいでしょう。また、すでに似ているサイト名がないか必ず確認してください。なぜなら、万が一サイト名がかぶってしまった場合、最悪のケースとして訴訟問題に発展することもあるからです。

モール型STEP③:商品を登録する

最後に商品を登録していきます。出品の仕方がわからない場合でも、必ずモール側が用意したマニュアルがあるので安心してください。順番通りに行うだけですので難しいことは何もありません。

これで、モール型ECサイトでの開設が完了しました。モール型のブランド力を利用して商品を世に広めましょう。

2−2.自社ECサイトの開設方法

自社ECサイトはイチからサイトを作っていくことになります。自由なサイトのデザインから独自性を発揮するには向いていますが、集客力が機能するまで時間がかかるのが特徴です。しかし、そのマイナス面を補って余りある魅力があるのが自社ECサイトです。初期費用は少なく、一度集客力が機能すれば広告料を払わなくとも、毎月毎週毎日、自動で集客できるようになります。

モール型にはない魅力として、周囲に認知されやすいというのも特徴に挙げられます。独自性のあるサイトはSNSと連動することで「バズる」対象になりやすく、チェーン店より個人店を好む現代の国民性にもマッチしています。また、モール型のように運営元の規則改変に影響されることもないため、ECサイト運営の安定感は群を抜いています。

自社開設STEP①:自社ECサイトのシステムを選ぶ

自社ECサイトの開設に使うシステムを選びましょう。最初はオープンソース型の「ワードプレス」や「EC-CUBE」、インスタント型の「Stores.jp」や「BASE」を選ぶといいでしょう。専門知識・スキルが必要なASP型とフルスクラッチ型、高額な資金が必要なパッケージ型はハードルが上がります。

自社開設STEP②:サイトを構築する

サイト構造や名前、デザインをしてECサイトを用意します。システムに準備されているデザインを基準に、好みにカスタマイズしましょう。決済方法で顧客の購買意欲に影響が出ることもあるため、可能な限り決済方法を増やす工夫をするのをお勧めします。

自社開設STEP③:商品を登録する

商品の登録、出品の仕方もシステムによって変わってきます。商品の見せ方も自由です。一覧表示したり、商品ごとに専用ページを用意したり、目玉商品だけ専用の販売ページにしたりもできます。顧客に合わせた柔軟な運営方法を選べるのが自社ECサイトの特徴でもあります。

これで、自社ECサイトでの開設が完了しました。集客力を磨き、自由なEC事業を展開しましょう。

3.ECサイトの開設にあたって必要な届け出とは?

3−1.個人事業の開廃業等届出書の提出

ECサイトからの年間利益が20万円以上あると、確定申告の義務が発生します。会社でEC事業に参入するなら問題ありませんが、個人でECサイトを開設する場合は税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を提出して個人事業主になる必要があります。開業後1ヶ月以内に提出しましょう。

また、ECサイト専用の口座を開設するときにも「個人事業の開廃業等届出書」が必要になります。ECサイト開設前に申請するのもいいでしょう。

税務署での「個人事業の開廃業等届出書」の申請は、驚くほどあっさりしています。いくつかの身分証明書(個人番号カードがあれば1つですむ)と印鑑さえ持参すれば、手数料もかかりません。署員の説明のとおりに記入するだけです。混んでいなければ、30分以内に終了するでしょう。

3−2.販売する商品の届け出

商品を販売する際に、商品の種類ごとに必要な届け出が存在します。

[aside type=”normal”]届け出が必要な例

食品・・・「食品衛生責任者の免許」「食品衛生法に基づく営業許可」

酒類・・・「一般酒類小売業の免許」「通信販売酒類小売業免許」

中古品・・・「古物商許可証」

ペット・・・「第一種動物取扱業」

輸入品・・・商品ごとに許可が必要になる場合がある

医薬品・・・「薬局開設許可」「医療品販売許可」「特定販売届出」

化粧品・・・製造して販売する場合は「化粧品製造販売許可」

医薬部外品・・・「医薬部外品製造販売許可」

[/aside]

上記以外にも、ECサイトで商品を販売する際に必要な届け出があるため、取扱商品についての法律を調べ尽くすようにしましょう。

4.「特定商取引法に基づく表示」について

特定商取引法はECサイトのような通信販売全てに適用される法律です。何らかの情報媒体を介した販売は顧客が実際に手にとって商品を選ぶことができません。そのため、商品のことを想像して購入することになります。想像の幅は人それぞれなため、イメージの差異からトラブルになることも少なくないのです。

[aside type=”warning”]ECサイトを開設する際には、どこかに必ず「特定商取引法に基づく表示」ページを設置することになります。詳しくは「特定商取引法ガイド」を参照しましょう。商売において法律・コンプライアンスを遵守することは絶対です。[/aside]

5.まとめ

ECサイトは簡単に開設することができます。モール型ECサイトでも、自社ECサイトでも、大きく分けて3つのSTEPに集約されます。

最初は、より簡単な仕組みを選んでいくことをお勧めします。いきなり手間がかかるシステムを利用して面倒だと感じるのは、作業に対する心理的なブレーキになりかねません。簡単に作ったECサイトでテストを繰り返し、改善を繰り返すのです。ECサイトの開設は簡単なので、気軽に始めて様子を見るのがEC事業のセオリーだと言えるでしょう。