サイト売買とは?|基礎知識から注意点までわかりやすく徹底解説

「サイト売買」とはどのようなものか、あまりピンとこない方も多いかもしれません。

ウェブを使った集客が欠かせなくなっている中で、集客ができるサイトを運営できるかがこれからのビジネスでは必須になってきます。

しかし、サイトをゼロから立ち上げて集客ができるようになるまでは一定以上の時間がかかってしまい、安定して集客ができるようになるまでのコストは少なくありません。さらに、自社にサイト構築のノウハウがない場合はいくら時間をかけても一向に成果が上がらないこともあります。

そのような背景がある中で注目されているのが「サイト売買」です。

今回は、サイト売買における基礎知識や注意点、売り手買い手の事情などを徹底解説していきます。

zikeidancta

この記事でわかること

1.サイト売買とは?

サイト売買とは、自社のサイトを他の企業に売ったり、他社が売りに出しているサイトを購入して自社に導入して運営を続けることをサイト売買といいます。

その名の通り、サイトを売ったり買ったりすることで、売買されるサイトは「ECサイト」「アフィリエイトサイト」などがありますが、最近ではコンテンツSEOに強いサイトも人気があるサイトのようです。

1-1.サイト売買=事業譲渡

サイト売買は、単にサイト自体の売買だけではなくて、例えば、ECサイトであれば在庫の仕入先や販売までの一連のノウハウだったり、アフィリエイトサイトであってもサイトを管理する運営ノウハウなどの周辺のノウハウも含めて事業譲渡という形で売買されるケースもあり、サイト自体よりも周辺のノウハウごと手に入れたくてサイトを購入する企業もあります。

 

合わせて読みたい

サイト売買とM&Aの事業譲渡との関連性については「サイト売買は企業のM&Aにおける事業譲渡に近い」こちらの記事で解説しています。

2.サイトを売る側の事情

サイトを売る人の事情として多いのは、業績の不振などによりサイトが運営できなくなってしまったため手放すというケースです。

ウェブサイトはデータであるため、作ったサイトを消すのは一瞬でできます。今まで積み上げてきたデータがあったとしても、業績の不振によって運営ができなくなったら、すぐにでもサイトを閉鎖することができます。

しかし、単に閉鎖すればお金にはなりません。そこでサイトを売ることによって少しでもお金すれば、次の事業にも有効活用できます。

その他、サイトを売買しようとする側の理由は様々ですが、主に以下の4つが挙げられます。

  1. 事業からの撤退
  2. 本業へ集中するため
  3. 成長分野に力を注ぐ
  4. 運営が難しくなった

それぞれ確認していきます。

2-1.事業からの撤退

急速な変化がつきものであるネットビジネスにおいて、これまで順調だったビジネスであっても他企業の参入やライバル企業との競争の激化によって収益をを保つための対応をしきれなくなることがあります。

また、外部環境の変化によって検索順位が下がってしまったり会員が減ってしまうこともあり、そのような変化に対応していると開発費がかかってしまい運営ができなくなることもあります。

このような理由によって、サイトを閉鎖して事業からの撤退を余儀なくされるケースがありますが、その際に、単にサイトを閉鎖してしまうのではなくて、サイトを他の企業に売れば資金を回収することができます。

自社では対応しきれない部分でも、他者にとっては価値があることもあり、メールアドレスや会員がある程度いる場合はそれらの情報も含めて価値が上がって高値でサイトを売れることもあります。

2-2.本業へ集中するため

サイトを運営していくにあたって、そこには管理するためのコストがかかってしまいます。特に、人気のサイトを運営しようと思ったときには、そのサイトを運営するために優秀な人材が不可欠です。

そのようなコストを考えたときに、幾つかの事業を持っている企業は限られた経営資源を効率良く活用するために、事業を見直して本業へ集中する企業も増えています。

その際に、これまで運営してきたサイトを閉鎖することになりますが、それは決して業績が悪いから閉鎖するわけではなく、収益が上がっているけど閉鎖を決断するケースも多くあります。

