アウト動画!? YouTube動画の著作権と違反報告の方法

毎日、膨大な数の動画がアップされるYouTubeは、現代ではエンタメツールとしてなくてはならないものとして浸透しています。

しかし、なかには違法なアップロード、著作権違反の動画も多く見受けられます。

違法っぽいのに、多数の再生回数を稼いでいるものもありますが、再生されることで広告収入を得ることができるというYouTubeのシステムを考えると、「違法なことをして稼いでいるんじゃないの?」「こういうの、アリなの?」と、ついつい突っ込みたくなりますね。

どこまでがセーフでどこからがアウトなのか、その辺も分かりにくく、何となくモヤモヤした気持ちになる事もあるのではないでしょうか。

今回は、YouTubeの著作権の考え方と、違反したらどうなるのか、さらには著作権を侵害されたときの対処法を見てみましょう。

zikeidancta

1.著作権ってそもそも?

「著作権」という言葉は誰でも知っていますが、その実態はかなり複雑で、きちんと理解するのは意外と難しいものです。文章や絵画、音楽、動画など、人が創作するあらゆるものには著作権があります。

例えば、3歳の子供がいたずら書きしたものにも著作権があり、本人の許可なく勝手に使用する事は著作権違反となるのです。

ただし、著作権違反は親告罪となっていて、本人が「私の芸術が勝手に使用されている!」と訴えてはじめて発生する罪なのです。

著作権を持つ人が「どんどん使っていいよ〜!」というスタンスであれば、誰からも訴えられないため、著作権に違反していても罪にはなりません。

以前に「恋するフォーチュンクッキー」をみんなで踊る動画が多数アップされた事がありましたが、これはAKB側が黙認していたために罪とならなかったものと思われます。

「著作権違反で訴える」という行為自体が、イメージを損ねる場合もあり、さらに裁判には費用もかかるため、逮捕にまで発展するケースは少なくなっています。

過去に日本のYouTube動画に関して逮捕者が出たのは、超大手の企業が「誰が見ても悪質」という動画制作者を訴えた2件のみとなっています。

1件は「銀魂」「NARUTO」などの超有名マンガのページをデジカメで撮影しアップし続けたというもので、もう1件はチケット入手困難な某アイドルグループのコンサートの模様を撮影しアップしたものです。

現在では、訴訟に発展する前に火種をもみ消すため、強制的に動画を削除するようなシステムが充実してきています。

これには、著作権者の利益だけでなく、動画をアップする側の法律違反を未然に防ぐ意味もあるようです。

2.音楽についての考え方

YouTube動画で音楽を使用する場合、CDや有料の音楽配信サイトからダウンロードしたものをそのまま使用すると、著作権違反となります。

メジャーなレーベルの音楽作品は、YouTubeのContentsIDというシステムを利用して著作を管理している場合が多く、これらの音源を使用した場合、動画のアップと同時か、遅くとも数日中にYouTubeから何らかの警告が来ます。

このContentsIDというシステムを簡単に説明すると、あらかじめYouTubeのデータベースに音楽を登録しておき、アップされた動画をデータベースに照らし合わせ同じ音楽が発見されれば違反となる、というシステムで、コンピュータによって自動的に行われているようです。

このため、動画の公開、非公開に関わらず当該音源を使用した場合、違反とカウントされ、ペナルティを受ける可能性があります。

ペナルティとしては、収益化ができなくなる、音声がミュートとなるなどの軽いものから、動画の削除などの重いものまであります。

なお、このペナルティは著作権所持者によって決定されるシステムとなっています。

ちなみに、YouTubeは「仏の顔も三度まで」風のシステムを採用しており、2度目の違反までは「慣れていないせいかもしれない」といった好意的な理由で比較的軽いペナルティで済みます。

しかし、3度目からは「悪質な違反者」と認識され、チャンネルの削除やアカウント停止などの致命的なペナルティを食らうこととなります。

アカウントを停止されると、今後新たにアカウントを取得することが原則不可能となり、YouTubeライフはもう終わったものと諦めるほかない、ほどの厳しい措置となります。

このような事態にならないように、動画の音源使用には注意した方が良いでしょう。

なお、これは「音源をそのまま」使用した場合の話で、流行の「歌ってみた」「演奏してみた」といった二次的な使用は問題ないとされています。

YouTubeは、これらの二次利用を保護するため、日本の音楽の著作権管理団体(JASRAC、イーライセンス、JRC等)にあらかじめ著作権料を支払い、許可を得ています。

日本国内の音楽著作権のほとんどはこれらの団体が管理していますので、「演奏してみた」「歌ってみた」動画のほとんどは、著作権違反には該当しません。どうしても使いたい音楽がある場合は、自分で演奏するか、誰かに演奏してもらうとよいでしょう。

また、これらの動画に広告をつけ、収益化する場合は「商用利用」となる可能性があります。この場合、多くは「収益を分配」という形で著作権所有者に使用料を支払うこととなります。

ContentsIDのシステムによって自動的に行われる場合がほとんどですので、動画配信者側は特に手続きをする必要はありません。

3.ゲーム画面の著作権はどうなっているの?

