誹謗中傷対策のすべて

誹謗中傷とは、根拠のない悪口によって他人の名誉を汚すことです。インターネットが普及した現代では、罪の意識がないまま誹謗中傷を行っている人が増えており、同時に被害者が続出しています。

このページでは誹謗中傷に関する基本情報と、その対策を様々な角度から伝えていきます。

基本的に被害者向けの内容ですが、知らないうちに加害者にならないためにも全ての人が目を通すべきともいえる内容です。周囲に誹謗中傷で困っている人がいれば、当ページの情報をお話しされることをお勧めします。

zikeidancta

【step1】誹謗中傷の基礎知識と事例

誹謗中傷は犯罪であり、名誉毀損や業務妨害などの罪に該当します。一度で複数の法を破るケースも多いため、誹謗中傷の加害者は罪が重くなる傾向があります。

当然、罪を犯せば逮捕です。

今捕まっていない人は被害者が諦めているだけです。被害者は泣き寝入りせず、必ず対策しましょう。特にインターネットの誹謗中傷は、必ず足跡を辿れるようになっています。

誹謗中傷について正確に知ることができれば、恐るものは何もありません。

《必読記事》

 

《誹謗中傷の事例》

 

《間違って誹謗中傷された事例》

 

【step2】具体的な対策方法

誹謗中傷の対策方法はケースバイケースです。誹謗中傷されているサイト毎に管理者が異なっていたり、誹謗中傷の種類がたくさんあったりと、対応は多岐に渡ります。

業者に頼まなければできない対策は多いですが、自分でできる対策もたくさんあります。可能な限り自分でできる対策を行ってから、次のアクションを起こしましょう。

 

【step3】警察・法律・弁護士

誹謗中傷されたらまず頼りにするのが警察や弁護士です。彼らは法と秩序の番人として、あなたに勇気を与えるでしょう。

唯一の問題は、警察や弁護士では誹謗中傷が解決するまでに時間がかかってしまうことです。

そのため、相談する前に流れを把握しておいたり、書類や手続きを用意しておいたりするのをお勧めします。

 

【step4】裁判

加害者を特定したあと、相手を訴えることもあるでしょう。その場合はあらかじめ裁判の流れを知っておくとスムーズに進められます。

誹謗中傷に限らず、裁判は十分な証拠を集められるかがポイントです。

インターネットの誹謗中傷は必ず「足あと」が残ります。たとえどんなツールを用いても、専門家にだけ公開される情報もありますので、被害者は毅然と立ち向かっていいのです。

 

【step5】「逆SEO」という最終手段

インターネット上の誹謗中傷対策のなかで最終手段といえるのが「逆SEO」です。

逆SEOとは対象のページ(またはサイト)を検索圏外へ飛ばすことで、人目につかなくする手法です。

一般的に企業や個人がSEO(Search engine optimization)対策を行います。これによって自身のサイトを上位表示させ、世間への露出度を高めて集客につながるのがその理由です。

逆SEOは決して一般的な技術ではないため、対策を行える業者が限られます。

悲しいことに、逆SEO業者の中にも悪質業者もあるため気をつけなければなりません。誹謗中傷された上に業者から詐欺に遭うなど、泣きっ面に蜂もいいところです。

しかしながら、逆SEOは誹謗中傷対策として最も確実で、最も早く解決する手段でもあります。

優良な逆SEO業者を見つけるための見極め方を紹介しましょう。

《「逆SEO」の必読記事》

 

《弊社の「逆SEO」事例》

 

zikeidancta