サイト売買事業の周辺にあるビジネスの存在とは?

インターネットが一般的に使われるようになってきた現代で、事業拡大、集客のためにウェブマーケティングを導入する企業が増えてきました。その流れの中で注目されつつあるのがサイト売買ですが、特に買い手側はITのことを知らない企業である場合も稀ではありません。

「サイトが欲しくて、サイト売買まで行おうとしているけど、ITのことがわからない」という状況に着目した、サイト売買周辺のビジネスを2つ紹介していきます。

zikeidancta

1.サイト売買とは?

まずはじめに、サイト売買について簡単に解説していきます。

サイトを売る側、買う側それぞれにメリットがあるからサイト売買が行われるわけですが、両者にとってのメリットは、

売り手:まとまったキャッシュが手にがいる

買い手:成果が出ているサイトを運営することができる

これが一番大きいでしょう。

サイトといっても、その内容や運営形態によっては全く異なり一括りにできるほど安易なものではありませんが、それぞれのメリット、どのようなサイトが欲しいか、などのニーズがマッチングしたときに初めて売買の交渉が開始されます。

1-1.サイト売買周辺の事情

サイト売買は、しっかりとした取引をしようとすると、単に「サイトが欲しいです」「サイトを売りたいです」だけでは済まず、個人情報保護法などの法律のことや、節税対策などの税金のこと、様々なリスクやトラブルなどのことについても考える必要があります。

とりわけ、ITリテラシーに関してはサイト売買のその場だけでなく、サイトの譲渡後もつきまとう課題になるでしょう。

そこで、ITリテラシーがあまりない企業にとっては、それが足かせになってしまいサイト売買に踏み切れないということもあるようです。

そういった意味では、周辺のビジネスには「サイト売買専門の弁護士・税理士」も今後増えるかもしれませんし、今回紹介するITに関連した周辺のビジネスも増えていくでしょう。

2.サイト売買周辺のビジネス

サイト売買事業が発展していき、当たり前のようにあらゆる企業が売買を行うようになれば、必ずしもITに強い企業だけが取引をするのではなく、中にはITに弱い企業もサイト売買に関わってくることもあります。

今までサイトを持っていなかったけど、集客を強化するためにサイトを購入しよう。という企業も中にはあるはずです。

このような企業がサイトを購入した後、サイトを運営できるノウハウや任せることができる人材がいなければ、サイトのパフォーマンスを最大化することができません。

もともと月に100万円の収益を上げているサイトだとしても、譲渡後にパフォーマンスを発揮しきれなかったために収益が半分に落ちてしまった場合、それは決してサイト売却側が騙していたわけではなくて、サイト買収側の企業の自滅とも言えるでしょう。

そのように、サイト運営をやりきれない企業の課題を解消するためのニーズも生まれてきます。

代表的なビジネスは、

  • サイト運営委託
  • サイトのリノベーション

この2つが挙げられます。

2-1.サイトの運営委託

サイト売買を仲介した業者、あるいは仲介業者と提携している企業に委託して、サイトの管理・運営を代行してもらいます。

受託した企業は、売上の20~30%を受託手数料としてもらい、残りはサイト所有者がもらう仕組みになっているため、サイトの売上が上がれば上がるほど受託企業の報酬も上がっていきます。

そのため、受託業者は多くの手数料を得るためにサイトをただ単に管理するだけではなく、持っているITのノウハウ(SEO対策など)を駆使しながら集客力を高めたり、会員数を増やしたりしながら、サイトの価値を高めながら運営をしていきます。

ビジネスを発展させる上で、サイトを運営した方が良いことはわかっているものの、管理や運営に不安があってサイトの購入に躊躇っていた企業にとっては、信頼できる業者によるサイトの運営委託の仕組みがあれば、不安材料を極力減らしてサイトを購入することができます。

2-2.サイトのリノベーション

売りに出されたサイトの中には、その時点ではサイトの評価は良くないけれど、少し手を加えてリノベーション(改良)していけば、価値が高まるサイトもあります。

そのようなサイトに関しては、仲介業者がサイトを買い取り、リノベーションしてサイトの価値を高めてから再び売りに出すというビジネスがあります。

例えば、サイトのコンテンツや内容自体は良いものだけれど、サイト内の導線設計が適切ではないために収益が最大化されていないサイトは、簡単なデザイン修正で収益がアップすることがあります。

また、サイトの目の付け所は良いけれど、コンテンツが充実していないために評価が低くなってしまっているサイトは、アウトソーシングで内容を充実させてれば、価値を高めて再び売りに出すことができます。

3.サイト売買する投資家

サイト売買周辺のビジネスとして、投資目的でサイト売買を行う個人の投資家も増えてきています。

自分でゼロベースで構築するのではなく、市場に売りに出されている安価なサイトを買って、そのサイトを育てて買収時よりも収益が上がるようにして、売り時を見て売却して売却益を得るというケース。先ほど紹介したサイトのリノベーションを個人で行う投資家がいます。

あるいは、サイトを構築することには興味があるけど、サイトがある程度形になったら飽きてしまって自分で運営するのが嫌になってしまうという人は、そもそも売ることを目的としてアフィリエイトサイトなどを構築していき、ある程度収益が上がったら売ってしまうというケースもあります。

ITに強い人にとっては、サイトをある程度まで構築したり、サイトをリノベーションすることはたやすいので、今後、サイト売買を行う個人の投資家が増えてくることも考えられます。

まとめ

サイト売買はまだまだ発展途上でこれから伸びてくるビジネスですが、ウェブマーケティングを導入する企業が増えてくる中で、「サイト売買」という言葉を普段から聞くようになるかもしれません。

そのようになった頃に、今回紹介した周辺のビジネスも一般的になってくるでしょう。また、今ではまだ創出されていないサイト売買周辺の事業も生まれてくるでしょう。

サイト売買という言葉を知ったばかりの人にとっては、その先のビジネスまで考えるのは難しいかもしれませんが、注目して情報を手に入れておいて損はありません。