YouTubeでも人気の高いゲームの実況動画ですが、これも法律的には著作権に抵触する行為です。

しかし、ゲームの実況動画はゲーム会社側にもメリットがあり、見て見ぬふりをしているという現状があるのです。

ゲームの実況動画を見た人は、自分もゲームをしてみたいと思うため、ゲーム会社側からみれば無料の広告塔が何本も立っている状態となり、大きなメリットがあるのです。

また、実況動画は再生回数も高くなる場合が多く、動画制作者側にとっても積極的にアップしたいネタの一つとなっています。

もちろん、攻略後のムービーを流すなど、ゲーム会社のデメリットとなる動画はNGですが、双方がwin-winの関係を築いている場合は訴えられる事もないと考えられます。

4.テレビやDVDを上げたらダメ?

DVDなど、販売されているメディアをそのままアップする事は固く禁止されています。非常に悪質な行為で、発覚した段階でチャンネル所有者には厳しいペナルティーが科せられます。

しかし、これらの犯罪行為を行う人がいるのは、それを見る人が多いからです。

有料のDVDを無料で見る事ができるのは魅力的ですが、見る事で犯罪に荷担しているという意識を持った方が良いでしょう。違法性のある動画には近づかない事が大切です。

では、テレビ番組をアップする行為はどうでしょうか。これももちろん、違法な行為です。

テレビ番組は無料で配信されていますが、番組の著作権はテレビ局が持っています。自分のチャンネルで勝手に使用してはいけません。

現在、テレビ局側も専任のアルバイトを雇うなどして厳しく監視しているようですが、数多くのチャンネルをすべてリサーチすることは困難で、場合によっては何ヶ月も放置される場合があります。

しかし、公式チャンネル以外の動画はすべて違法ですので、DVDなどと同様、近寄らない方が無難です。

また、他人のYouTube動画を一部分だけ使用するような場合も著作権違反となります。YouTuberのほとんどは個人や小さなグループですので、たとえ自分の動画がどこかで使われていたとしても、それを把握するのは困難です。

著作権は親告罪であるため、訴えられなければ罪に問われず、使用しても訴えられる可能性の低い他のYouTuberの動画を無断使用する不届き者も少なからず存在するようです。

他人の動画を使用したい場合は、ほとんどは直接お願いすれば快く了承してもらえます。人間性、モラルの問題として無断盗用はしないように心がけたいものです。

5.自分の動画が使用されたら?

では逆に、自分の動画が他人のチャンネルに使用されているのを見つけた場合はどうすれば良いでしょうか。使われ方が、自分にとってメリットが高いのであればそのまま放置して差し支えありません。

自分より人気のあるYouTuberが、自分の動画を宣伝してくれているような場合は、むしろ大歓迎ではないでしょうか。お礼のメールを送って感謝の気持ちを伝えても良いくらいですね。

ですが、自分の意図とは違う使われ方をしており、不愉快な思いをする場合や、自分の人気動画がそのままアップされるなど、盗用されたような場合は、即刻YouTubeに通知し、削除を依頼すると良いでしょう。

著作権の侵害を理由として他人の動画を削除依頼できるのは、著作権を持つ本人と、その正式な代理人のみとなります。

YouTubeのヘルプセンターにあるメニューの中から「法的事項、セキュリティ、著作権」をクリックし、さらに「著作権と著作権管理」をクリック、一覧のメニューの中から「著作権を侵害したコンテンツに対する削除通知の送信」をクリックし、内容に目を通して「著作権侵害の申し立てを送信」をクリックし、出てくる内容に順に答え、送信します。https://support.google.com/youtube/answer/2807622

なお、申し立てを提出後にYouTubeから警告めいたメールが届くことがあるようです。

例えば、「あなたの報告が不正の可能性が懸念される」などといった文面のものが送られてくる場合がありますが、

これはYouTubeが使用している定型文で、気に病む必要はありません。メールを良く読み、必要な情報を再度送信すれば問題ありません。

6.最後に

YouTubeは、コミュニティガイドラインの冒頭に下記の文を載せています。YouTube では、サイトに対して過剰な尊敬や崇拝を求めているわけではありません。

求めているのはただ 1 つ。サイトを悪用しないでください、ということです。

YouTube のコミュニティ機能は信頼によって成り立っています。YouTube はユーザーを信頼し、多くのユーザーもこの信頼に応えてくれています。

それを念頭に、節度あるご利用をお願いいたします。

YouTubeコミュニティガイドラインより引用:https://www.youtube.com/yt/policyandsafety/ja/communityguidelines.html

今後もYouTubeというエンタメを存続させるためには、一人一人がルールを把握し、規定の中で楽しむことを心がけることが大切ではないでしょうか。

 


あわせて読みたい


逆SEO対策をしたサイトの検索順位変動をみてみる | 逆SEO実例1

まさか自分が…LINEでいじめの標的に!?

定型文付き!Yahoo!知恵袋の削除依頼を自分でする方法~第2弾~

youtubeの荒らしコメントを削除する方法まとめ

Yahooメールの流出を確認するサイトとパスワード管理ツールまとめ

炎上した時の対応と対策、特定班の凄さまとめ

Yahoo!とGoogleのネガティブサジェストを削除する方法まとめ

逆SEOとは? 5つの手段と悪徳業者の見分け方

 

コメントを残す


CAPTCHA