サイト売買情報|ECサイトの購買フローの全体像

ECサイトの購買フローは難しいものではありません。購入前、購入時、購入後といった流れの中に、ほんの少しだけ見極めるコツがあるだけです。

購入する際のよくある不安として、下記が挙げられます。

  • 何から始めていいかわからない…
  • どんなことをしたらいいかわからない…
  • どういうところに注意して購買していけばいいかわからない…
  • 購買した後に何をすればいいのかわからない…

ECサイト購入時の購買フローを把握しておくことで不安を取り除き、リスクを最小限にできます。

zikeidancta

1.ECサイト購買フロー①:目標を定める

1−1.ECサイトの種類とジャンルを決める

ECサイトと言ってもたくさんの種類があります。

  • メーカー型ECサイト
  • モール型ECサイト
  • 小売り型ECサイト
  • ドロップシッピング型ECサイト

また、ここからファッションや車などジャンルが細かく分かれています。

ジャンルによって適したECサイトの種類も変わってきますし、運営戦略によっても変わってきます。自社の方針を加味して決めましょう。

1−2.購買に値するECサイトの条件を決める

購買する条件は買い手によって様々です。自社のノウハウで補えるものがあれば問題ないですが、そうでない場合は最初から購買時の条件として満たされている必要があります。代表的な条件を挙げていきます。

・SEOの最適化はされているか

人々が見る検索ページは一般的に1ページ目までと言われており、それ以降に表示されていたら顧客の目に留まることもめったにないでしょう。

自社でSEO対策を最初からしないのであれば、すでにある程度はSEO対策をしてあるサイトを選ぶ必要があります。

・取引先との関係は良好か

商品やサービスの取引先との関係性や付き合いの長さ、友好関係を持てているまたは保てているのかは大切なポイントです。

自分たちの商品を新たに販売するだけならいいのですが、すでに販売している商品やサービスを継続するなら必ず押さえるポイントです。

・財務状況は黒字か赤字か

黒字のECサイトを狙うのか、赤字のECサイトを狙うのかは運営戦略上とても重要です。

売り上げや利益額、人件費やサイト運営費などの経費といった、キャッシュフローはどうなっているのか把握したうえで判断しましょう。

・顧客との取引はどうか

顧客との取引数やリピート率はどうか、返品数や顧客からの問い合わせはいくつあるのかなど、条件は様々です。

これから既存顧客とどうしていきたいかまで踏まえて、購入の際は自分なりの条件を決めることをお勧めします。

1−3.購入を検討する

いくつかの段階を踏んで、ここで初めて購入を検討します。デューデリジェンスレポートを活用し、そのサイトは安全・安心できるか、虚偽の報告がないかなどチェックします。

多くのデューデリジェンスレポートの作成は財務や法務に関するものだけですが、正直これでは不十分です。

  • ライバル調査
  • 市場動向調査
  • SEO
  • プログラム
  • サーバー
  • ライティングレベル
  • マーケティングレベル
  • リストの質
  • 今後の運営課題
  • snsマーケティング

このように、調査は全方位で行う必要があります。

ECサイトの本当の価値は売り上げではなく将来性です。購入前にここを見極められるかどうかが鍵となります。

2.ECサイト購買フロー②:実際の購買フロー

ECサイトを購入するときの一般的な購買フローについて説明します。

2−1.ブローカーサイトへの会員登録

サイト売買のブローカーが運営している掲載サイトへ会員登録をします。サイトによって登録の手順は変わりますが、会員登録はいたって簡単です。まだ購入を決めていない場合でも、情報収集になります。

2−2.購買案件に問い合わせをする

先に交渉をしている企業または個人がいるかもしれないため、売り手に問い合わせをして確認を取ります。

2−3.交渉を開始する

購売条件に合ったECサイトが交渉可能であれば、すぐに交渉を申し込みます。

サイト売買はウェブサイトブローカーが買い手に代わり交渉します。ブローカーは専門家ですので安心して交渉を任せることができますが、デューデリジェンスレポートが雑だったり、連絡がスムーズに取れなかったりすれば違うブローカーを探しましょう。

2−4.契約を締結する

条件がまとまり、双方の合意が得られたら契約を締結します。

3.ECサイト購買フロー③:購入後の流れ

購買が終了した後もフローは存在します。売り手側とのやり取りはとても重要なので、連絡は頻繁に取り合いましょう。

3−1.納期について

売り手側がサイトを納入する時期を守らなければ事業をスタートすることができません。納期を売り手側と共に確認し、確実に納期できるのかを連絡を取り合う必要があります。

3−2.引き継ぎについて

ECサイトのシステムやサーバ情報、商品などの引き継ぎを行います。
また、引き継ぐ内容は多くなりやすいため、計画通りに進むよう売り手側と話を詰めておきましょう。

4.ECサイト購買フロー⓪【自身に問いかける】

購買フローの全体像がわかっても、そもそも自社にECサイトが本当に必要なのか精査しておく必要があります。

4−1.本当に必要?

もう一度、ECサイトは自社に必要なのか考えてみましょう。金銭面や人材面を含めて運営リスクは当然出てきます。たとえ購入を決めていても、商品やサービスのコンテンツ不足、SEO対策、デザインの問題などを誰がどのように解決して行くのか、あらかじめ考慮しておくべきです。

4−2.EC事業との関わり方は?

ECサイト事業に新規参入をするのか、元々ECサイトを運営していてその事業拡大のために購買するのかで必要なものが変わってきます。

新規参入の場合はとてつもない時間と資金、労力が必要です。事業拡大の場合なら購買した後のスタートが圧倒的に早いですが、新しいノウハウを取り入れたり新しい人材の確保を考えたりする必要があります。

どの道を進んでも活路はありますが、自社にとっての最善策を選ぶためにも、EC事業との関わり方は決めておきましょう。

5.まとめ

ECサイトの購買フローを確認しても、ECサイト売買はそれほどまで難しいわけではありません。あらかじめ全体像を把握しておくことで、無用な心配なく取引を進められるのです。

ECサイトの売買は時間やお金を多く投資するので、当然失敗するリスクがあります。しかし、サイトの持つ本当の価値を見極めることができれば勝算はあります。素晴らしいECサイトを購入できれば収入の柱を増やせるため、優秀なサイトブローカーとの出会いにも力を注ぎましょう。