人気のサイトであれば買い手は存在するので、単に閉鎖をするのではなくてサイトを売って、売却益を本業に投資することもできます。

2-3.成長分野に力を注ぐ

本業へ集中するためにサイトを売ることに似ていますが、今後成長が期待できる分野に力を注ぐためにサイトを売るケースがあります。

そのサイトがすでに成熟してしまっていて将来性が見込めなかったり、成熟分野に頼り切ってしまっていると、ネットの急な変化に対応しきれなくなることもあります。成熟していても収益があればサイトに価値がつくのである程度まとまったお金を回収することもできます。

そうすれば、売却益を成長分野の資金として利用することができます。

2-4.運営が難しくなった

サイトの運営を特定の一人に頼っていると、その人が体調を崩して長期休業を余儀なくされたり、退職してしまったときに、その後の更新ができなくなってしまいます。

このような理由でサイトの更新ができなくなってしまうと、集客力が落ちたり今まで通りの収益を上げることができなくなってしまいます。今まで順調に運営をしていたサイトでも、ちょっとした理由で運営ができなくなってしまうことがあります。

また、ある程度収益は上がっているが、思った以上に資金がかかってしまいこれ以上運営を続けるのが難しくなってしまったというケースもあります。

そのほかに、個人で副業としてサイトを運営している場合は、本業が忙しくなってしまい更新ができなくなったとか、サイトの運営に飽きてしまい更新をしなくなってしまうことも少なくありません。

このように運営難になってしまったサイトでも、他企業が買収して運営を継続していけばしっかりと収益を上げることができるようになる可能性があるので、運営難になってしまったサイトを売ることで売却益を得ることができるのです。

[aside type=”normal”]サイト売却の流れを成功事例をもとに紹介しているので、売却を検討している方は参考にしてください。

【成功事例】サイト売却の流れを具体例をもとに紹介します」[/aside]

3.サイトを買う側の事情

サイトを買う側もいろんな事情がありサイトを購入していますが、主には事業の拡大を目的としたサイトの購入が多く、ある程度成長しているサイトの場合は売上予測・事業予測が立てやすいという点がメリットとして挙げられます。

その他、サイトを買う側のその理由として主に以下の5つが挙げられます。

  1. 時間の短縮
  2. 集客力
  3. シェアの拡大・内容の充実
  4. 利益率アップ
  5. 投資目的

では、それぞれ確認していきます。

3-1.時間の短縮

ネットは参入障壁が低く新しいビジネスに参入しやすいため、今までネットと無関係のビジネスを行ってきた企業が集客アップを狙うなど、既存のビジネスとの相乗効果を見込んでサイトを立ち上げるケースが増えています。

しかし、実際にはサイトを立ち上げて収益を安定して上げるまでには一定以上の時間がかかり、新規で立ち上げるノウハウがある人材を確保しなければいけません。

サイトは実際に立ち上がって安定してしまえばそれほどエネルギーは必要としませんが、新規で立ち上げるとなるとものすごくエネルギーが必要になります。

そこで、すでに立ち上がってある程度収益が上がっているサイトを購入して自社のサイトとして運用すれば、立ち上げに必要なエネルギーと時間を縮小することができます。

このように「時間を買う」ということが、サイトを買う側の大きなメリットになっています。

3-2.検索からの集客力

ネットを使ったビジネスを行うときに、検索から安定した集客ができるかどうか、という点は大きなポイントになりますが、検索結果で上位表示させるための対策(SEO対策)をうまくできないために、なかなか集客ができずに悩んでいる企業も多いです。

基本的にユーザーは検索結果の10位以降、つまり2ページ目以降は見に行かないという調査結果もあるので、せめて検索結果で1ページ目に来るようにSEO対策をしたいところですが、SEO対策を外部に依頼するとなるとそのための費用もかかってしまいます。

そこで、自社でSEO対策を行うのではなくて、すでにSEOが高い関連サイトを購入してしまえば、自社のサービスや商品のリンクを貼って検索からのアクセスを誘導することができます。

3-3.シェアの拡大・内容の充実

自社サイトでも検索上位表示されていて、ある程度の収益を生み出せているが、同時に同じくらいの集客力を持っているライバルサイトがある、ということはネットの世界ではよくありますし、ネットに限らずビジネスシーンではありがちな話です。

