口コミサイト:転職会議の誹謗中傷を削除する方法

終身雇用が崩れたと言われる現在、転職は当たり前のこととなりました。

あなたの周りでも、一度ならず、二度、三度と転職を繰り返す人がおられるかもしれません。昭和の時代は、就職したら、一生同じ会社で働くのが当たり前でした。

しかし、バブル期以降、景気が悪化したことで企業の体力が低下し、自社で社員を育てるよりも、即戦力となる人材を求めるようになりました。

これに追い打ちをかけたのが、派遣労働法の制定でした。これにより、働き方の概念が大きく変わり出しました。

現在では、1度や2度の転職をしていることは、まったくハンデにならなくなりました。就職活動をする際も、インターネットで簡単に企業の情報がわかります。企業理念や経営状態まで一目瞭然です。

ですが、対外向けの情報を安易に信じて大丈夫なのか?という不安もあると思います。そんな時に、企業の実像を知っている人に聞くことができたら安心できますね。

そんなサービスを展開しているのが、転職会議という口コミサイトです。

zikeidancta

1.転職会議とは

転職会議は、株式会社リブセンスが2010年7月に開設した、企業に関する情報を提供する、就職・転職関係の口コミサイトです。2016年12月9日現在、68万2,598社の口コミが掲載されています。

口コミを書くことができるのは、その企業に勤めている人か、もしくは過去に勤めていたことのある人だけ、となっています。口コミ以外にも、アンケート結果に依る情報の提供もあります。

アンケートに関しては、現在及び過去の従業員だけでなく、対象の企業の取引先、従業員の知人・友人・家族など、関係のある人なら誰でも回答することができるようになっています。

また、口コミや評価の情報を見るだけではなく、マイナビやDODAとの提携により求人情報を見ることができます。気になる会社があったら、クリックひとつで、求人サイトに移動できるのも転職会議の魅力です。

転職会議では、口コミを、評判・年収・面接の各カテゴリ別に見ることができるようになっています。利用者の気になるポイントをしっかりと押さえていてくれるのが嬉しいですね。

しかも評判については、
・仕事のやりがい、面白み
・退職理由、退職検討理由
・ワークライフバランス
・スキルアップ、キャリア開発、教育体制
・福利厚生、社内制度
・女性の働きやすさやキャリア
・事業の成長性や将来性
・入社理由、入社後に感じたギャップ
・社員、管理職の魅力
・社長の魅力
と10個の項目に細分化されているので知りたい情報に、ダイレクトにアクセスすることができます。

また、各企業のページを開くと、上記のそれぞれの項目の横に、数字が表示されており、口コミの件数がひと目でわかるようになっています。

これらの情報が、過去のに自分の勤めた企業の情報を書き込むだけで、無料で閲覧することができます。書き込みをするのが面倒だと言う人は、お金を払うことで一定期間閲覧することも可能です。

転職会議の口コミ以外にもアンケート結果による評価があります。

アンケートの評価項目は、
・給与水準
・企業の安定性
・企業の成長性、将来性
・仕事のやりがい
・企業の理念と浸透性
・ブランドイメージ
・社員の雰囲気
・入社難易度
・福利厚生
・教育、研修制度
の10個です。

このうちの、ブランドイメージと社員の雰囲気を除く8つの項目レーダーチャート(グラフ)で見ることができるようになっています。
1

このチャートは、企業同士の評価を比べたい時などにとても便利です。右下の評点をもっと見るをクリックすると、評価項目毎の点数と、どんな人が回答した結果なのかを見ることができます。

2

こちらの例では、
従業員:39人 元従業員:21人 取引先:44人
知人が勤務:102人 家族が勤務:13人 面接・試験を受けた:23人
転職希望者:55人 就活生:65人 その他:100人
と462人の内訳がわかります。

また、企業の社風についても知ることができます。

3

こちらの評価項目は、
・女性中心←→男性中心
・若い人が多い←→年配者が多い
・仕事が多い←→仕事が少ない
・実力主義←→年功序列
・トップダウン←→ボトムアップ
・体育会系←→頭脳系
・堅実な社風←→挑戦的な社風
・成果に厳しい←→過程を評価
・論理・規則に従う←→感情・調和に従う
・チーム重視←→個人重視
の10個です。

それぞれ、右寄りか左寄りかで、社風を確認することができます。

また、下記の項目については、当てはまると答えた人の割合を掲載しています。

・クラブ活動が盛ん
・イベントが盛ん
・美女が多い
・美男が多い
・社内恋愛が多い
・長く働ける
・起業が盛ん
・オシャレな人が多い
・合コンが盛ん
・風通しが良い
・育児介護休暇がある
・オフィスがきれい
・英語を使う

これらの情報は、関係者以外には知る術がないものばかりなので、転職をしたい人にとっては、とても貴重な情報ですね。

2.口コミの信憑性は?

