ダイレクトレスポンスマーケティングの世界権威ダンケネディ

ダン・ケネディは、アメリカで誕生したダイレクトレスポンスマーケティング(Direct Response Marketing, DRM)において、40年間トップクラスとして活躍しているダイレクトレスポンスマーケッターであり、起業家、アメリカで最も有名なマーケティングコンサルタント、講演家、ベストセラー作家です。

(ダイレクトレスポンスマーケティングとは、相手にレスポンス(反応)を求める販売手法で、最初は「お電話は今すぐ!」でお馴染みのテレビショッピングで使われていました。)

ダン・ケネディは、彼が手がけたビジネスを次々と成功させ、毎年100万人以上のビジネスオーナー、起業家に影響を与え、彼から学んだ生徒からは世界一多くの成功者が生まれています。そのため、「Millionare Maker(ミリオネア・メーカー)」とも呼ばれるDRMの世界的権威なのです。

本国アメリカにおいても、日本においても、”成功している”ダイレクトレスポンスを実践するマーケッター、コンサルタント達は、ダン・ケネディから学び、多大な影響を受けています。

zikeidancta

1. ダン・ケネディってどれだけ凄いのか?

それでは、まずダン・ケネディの実績からみていきましょう。

彼のDRMのやり方は全ての業種・業態・ビジネスで実績を上げています。356を超える業種・業態で実践され成功を収めています。(なので、「私のビジネスでは使えない」という言い訳は通用しないということになります。)

彼が凄いのは、現在も引き続き学び・進化し続けており、彼のノウハウをクライアントや生徒にアップデートし続けているということです。

1-1. 世界トップクラスのマーケティングコンサルタントとしての実績

クライアントの企業は、テレビショッピングで有名な「プロアクティブ」(ニキビ対策の化粧品)のガシーレンカ―社は、最初のテレビショッピングから携わっています。また、

アムウェイ、最も高成長を遂げた企業500社を選ぶ「Inc.500」リストに2年連続でランク員したソフトウェア企業、高級床屋チェーンなど有名企業をクライアントに持ち、彼らのビジネスを大きくしてきました。クライアントの中には数千億円規模の大企業も含まれます。

また、50人以上の著名なコンサルタントへ、コンサルタントへのコンサルティングも行っています。

彼のコンサル価格は1日最低128万円、コーチングプログラムは、年間320万円です。

1-2. カリスマ講演家としての実績

1年間平均で25万人以上、1回の講演で3万5千人強の聴衆相手に講演をしています。一緒に講演した有名人は、ドナルド・トランプ大統領(大統領就任前)、ブッシュ元大統領、フォード元大統領、レーガン元大統領、マーガレットサッチャー元英国首相、アンソニー・ロビンズ(世界ナンバー1コーチ)、ブライアン・トレーシーなどが名を連ねています。

1-3.コピーライターとしての実績

世界の中でも、最高額のギャラを要求できるコピーライターの一人です。1件あたり、1千万から1千5百万円に加えて、売上の何パーセントかをロイヤリティとして請求しています。また、1つのセールスレターで、1億円の売上を上げることができる、世界中でも数少ないコピーライターの一人です。コピーライティングの仕事だけで、年収が1から3億円稼いでいます。

1-4. ベストセラー作家としての実績

著書16冊以上、ニュースレター「NOBSマーケティング・レター」が世界21カ国8言語に翻訳され、世界中の人に読まれています。ニュースレターに関して、マーケティング分野においては、世界最大2万人以上、日本では2000人以上の購読者数がいます。

1-5. 起業家としての実績

広告代理店を所有、複数の小売店舗と独自の販売店を有する化粧品企業の所有権を保有。トロフィー専門会社を運営、受託製造会社を買収し新規事業を立ち上げています。

また、ダン・ケネディ自身のマーケティング手法をまとめた、「マグネティック・マーケティング・システム」は、累計4万セット、60億円以上の売上を出しています。このシステムでは、すぐに使えて結果の出る、テンプレートなども含まれており、このシステムを使って、多くの起業家や経営者が売上を伸ばし、毎年1000通以上のお礼の手紙や報告をもらっています。

2. ダン・ケネディの人柄

「不都合な真実」を話してくれる先生、という異名をつけられるほど、ケネディは、大学で教える机上の理論とは全く正反対の、自身やクライアントの経験を持った生臭い現場の現状を教えてくれます。現在も第一線で、日々企業家達と接しています。実際、現場を知らない専門家を毛嫌いしています。

私生活では、ブラックジョークが好きで、22年間連れ添った奥様と離婚し、数年後に奥様と再婚したこと、糖尿病の診断を受けたこと、子供の頃は吃音症だったこと、父親が非常に時間と仕事に対して厳格だったこと、ケネディが高校を卒業したとき、両親はまったくの無一文で、家族の資金援助を一切受けずにスタートしたこと、今は、億万長者となり、望みどおりの生活とライフスタイルを手に入れ、思い通りの人生を送っていることを著作物の中で語っています。

また、”正直、率直、単刀直入で、まやかしや偽りがなく、刺激的かつ実用的” 「No B.S.」「Bull Shit(ブルシット)(屁理屈)なし」というケネディの著作物を通すコンセプトからも彼の人柄が見えます。

3. ダン・ケネディ・メソッド

ここでは、ダン・ケネディが提唱している、ダン・ケネディ・メソッドの一部を紹介します。詳しくは、ケネディの書籍や、商品を参照してみてください。

3-1. マーケティング・ファースト

こういう言い方はしていませんが、コンセプトは、商品がビジネスの中心ではなく、マーケティングが中心である、ということです。常に、顧客が求めているものは何か?顧客を集め、維持するにはどうしたらよいか?にフォーカスしなさい。「社長の仕事はマーケティングだ」ということです。

3-2. 3M

3M、Message(メッセージ)、Media(メディア)、Market(マーケット)の3つがうまく作用するとき、ビジネスは成功するということを提唱しています。なので、ビジネスがうまくいかないときは、この3つのどれかを見直して、修正すればよいということです。

3-3.大衆は常に間違える

“どのような道を選んだにせよ、手本となる成功例がみあたらなければ、周囲の人々がしていることを眺め、単にその逆のことをすればいい。なぜなら、常に大多数の人園は間違っているからだ。(ナイチンゲール)”(出典:「億万長者の不況に強いビジネス戦略」、ダン・S・ケネディ)

ビジネスで成功したかったら、大衆とは逆をいきなさい。少数派は常に勝つ、というものです。同じ業界の常套的な手段では、皆で仲良く衰退していくしか道はありません。顧客が求めているものは何か?業界の慣習や常識をぶちやぶる発想をもちましょう。他の業界で使われている方法を別の業界で使ってみる、というのも一例です。

3-4.「大量行動」の原則

成功は「大量行動」からしか生まれない。思いつく解決策を全て「同時に」実行に移すことでし・1つや2つではなく、10、20という大量に行動することです。全ての成功者や天才に共通しているのは、とてつもない量をこなしているということです。そして、大量行動は、最短の時間で、最大の結果をもたらします。

まとめ

ダイレクトレスポンスマーケティングの世界的権威である、ダン・ケネディの、数々の実績、人柄、メソッドについてみてきました。ケネディの著作物も本、オーディオセミナーなどの形で色々出ているので、参照してみるといいでしょう。「何かを学ぼうと思ったときには、その業界のトップに学ぶ」というのは成功するための鉄則です。