そこで、ライバル企業のサイトを購入してしまい、自社サイトに統合して一緒に運営してしまう戦略も考えらえて、そのニーズも高いです。

ライバル会社のサイトを購入することで、その効果は実は単純の足し算になるわけではなくて、コンテンツの充実、ページビューの増加、会員数の増加などが掛け算的に作用して指数級数的にアクセスが伸びていく傾向があります。

そして、一番のメリットとしては、ライバルサイトがいなくなることによって、さらに大きなシェアが獲得できるようになります。

3-4.利益率アップ

企業全体で考えたときに、本業で業績が上がらなくても副業で利益を上げている企業も少なくありません。このように、副業で安定した収益を生むために、アフィリエイトサイトなどを購入して運用することで、自社の売り上げを上げることができます。

サイトの売却側として、事業を集中させるためにサイトを売るというケースはありましたが、こちらは逆にサイトを購入してキャッシュポイントを増やしていくというケースになります。

3-5.投資目的

投資目的でサイトを購入する企業も増えているようです。自社のビジネスにあまり関係なくても、安く購入できるサイトがあれば、購入後は自社でサイトを育てていきサイトの価値を高めてから他社に売って、売却益を得ることが可能になります。

これから成長が見込めるジャンルのサイトは投資目的のサイト購入に適しています。

4.サイトの価値はどのように決まるのか?

サイトの価値を判断するのは難しく、不動産のように判断基準が決まっていません。その中でも、サイトの価値を決めるための重要な指標が主に5つあると言われています。

  1. 利益
  2. アクセス数
  3. 会員・メルマガ登録数
  4. SEO関連
  5. 客単価(ECサイトの場合)

サイト売買の仲介業者は、これらの指標を綿密にチェックしてサイトの価値を決めていきます。

4-1.利益

サイトを買う側にとって一番気になるのは「このサイトでどのくらいの利益を上げることができるのか?」ということでしょう。

利益は純粋に売上だけを見ても判断ができず、サイトの種類によっては経費がかかっているものもあります。ECサイトのように在庫を必要とするサイトの場合は、ネット以外の経費がかかってくることがあります。

売上と経費の両面をチェックして、これを自社に置き換えた場合は利益がどのくらい残るのかを考える必要があります。

4-2.アクセス数

アクセス数の判断には「PV(ページビュー)」と「UU(ユニークユーザー)」をチェックします。PVが多ければその分潜在的な顧客が多いと判断することができますが、さらにUUも合せてチェックするとより深く潜在顧客がどのくらいいるのか、判断ができるようになります。

4-3.会員・メルマガ登録数

サイトのアクセス数がそれほど高くなくても、会員数やメルマガ登録者数が多いサイトは、直接顧客に情報を届けることができるので、集客力が高いと判断されて価値が高くなることがあります。

4-4.SEO関連

近年ではコンテンツマーケティングなどのSEOを高い基準で施しているサイトがありますが、そのようなサイトは価値も高くなっています。

また、PVやUUの数字だけを見たらアクセスが少ないサイトでも特定のジャンルに特化していてSEO効果が高いサイトは高値で売買されることがあります。

4-5.客単価・クリック単価

ECサイトの場合は、客単価が高いほど高収益が見込めるので評価も高くなります。また、アフィリエイトなどでクリック単価が高いサイトも高収益が見込めて評価が高くなります。

関連記事:サイトの価格はどのように決まるのか?

