ECサイトを持つメリット・デメリットとは?

ECサイトのメリットは多大ですが、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。ECサイトの種類を良し悪しから捉えておくことで、より良い販売に繋がります。

また、顧客側の視点を持つことにより、買い手の心情を知ることができます。販売者になる以上、この心理を知っておく必要があります。なぜなら商品が良いだけで勝手に売れる時代ではないからです。

ECサイトはうまく運営すれば手堅い利益をもたらしてくれる資産となります。運営側と顧客側のメリットおよびデメリットをしっかりと見つめて、ビジネスに活かしましょう。

zikeidancta

1.モール型ECサイトのメリット

1−1.強力な集客力

モール型ECサイトの最大のメリットは、強力な集客力です。アマゾンや楽天市場など、モール自体にブランド力があることから、自社ページが検索で上位表示される可能性が高いです。

また、モールはアフェリエイト機能が付いているものがあるためブログから顧客が来ることもあります。さらにモール内の別店舗の顧客がやってくる場合もあるので、新規顧客の獲得も期待できます。

1−2.出店が簡単にできる

モール側の設定した手順に沿うだけでECサイトは開設できます。ホームページやシステム、ITなどに詳しくなくても簡単に出店ができるのです。

1−3.豊富な決済方法

モール型のECサイトには豊富な決済方法があります。クレジットカード決済や代引き、銀行振り込みなど支払い方法は多彩のため、代金が確実に受け取れます。

1−4.ポイントの付与・使用ができる

顧客に対してモール指定のポイントを付与できます。また、顧客は付与してもらったポイントを使用することで金額の端数を任意でそろえることができるため、購買を促進できるのです。なかにはポイント狙いの顧客もいるので、顧客単価の向上にもつながります。

1−5.顧客側に圧倒的な安心感を与える

アマゾンや楽天市場などの有名なモールに出店することによって、自社ECサイトよりも圧倒的な安心感が生まれ、購買行動のハードルが大きく下がります。

2.モール型ECサイトのデメリット

2−1.モール使用料金がかかる

モールによって初期費用、固定費用、従量課金、決済手数料、ロイヤリティなど経費がかかります。あらかじめ諸経費を計算にいれて運営しなければなりません。

2−2.競合が多い

同じ商品やサービスを販売しているECサイトが多く、価格競争に巻き込まれて思ったように利益が出せない場合があります。どのモールや商品を選んで、どうやって自社ページに誘導するかという戦略が必要になるでしょう。

2−3.顧客情報はモール側の所有になる

顧客情報はモール側に所有権(管理義務含む)があるため、集めた顧客のリストを活用することができない可能性があります。自社ビジネスの仕組みに合わせて、顧客情報の活かし方を考えなければなりません。

2−4.独自性のあるデザインできない

デザインに制約があり、独自性を出したサイトにすることが難しいです。あくまでモール型は販売ブースをレンタルしているものだと認識しましょう。

3.自社ECサイトのメリット

3−1.出店コストを抑えられる

自社で開設したECサイトはモールの使用料金がかからないので、その分、利益が大きくなります。

3−2.自由な営業戦略を組める

モール型ECサイトでは顧客リストの使用に制限があったり使用できなかったりします。しかし、自社ECサイトは顧客のリストを使用して自由に営業戦略を組むことができ、リピーターの獲得も大きく期待できます。

「利益の最大化を目指すなら、自社でECサイトを運営すべき」という論調があるのはこのためです。

3−3.デザインが自由

自社ブランドや商品、サービスに合わせた自由なデザイン・カスタマイズが可能になり、独自性を出すことができます。

3−4.自社ドメインの評価が上がる

リピーターによって商品検索から直接来店する顧客が増えることで、サーチエンジンの評価が上がり、メディアとして認められて情報をよりたくさんの人に届けることができます。

また、新規顧客がたまたま検索した場合でも、サイトが上位表示されていれば思わぬ来店も期待できます。

4.自社ECサイトのデメリット

4−1.集客が大変である

ECサイトを立ち上げただけではサイトにブランド力がないため、集客が難しいです。サイトの立ち上げ直後は広告費用をかけるのが一般的な流れになっています。

4−2.サイト作成や運用に手間がかかる

自社でサイトを1から作成しないといけないので、時間と資金が必要になってくる場合があります。また運用ノウハウがないうちは、運用にかかる手間や費用も計算しづらいでしょう。人によっては、これが参入障壁となることも多いです。

4−3.SEO対策が必須

立ち上げたサイトを検索して見てもらうには、SEO対策をしてサイトや商品を知ってもらう機会を作らなければなりません。SEOは効果が現れるまで半年~1年は最低でも見込む必要があるため、自社ECサイトを運営する場合は計画性も大切になります。

5.購入者のメリット

5−1.実店舗に行かず購入できる

わざわざ実店舗に行かなくても購入が可能なので、家にいるだけで買い物が完結できます。顧客の肉体的および精神的負担を軽くすることができます。

5−2.好きな時間に商品を購入できる

会社勤めのサラリーマンにとって、就業後に買い物できる実店舗は限られます。しかし、ECサイトは基本的に24時間オープン。いつでも好きなタイミングで購入することができるのはECサイトの大きなメリットです。

5−3.価格比較が容易

ネットで検索をすれば他のお店との価格比較が容易にできます。比較をすることによってより価格が安い店舗で購入することもできるでしょう。

5−4.リピーターは購入が簡単になる

同じECサイトで商品を購入する場合、顧客情報は最初に登録してあるため決済が簡単にできます。

顧客のなかには情報を入力している最中に購入を思いとどまるケースもあります。そのため個人情報を入力する手間が省けるというのは、販売側にも購入側にも大きなメリットとなるのです。

6.購入者のデメリット

6−1.販売者の顔を見て購入できない

顧客は販売者の顔がわかっていると安心して商品を買うことができます。しかし、ECサイトで購入するときは販売者の顔を見ることができません。

モール型ECサイトはブランド力によって顧客が安心しますが、すぐに信頼の獲得ができない自社ECサイトは一工夫する必要があります。

6−2.配送料が店舗によって異なる

ECサイトによって契約している配送業者がそれぞれ違います。たとえ価格が安い店舗であっても、配送料が高いために結局他の店舗より高くついてしまうケースもあります。

顧客は必ず配送料を気にします。ECサイトに記載する配送料は、可能な限りわかりやすく見せましょう。

6−3.悪質なECサイトの存在

ECサイトをめぐる苦情は消費生活センターに毎日のように届いています。

例えば、

  • 支払いをしたのに商品が届かない
  • サイトで見たものよりひどい品質だった
  • 配送料が異常に高い
  • 返品対応できると聞いていたのに受け付けてもらえない

といった、サイトを見ただけではわからなかったものが原因の大半です。

残念な話ですが、上記を意図的に行うサイトも存在するため、顧客は騙されてしまう被害に遭わないよう常に心配しています。販売者には購入者が安心して商品を購入してもらえるような配慮が必要でです。

7.まとめ

どのタイプのECサイトにも共通しているのは「いつでもどこからでも商品を購入してもらえる」という点と「ECサイトを設置したらある程度は自動的に集客できる」という点です。実店舗を構えるよりもはるかに安価な初期投資でスタートできる点も魅力でしょう。ECサイトのメリットは販売者側に限ったことではなく、購入者側にもあります。

もちろんデメリットも存在しますが、対応できるものばかりです。どこまで対応してどこまで受け入れて運営するのか、経営者としての判断が重要になります。ECサイトのメリットとデメリットを分析して、参入するか考えていきましょう。