Twitterに自分の悪口を見つけたときの対策法

「個人が特定できる情報と一緒に悪口を書かれた」
「友だちに『ツイッターにあなたの悪口があった』と言われた」「ツイッターに悪口を書かれ子どもが登校拒否になり困っている」…

匿名であることをいいことに他人をおとしめるような投稿をし、それが大きな問題となることがあるソーシャルネットワーク(SNS)。中でもツイッターは、他のSNSに比べ10代20代の利用率が高く、問題が顕著になる傾向があります。

しかし、ツイッターは本当に完全匿名なのでしょうか?実は、発言を遡ることで投稿主が特定できる場合が多いのです。

また2013年には、「詐欺師」と中傷された男性がツイッター社に情報開示を求めて行った仮処分申請が東京地裁に認められています。

つまり、匿名だと思われているツイッターも情報開示を求めれば認められることもあり、完全に匿名だとは言えないということです。

しかし、この事実を認識している人はまだ一部であり未だに多くの人が「ツイッターは匿名」だと勘違いし、「バレないだろう」との浅はかな考えで他人の悪口を投稿する人が後を絶ちません。

では、もしツイッターで自分の悪口を見つけたら…あって欲しくないことですが、正しい対処法を知っていれば慌てずに対応できるはずです。

そして、正しい知識を持っていることがSNSを上手に使うコツでもあります。このページでは、ツイッターの特徴と悪口を書かれたときの対処法をまとめています

zikeidancta

1.悪口…その時ツイッター社の対応は?

自分の悪口をツイッターで見つけ、それが根も葉もないデタラメだったら…誰かに相談してもきっと多くの人が「気にしなければいい」と言うことでしょう。

しかし本人は心中穏やかではありませんし、いわれのない悪口に憤ることと思います。

では、そのような投稿を見つけ、アカウント削除などをツイッター社に申し込んだ場合、どのような対応をしてもらえるのでしょうか?

ツイッターのヘルプでは、

許せないような物事や望ましくないコミュニケーションはインターネットのありとあらゆる場所で起きています。こうした言動が常にオンライン上の嫌がらせに該当するわけではありません。嫌な感じのする@返信を見た場合や受け取った場合は、そのユーザーのフォローを解除し、すべてのコミュニケーションを中止することをおすすめします。 

不愉快な行為が続く場合は、そのユーザーをブロックしてください。ブロックすると、そのユーザーはあなたをフォローできなくなり、自分のプロフィールページやタイムラインであなたのプロフィール画像を見られなくなります。また、そのユーザーの@返信や@ツイートはあなたの [@つながり] タブに表示されなくなります (ただし、検索結果にはブロックした相手のツイートが表示される場合があります)。

[引用:ツイッターヘルプセンター]

とあり「危険を感じたとき」でなければ、特別な措置はなかなか取ってもらえないようです。ただし今後の展開を考え、通報だけでもしておく方がいいでしょう。

迷惑行為に対し『通報という行動を起こした』という事実は、のちのち有利な証拠として残るからです。

もちろん、先の事例のように正式な手続きを取って法的手段に訴えれば、情報開示などの措置は取ってもらえます。

2.悪口を書かれたときの対処

個人を特定できる情報とともに悪口を書いた場合、これは立派な侮辱罪や名誉棄損にあたります。

しかし書かれた人の多くが寝入りすることから、罪として成立したケースはあまりありません。

このことが嫌がらせなどを助長させる結果となっているわけですが、もし自分の悪口を見つけた場合はまず、速やかにヘルプセンター通りの処理を行いましょう。

また、ヘルプには書かれていませんが、ツイッターには『ミュート』という機能がありますので、これを活用するのもいいでしょう。ミュート機能は「フォローを外れないが、タイムラインにツイートが流れてこなくなる」という機能です。

またエゴサーチをしないことを徹底し、精神の安定を図ることも大切です。『エゴサーチ』とは自分で自分の評判を検索することです。

一般的に『炎上』と呼ばれるSNSでの負の連鎖は、書かれた投稿に対し反論したことによるものも多いのです。感情的になり過剰に反応しては火に油を注ぐだけです。

まずは「ミュート機能を使う」などの対策をして、事態を静観することを心がけましょう。

3.泣き寝入りしないための対処法

所定の処理を行っても悪口が続く場合、またその投稿によって精神的なダメージを受けたり著しく損害を被るような場合には、何らかの手立てを講じる必要があります。

その前に、ひとつ覚えておきたいことがあります。ツイッターは多くの人がニックネームを使い、匿名性が高いと思われているSNSです。

しかし実は高い確率で投稿主を特定することができます。ツイッター特有の機能であるフォローや過去のツイートなどが『足跡』となり、個人を特定できるだけの証拠になるのです。

いくらニックネームであってもSNS上で何らかの活動を行っている限り匿名性は高くないということです。

このことを十分に理解し、投稿には責任を持つことが大切です。この事実がもっと広く認知されていけば、卑劣な悪口などの行為も減少していくことと思います。

もし、不当な悪口を投稿され、それによる被害が甚大な場合は専門家に相談するのが一番です。身に危険を感じるような時はすぐに警察に相談してください。

特に危険を感じる場合でないときは、弁護士などに相談するのもよいですが手数料なども気になるところです。

そんな時は、まず公的機関である法務省の人権相談窓口に相談するのもいいでしょう。

法務省-人権相談
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html

また、各自治体でも相談窓口を設けているところがありますからそちらへの相談もいいですね。とにかく、自分一人で解決しようとせず、周囲に相談することが大切です。

4.まとめ

先ほども述べたように、SNSは匿名とはいってもリアルの場より公共性の高いところです。大切なのは、そのことをよく理解し、自分の発言には注意し、不必要な誤解を招かないこと。

そして不当な悪口や中傷を受けた時は、正しい方法で冷静に対応すること。

精神的ダメージを受けるような場合は自分一人で解決しようとせず、必ず公的機関や信頼のおける人に相談すること。

無駄に恐れることなく、上手にSNSを使っていきたいですね。

 


あわせて読みたい


自分でできる誹謗中傷サイト削除10の方法

サジェスト削除についてまとめ

サイト別に行う誹謗中傷削除まとめ

実は身近な存在!ハッカーとは一体何者なのか詳しく

ネット中傷の訴訟費用は? 弁護士費用比較まとめ

SNSでもうっかり流出?押さえておきたい個人の情報漏洩4つのポイント

10秒で自分のアドレスを確認する方法と情報流出確認の仕方

2ちゃんねるで掲示板検索して自分の名前がないかしらべる手順