5.評価が高く、価値がつきやすいサイトとは

上にあげたサイトの価値を決める5つの基準で評価が良いものが「価値が高いサイト」と査定されるわけですが、それとは別に「これは意外と高い評価がつく!」という基準があります。

その判断基準は「将来性」「独自性」などの直接数値では計れない部分で、付加価値として評価されます。

例えば、現在はSEOでも評価されなかったり人気がないサイトだとしても、実は知らない間に流行を先取りしていて将来的に人気が生まれそうなサイトだったり、他に誰も真似できないような独自性があるサイトで、一定層にはとても価値のあるサイトだったりすると、価値が上がることがあります。

しかし、これらのは専門家にしか評価できない項目なので、もしサイトを売る側だとしたら意外な点を評価してもらえることもあるので、専門家に査定してもらうと良いでしょう。

また、その他にもいくつか意外と評価されやすいサイトがあるので、紹介していきます。共通点は「伸び代」です。

5-1.記事の内容は良いが、サイトのデザインが良くない

記事の内容は良いけど、デザインが良くないために売り上げが最適化されていないサイトは、専門家がデザイン設計をするだけで収益性が伸びていく可能性があるので、付加価値になる場合があります。

5-2.レスポンシブ(スマホ)対応していない

サイトのデザイン性と関連していますが、スマホが発達してきた現代においてネットを閲覧するときにデスクトップよりもスマホを使うという人が多いため、スマホ対応が不十分な場合は改善するだけでサイトの収益性が伸びる可能性があります。

ただ、サイトによってはスマホ対応するためには別途大きな費用がかかったり、再構築し直さなければいけない場合もあり、そういった場合は付加価値になりにくいこともあります。

5-3.検索上位表示が目前まで来ている

中小企業や個人がやっているサイトで、更新頻度は高くコンテンツの内容は良いがSEO対策を万全に行うことができないということも良くあり、検索上位表示が目前というコンテンツがたくさんある場合、専門家が改善をしていけばSEO順位がすぐに上がることもあります。

すぐに順位が上がりそうなコンテンツが多い場合は、買い取り後に改善をすれば収益性も伸びる可能性があります。

6.価値がつきにくいサイトとは

一方で、現状では収益が上がっているが実際に売るときには価値が低くなってしまうサイトもあるので、紹介します。

6-1.悪質なSEO対策をしている

いわゆる「ブラックハット」と言われる悪質なSEO対策によって検索順位が上がっているサイトは、Googleのペナルティの対象になってしまうので、価値がつきません。

Googleのアルゴリズムは日々改良を重ねており、悪質なSEOを行っているサイトは現状で集客ができていても、いつペナルティを受けて集客ができなくなるかわからないので、リスクが非常に高いです。

注意していただきたいのは、サイトの運営主が自分がやっているSEOが悪質であると知らずに運営を行っている場合と、サイトを買おうと思っている方がSEO関連の知識がなくて悪質なサイトを見抜けない場合です。

もしSEO関連の知識がなくて売買する際は専門家に仲介してもらうことも重要になります。

6-2.無料ブログ

無料ブログで運営しているサイトは、基本的に個人のものではないので売却ができません。無料ブログのサービスを提供している会社の方針によってブログが閉鎖することもあるなど、自分では管理できない部分があることを十分に理解しておきましょう。

6-3.1つのキーワードでしか集客できていない

検索エンジンからのサイトの集客が成功している場合でも、一つのキーワードでしか集客ができていない場合は検索エンジンのアルゴリズムの変化によって順位が変動して、検索順位が下がってしまい収益性も下がってしまいます。

このように1つのキーワードでしか集客ができていない場合は、価値が少し下がってしまうことがあります。

ただ、正当なSEO対策による検索上位表示であれば、アルゴリズムの変化に影響されにくいので価値が下がってしまうことは少ないです。

6-4.個人のキャラで成り立っているサイト

個人のキャラで成り立っているサイトは、その個人の価値観が大きく影響しているので、売買後に運営者が変わってしまうとサイトの価値観や発信内容が変わってしまい、今まで上がっていた収益を保てなくなる場合があります。

そのため、価値がつきにくくなってしまうことがあります。

[aside type=”normal”]もちろん中には個人で運営しているブログを売買したいという方もいます。個人のブログに値段が付く条件を「個人が運営するブログに値段がつく条件」こちらの記事にまとめました。[/aside]

7.サイト売買の相場

サイト売買の相場は、基本的にはそのサイトの収益の12~24ヶ月分という目安はありますが、これも一つの指標に過ぎず、必ずしもすべてのサイトがこの基準に当てはまるということではありません。

