ドメイン売買に相場はあるのか?必要な費用からの検証

ドメイン売買の相場はケースバイケースです。なぜならドメイン自体の潜在価値や、ドメイン売買を行う際に利用する仲介サイトなどの周辺状況によってかかる費用がかんたんに変動するためです。

この記事ではドメインを売買する際にどのような費用がかかるのかを記載しています。事前に知っておくことで、実際にドメイン売買するときに慌てることはなくなるでしょう。

zikeidancta

1.ドメイン売買の相場

ドメイン売買において、ドメインの価格の相場は状況によって異なります。ドメインの持つ潜在的な価値が高ければ高いほど、価格は高くなります。何でもないように見えるドメインでも、特定の人が見たら何億円もの価値を見出すこともあるのです。

ドメインがもたらすであろう利益や集客力、検索エンジンの上位表示に関わるSEO対策、ドメイン名の覚えやすさなど、サイトを含めてのドメインの価値が売買では重要になります。

新規に取得したドメインを売買した場合、価格の相場はおおよそ数十万円が相場の限界になります。新規に取得してもドメインとサイトに価値がない場合は、売れたらラッキー程度に思った方がいいでしょう。

2.仲介サイトの手数料例

ドメイン売買は自分で売買することもできますが、ドメイン売買専門の仲介サイトを利用した方が売買成功率はとても高くなります。ドメイン売買専門の仲介サイトの手数料はいくらかかるのでしょうか。掲載されている情報を確認し、相場を見てみましょう。

2‐1. お名前.com

  • 会員登録 0円
  • 月額料金 0円
  • 出品手数料 0円
  • 販売手数料 一律500円(税抜き・出品者のみ)

会員登録、月額料金、出品手数料すべて無料で利用できます。またオークション利用の際にかかる手数料は売買成立時に出品者が500円払うのみで、売買金額がどの値段になっても他にお金はかかりません。初心者でもわかりやすいです。

2‐2. Sedo.com

※海外のサービスのため、他に「為替レート」「トランスファー料」を考える必要があります

ドメインの登録料(出品料金)はこちらも無料となっています。売買成立時には10%の手数料がかかります。手数料の内訳は仲介料・ドメイン移管・エスクローサービス(安全な取引をするための仲介業者)などが含まれます。料金体系が複雑ですのでサイトでしっかりと確認しましょう。

2‐3. Flippa.com

  • オークション出品料 9ドル
  • 掲載料 0円
  • 販売手数料 15%(Flippaのエスクローサービスを利用した場合は12%)

ドメインの掲載料は無料ですが、オークションを利用すると9ドルの費用がかかります。また販売手数料は15%と高めの設定です。しかしFlippaのエスクローサービスを利用すると12%になります。

2-4. 仲介サイトの手数料例の総括

売買手数料は、売り手は成功報酬型で10%~15%が支払いの相場となっています。購入者は、基本的には購入代金以外はかかりません。しかしドメインブローカーを利用する、エスクローサービスを利用するなどによって売り手と買い手ともに費用が変わってきます。

仲介サイトによってどこまでのサービスが手数料に含まれているのか、売買成立時の成功報酬からパーセンテージが発生するのか、基本料金が発生するのかなど様々です。ドメインブローカーやエスクローサービスを利用する際は料金について細部まで確認しましょう。

3.ドメイン売買とは別にかかってしまう費用とは?

ドメイン売買とは別にかかってしまう費用があります。その費用とは「名義変更料金」と「ドメインの契約期間の料金」です。

名義変更料金とは、ドメインの所有者を変更する際に管理事業者に支払う費用です。ドメインの管理事業者によって支払う金額が異なります。

ドメインの契約期間の料金とは、ドメインの契約にかかる費用です。中古ドメインを購入した場合、契約期間が切れていれば契約を更新する必要があります。注意しなければならないのは、契約の更新費とともに、ドメインの契約期間をそのまま受け継ぐことができるのかも管理事業者によって支払う金額が異なる点です。

ドメイン売買をする際に上記の2つの費用を頭に入れておくことで、ドメインの受け渡し時に慌てることが減ります。どちらも管理事業者によって違いがあるため、売り手であっても買い手であっても必ず確認しましょう。

4.まとめ

ドメインの価格の相場はケースバイケースです。ドメインとサイトの紐付け具合が重要であり、ドメインにどのくらい価値があるのかで価格は変わってきます。

ドメイン売買をする際には相場にとらわれず、売買する周辺環境をしっかりと把握しておきましょう。どこで購入するのか、どんなサービスにどんな保証がつくのかなど、事前に把握することで落ち着いてドメイン売買を行うことができます。