これだけ見ると、文句無しに素晴らしいサイトのように思いますが、それは書かれていることが事実であれば、、、という条件がつきます。サイトの中でも、『書かれている内容について、当サイトの見解ではなく、その正確性を保証しません。』という内容の記述が目につきます。

つまり、書かれている内容が正しいかそうでないかは、書いた人の良心にかかっているということになります。書き込みをする人はどんな人なのか?ということも考える必要があります。

通常、転職をしようと考える人は、勤めている会社に不満を持っている人です。中には、このようなサイトがあることを知って、勤め先の良い点を世間に知らしめたいと考えて書いている人が、いるかもしれませんが、そんな人は、おそらく、ごく少数だと思います。

不満のある人が好意的な書き込みをすることは、少ないと考えられるので、口コミの内容に偏りがある可能性があります。これらのことを理解した上で、真偽の程を判断するようにしてください。

ところで、転職会議では、ひとつの書き込みが最低150文字以上と決められており、コピー&ペーストができないようになっています。

ある程度の文字数を書かせることで、わざと投稿を面倒にして、ハードルをあげることで安易に投稿しないようにさせて、いい加減な投稿を防ぐようにしているようです。サイト側でも、口コミのクオリティをあげる為に色々と考えているのですね。

3.誹謗中傷を削除する方法

転職会議に対する削除依頼には、削除依頼専用のページがありませんので、トップページの一番下にある「問い合わせ」から行います。

ここをクリックすると、お問い合わせフォームに移動します。
https://jobtalk.jp/info/ask.html

4

ご覧のように削除依頼のページではないので、削除依頼であることを明確にする必要があります。また、削除依頼をする対象を明確にするため、必ずどのコメントなのかを指定する必要があります。

問題のコメントを明らかにして指定する為には、各記事の右下にある「投稿ID」を記載してください。投稿IDは、ans-から始まる6桁の数字です。

5

では、具体的な記入の仕方について説明をします。

一番最初の項目は、チェックボックスになっていますので、『ヘルプでは解決しなかった質問です』の左側の四角をクリックしてチェックを入れてください。次に、お名前とメールアドレスを記入してください。

このページでは、本人確認書類を添付するフォームはありませんが、後日、本人確認書類の提出依頼がくる可能性がありますので、本人確認書類を提出する前提で、本人確認書類を要求された際に、使用する書類と同じ内容にされておくと良いと思います。

特に仕事などで通り名などを使っておられる方は、注意するようにしてください。次に『お問い合わせ内容』の書き方を説明します。

例文:

以下について削除頂きたくご連絡しました。

対象コメント: ans-123456
依頼理由
弊社は、インターネット上で行われる誹謗中傷を監視する
システムのサービスを提供しています。

こちらのコメントによると、弊社が見込み客の誹謗中傷を書き込んだ上で当該企業に対策の提案をしていると、、、いわば、自作自演の営業をしていると書かれています。弊社ではこのようなことをしたことはなくまったくの事実無根でございます。

しかし、この書き込みを見た人は、弊社がそのような行為をしていると誤解をしてしまいかねない内容になっています。

書き込みにおいて、「2013年に退職した」という記載がありますが、弊社において2013年に退職をした従業員がいないことから、同業他社が弊社に対して誹謗中傷をしていると思われます。

最後に、利用規約の確認ボックスにチェックを入れて「投稿する」をクリックすれば完了です。

4.まとめ

情報というのは正しくなければ意味がありません。信頼できない情報には何の価値もないからです。

転職会議の方も、信頼できる情報を得るように配慮をしていますが、個人の主観で書かれるものだけに、信憑性には限度があると言わざるを得ません。

今回、あなたは誹謗中傷の被害に遭ってしまった訳ですが、せっかく素晴らしいコンセプトを持ったサイトなので、利用者が安心して使えるようなサイトになって欲しいと思います。

意図的に誹謗中傷を書くような手合いは別として、書き込みをしている人の心の状態を、文章から読み取ることができれば良いと思いますが、そんなことは難しいですね。

転職会議だけに頼ってしまうと危険なので、色々なところから情報を取るようにして、良いことも悪いことも、事実かどうかはわからない、というスタンスで調べることが、一番良いのかもしれません。

 


あわせて読みた


LINEに誹謗中傷が書かれた時の削除の方法

Yahoo!知恵袋に書かれた誹謗中傷を削除する方法

ネットに強い弁護士を探すには

弁護士による全額返金保障付き「爆サイ削除」受付開始

 

 

 

 

 

コメントを残す


CAPTCHA