ネット集客初心者用!Webマーケティングを目指すネット広告7種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
eafabdbc44d4cc462c7f782cfee1942d_m

 

インターネット広告は毎年大きな成長を遂げています。

ネット広告での集客は費用対効果も高いことから
今後もますます伸びていくと思われます。

どんな種類のネット広告があるのか、
その内容など概要をおさえておきましょう。

1.広告媒体

広告業は全体で6兆円ほどの規模です。

4媒体広告(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ)全体で34.3%を占める中、
インターネット広告は9.5%となっています。
(経済産業省特定サービス産業動態統計調査2016年1月分)

他の媒体と比べ、ネット広告は目の前のモニタや画面で能動的に使用されます。

さらに、特定の見込み顧客へとターゲットを絞ることも可能です。

また、今後はスマートフォンでの広告もますます成長していくことが予想されています。

 

2.ネット広告の種類

ネット広告は、ニーズがある見込み客にリーチすることができます。

また、どんなキーワードで検索したのか、
広告費に対するアクションなども確認できますので改善なども比較的容易です。

それぞれの製品やサービスに対して、
どんな広告をどのように打ち出せばいいのかは違ってきます。

また改善していく流れも準備しておくことで効率よくネット広告を活用できるでしょう。

 

2-1 純広告

認知度を上げる目的の広告で、Webサイト上に画像などを用いて表示されます。

色々な媒体で広告枠が販売されていますが、
PVが多いサイトで広告を出すと効果がアップします。

PVが多い有名サイトでは料金も高くなります。

また効果が見えにくいという特徴もあります。

PV(ページビュー)=サイトに訪れた人が見た総ページ数

 

2-2 リスティング広告

Googleやyahooなど検索サイトの
結果ページに掲載される広告がリスティング広告です。

クリックされると課金となるので低コストで始めることが可能です。

また、キーワード検索で表示される広告なので、
ニーズのあるユーザーに訴えることができます。

費用対効果も管理できるのでコンバージョンが取れるキーワードを
強化するなど対策も取りやすいのが特徴です。

 

2-3 ディスプレイネットワーク広告

Googleやyahooの媒体でブログや様々なコンテンツページなどに
表示されるのがディスプレイネットワーク広告です。

サイトの内容と広告原稿設定があっているサイトに表示されるなど、
特定の内容に対し興味を持っているユーザーに配信することが可能です。

例えば美容の広告なら美容関連のページを指定して広告を配信することができます。

指定したトピックの広告枠や、あるキーワードに興味がある
ユーザーに広告を配信したりすることなども可能です。

リスティング広告と同様、クリック課金です。

 

2-4 アフェリエイト広告

アフィリエイト広告は、商品の購入やサービスへの申し込みといった、
成果に応じて費用が発生する成果報酬型広告です。

アフィリエイトプロバイダー(Googleアドセンス、A8.net、バリューコマースなど)と契約し、
個人や法人のサイト、ブログなどに広告主のリンクを貼るもので、
費用対効果も高く効率よく顧客を増やすことができます。

アマゾンや楽天などの企業は自社で
アフィリエイトプログラムを構築し提供しています。

また最近では、アフィリエイトの広告収入を目的としたブログも増えています。

成功しているブログではサラリーマンの平均年収を超える収入を、
アフィリエイトで稼いでいるブロガーさんもいらっしゃいます。

そうしたブログは読者やPVも多いため効果が大きくなります。

 

2-5 SNS広告

・Facebook

Facebook Japanが今月発表したところによると、
Facebookの国内月間アクティブユーザー数(月に1回以上アクセスしたユーザー数の合計)は、2500万人でした。

こちらの発表ではまた、動画とモバイルが今後キーになるというコメントもありました。

Facebookのコメント

Facebookのサイドバーやニュースフィードに表示される広告です。

ターゲットを細かく設定して広告を掲載したり、
アプリのインストールを促す広告をタイムラインに出したり、
イベント告知、ブランド認知度アップなどが期待できます。

 

・twitter

Twitter Japanが発表したところによると、
国内での月間アクティブユーザー数は3500万人でした。

4人に1人がツイッターを使っているという計算になります。

Twitterによる2015年12月時点の発表

指定したターゲットユーザーに画像やビデオ、イベント、セールなどを配信するプロモツイート、ホーム画面左のトレンドエリアにキーワードを表示させるプロモトレンド、ユーザーに広告アカウントをフォローしてもらうプロモアカウントなどがあります。

拡散しやすい媒体のため、ユーザーの関心や興味をひき、
口コミなどを拡げて効果を上げることができます。

 