このような相場感になっている背景には「1年で回収できるかどうか」という基準があるようです。

また、そもそも収益を上げていないけどSEO評価が高いサイトがあります。例えば、個人が趣味でやっていて収益を上げることを考えていなかったなどのサイトです。

その場合は収益からサイトの価値を決めるのではなくて、先ほど紹介したアクセス数や会員数、SEO順位などで価値を算出していきます。

値段の幅も様々で、安いサイトであれば数万円から、高いサイトになれば数千万円もの値がつくサイトもあります。

[aside type=”normal”]サイトの価格は一概に売上だけで決めることができず、あらゆる条件も考慮して実際の売却価格が決まります。サイト売買の相場については「サイト売買の相場とサイトの価格を決める基準」こちらの記事で詳しく解説しています。[/aside]

8.サイト売買の注意点

このサイト売買というと人があまり介さないイメージがあるかもしれませんが、売買に関わっているのは「人」であるということを忘れないでください。

売る側も買う側もお互いの人間性が良くて交渉がスムーズに進めば、売買の契約も問題なく締結できますが、売る側が嘘のサイト情報を開示したり、買う側も最初から買う気がないのにサイト情報の提供を求めたりするなど、モラルに欠けると交渉もスムーズに進まず無駄な時間だけが過ぎてしまいかねません。

交渉が進まない程度ならまだしも、だまされてしまうこともあります。

そのようなことがないように、サイト売買を仲介する業者がありますが、それでもサイトを売買する当事者も注意点を把握しておく必要があると言えるでしょう。

では、どのような点に注意すればいいのか、解説していきます。

8-1.嘘の情報を提供しない

サイトを少しでも高く売ろうとしてアクセス数やPV、アフィリエイトの収入額などを盛って提示したくなるかもしれませんが、基本的にサイトの買収の前にGoogleアナリティクスやASP管理画面からチェックを行います。

最初に提示した情報を大きく異なる場合は、交渉が決裂します。もし売却ができたとしても売却後に嘘が発覚した場合に訴訟などの問題になりかねません。企業の信用問題にも繋がるので嘘は絶対にやめましょう。

8−2.買い戻しの契約はつけない

売却側は契約書の中に「買い戻し契約」をつけてはいけません。

「買収〇〇ヶ月以内に〇〇〇の要因により想定の収益が見込めなかった場合、売却側は買い戻さなければならない」

契約書の中にこのような項目が入っている場合がありますが、売る側にとってはメリットは一つもなく不利な条件になってしまい、買う側にとってはノーリスクの条件です。

8−3.数字では見えないリスクに気をつける

収益やアクセス数などの表面的な数字は良いように見えても、目に見えないリスクがある場合があるので買う側は注意しなければいけません。

関連記事:サイト売買に潜んでいるリスクと回避するための方法

8−4.ネットリテラシーがない人は購入しない

サイト売却情報を見たり話だけを聞いて、収益も上がっており虚偽の報告もなくて良いサイトと判断しても、実際にサイトを運営するとなったときに、専門的な知識が必要になったりすることもあります。

例えば、ネットに詳しい売却側にとっては、サイト運営が簡単にできてしまうため「更新は簡単にできます」と言われても、簡単の基準が素人にとっては「難しい」こともあります。

ネットに強い人にサポートしてもらえる態勢が整っているならば良いですが、そうでない場合は、せっかく良いサイトを購入しても収益を最大化できないともったいないので、ネットリテラシーがない人は個人の独断で購入しないほうが良いかもしれません。

最後に サイト売買でネットの悩みが解決する

日々テクノロジーが発展していく中で、ユーザーのネットの使い方がさらに多様化していきます。

それに伴ってネットを使って集客をする企業側にとっては悩みが増えてくることも多くなりますが、サイト売買によって課題が解決できることもあります。

サイト売買という手段は、売り手にとってはまとまったキャッシュを手にいれることができ、買い手にとってはすでに稼働しているサイトを自社サイトとして運営できるので、そのメリットはお互いに大きく、お互いにとってWin-Winになります。

あなたのビジネスの中でサイト売買を行うことによって解決することがあるかもしれません。ぜひサイトを売買するという手段を検討してみてはいかがでしょうか。