・LINE@

LINE株式会社が発表したところによると、
LINEの国内での月間アクティブユーザー数は2200万人を突破したとのことです。

LINEによる2015年12月時点の発表

コミュニケーションツールのLINEで、情報発信やビジネスに使えるのがLINE@です。

また普段使いのLINEで、距離を縮めながら、気軽に様々な層へと情報を発信できます。

「他のSNSは使っていないけれどLINEだけは使っている」
という場合もあり情報発信の幅を広げることが可能です。

 

2-6 メール広告

電子メール機能を利用して、広告文を配信するのがメール広告です。

メール記事の中に広告文を掲載するコンテンツメール、
全文広告のメールを配信するDMがあります。

メール広告は積極的に見込み客にアプローチすることができます。

情報の告知ができるため潜在的な顧客の行動を促すことができます。

豊富なフォントや画像が利用できるHTMLで書かれたもの、
動画を貼ったりリンクURLを貼ったりしているものなど、
多様なメール広告でアピールすることができます。

 

・ダイレクトメール

顧客から得たアドレスに、さらに商品やサービスの購入を促すメールを送ります。

・ターゲティング広告

年齢や興味、年収、性別などの条件や属性から、最適なユーザーにメールを配信します。

・メールマガジン広告

発行されるメールマガジンに数行の広告を掲載するものです。

どのような情報を扱っているメールマガジンであるかによって、
ユーザーの興味などを絞り込んで広告を配信することができます。

メールマガジン自体が広告という場合もあります。

2-7 動画広告

認知度や記憶度、また商品購入率の観点からも注目を集めているのが動画広告です。

YouTubeやニコニコ動画、Amebaムービーなどがあります。

広告料金は、動画を全て視聴したとき、
もしくは動画がクリックされた時などに発生します。

近年、若者のインターネット利用時間がテレビ視聴時間よりも長くなっていることもあり、
動画広告市場は伸びていくと予想されます。

動画であるため、認知度や理解度も高く、費用対効果も計測できます。

また最近では、PCよりモバイルが主力となってきています。

移動中やベッドの中でも利用できるため効果が高く、
今後さらにモバイル動画広告が特に成長していくと予想されています。

まとめ

ネット広告は多様化しています。

ユーザーのしぼりこみや、効果を計測して改善がしやすいこと、
認知から誘導、購入へとすべてネット上でできるといったことから、
上手に利用すると高い効果が得られます。

とにかくネット広告を何でも打ち出すのではなく、
どういった顧客にアピールしていくのか、
どのネット広告が自社商品やサービスに効果的なのかを
明確にすることが重要になってきます。

広告費に見合う収益をあげられるように、
コンバージョン率を高めていくのがネット広告成功のポイントです。

いきなり広告費をかけるのではなく、
自分の商品がどの広告媒体にあっているのか、
サイトやキャッチの効果はどうなのか、
小さくテストしていくことが重要です。

また、
ビジネスの全体構造としてフロント商品、
アップセル、バックエンド商品など、
収益の上がるビジネスになるかを構築する必要があります。

ひとつの商品で広告費を回収しようとするのは
かなり無理のある価格設定になったりして
どこかに無理が生じます。

お客様のためになるように
価格と商品内容を検討してください。

広告費が赤字でもいいから多くの人に知ってもらい
ファンを増やすことを考えたり、
手に入る信頼を生かす構造を考えると良いです。

 


あわせて読みたい


売れる商品のアイディアを具現化する「起業家の無料通信講座 サンデービジネス4」

ネットでの軽い悪口が「中傷」になり「罪」になり逮捕される

何が名誉毀損に当たるのか?民事事件での判例と裁判までの流れ

pc遠隔操作や乗っ取りはどこまで追えるのか?Tor解読はできるのか?

千円で出来る!信用情報の開示で金融機関からの信用度を見る

seo詐欺の相談が急上昇!依頼前にしっかり勉強して対策を

マーケティングリサーチの種類と市場調査会社の選び方

seoの歴史と変動を詳しく。コンテンツseoの成果とは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料で出来る簡単サジェスト削除マニュアル

こちらから無料でサジェストが削除できる
簡単マニュアルをダウンロードできます。

業者に頼むと1キーワード1万円〜の費用が
掛かってしまいます。

しかしこのマニュアルを読めば
自分で簡単にサジェスト削除申請ができます。

メール出来るパソコンスキルがあれば
10分程度で削除申請が完了します。

これからのサジェスト申請は自分で無料でやりましょう。

注意:有益なサジェスト、実害のないサジェストは申請しても削除できません。


マニュアルをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA