サジェスト削除についてまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
54ccd0dacf99b7e8a9f4c2b39482a654_m

 

サジェストというのをご存知でしょうか?

 

グーグルで検索をする時に
入力したキーワードに続いて表示される語句のことを
グーグルサジェストと呼んでいます。

 

ヤフーでも同じように表示がされますが、
ヤフーでは関連検索ワードと呼ばれています。

 

同じものと思われていることが多いのですが、
実際には違いがあります。

 

どのような違いがあるかについては
本文で説明いたします。

 

 

目次

  1. サジェスト機能、グーグルとヤフーの違い
  2. サジェストを自分で削除するには
  3. サジェスト削除業者の対応方法
  4. 自作自演?悪質な業者が存在する
  5. まとめ

 

 

1.サジェスト機能、グーグルとヤフーの違い

 

先ほど、ヤフーでは関連検索ワードと呼ばれ、
グーグルではサジェストと呼ばれると説明しましたが、
言葉尻にとらわれるとややこやしくなるので
ここではどちらもサジェストと呼ばせて頂きます。

 

ヤフーの場合のサジェスト(関連検索ワード)は、
単純に検索が多い単語が表示されます。

 

グーグルの場合は、検索数も考慮されますが、
実際にWEB上にある単語が表示されます。

 

わかりやすく言うと
ヤフーの場合はWEB上の情報があるなしに関わらず、
検索数が多ければ表示がされる
ということです。

 

一方、グーグルの場合は、例え検索数が多くても
そのキーワードがWEB上にない場合は表示されない
ということです。

 

つまり、ヤフーの場合は元になるサイトがなくても
サジェスト(関連検索ワード)が表示されることになるので、
サジェストの操作がやりやすいということになります。

 

逆にグーグルの場合は、WEB上に情報があることが必要なので、
そのキーワードを含んだサイトを作らないと操作ができない
ということになります。

 

ちなみにグーグルが対象としているWEB上のデータは、
ブログだけでなく、フェイスブックやツイッターなどの
SNSも対象となっていると言われています。

 

グーグルは何を元にしているのか、公表していないので、
実際のところはグーグル以外には知りようがないというのが実情です。

 

もちろん、ヤフーとグーグルの違いはこれだけではありません。

 

ヤフーの場合は、サジェスト(関連検索ワード)に
時事ネタの情報が入ったりなど違いがあります。

 

もっと詳しく違いが知りたいという方は
下記の記事を見て頂くとわかりやすいと思いますので
参考にしていただけますと幸いです。

 

風評被害は「関連検索」によって広まっている!?

 

こちらのページでは、

1.関連検索ワードがどんなものか具体的にわかります。

2.関連検索ワードは単に入力の手間を省くだけはない便利な点がわかります。

3.YahooとGoogleの予測検索ワードの違いが具体的にわかります。

4.関連検索ワードによって起こる風評被害の仕組みがわかります。

参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

2.サジェストを自分で削除するには

 

一刻でも早く消してしまいたい
サジェストの中のネガティブワードを消す方法について
具体的にお知らせしていきます。

 

まず、グーグルについて説明します。

 

グーグルが対応するのは、下記の3つの場合だけとなっています。

 

①Googleのガイドラインに反している

②法を犯している

③ページの所有者が削除リクエストを出した

 

この3つのうちのどれかに当てはまらない限り
削除してもらうことは非常に難しいです。

 

実際問題として、ページの所有者に依頼をして
グーグルに削除リクエストを出してもらうのは、
無理とは言えませんが難しいと思います。

 

ページがひとつであればまだ良いですが、
ひとつのページの単語がサジェストに
影響を及ぼしているとは考えにくいので、

 

かなりの数のページ管理者に個別に依頼をすることになります。

 

ページ管理者を調べるだけでも、手間が掛かる作業ですので
こちらから働きかけて削除依頼をするのは
ほぼ無理と考えた方が良さそうです。

 

 

①Googleのガイドラインに反している

②法を犯している

このふたつに関しては、グーグルにリクエストを送って
グーグルが妥当だと判断すればそれで解決します。

 

殺人とか詐欺といった強い単語の際は(それが事実無根でれば)
特に迅速に動いてくれるようです。

 

ヤフーでは、問題となる検索結果に関する情報提供フォーム
から申請を行うことができます。

 

ヤフーの場合も、グーグルと同様に基準があります。

 

ただ、削除リクエストを送ったとしても、
返事が返ってくる訳ではないという問題もあります。

 

通常、サジェストから削除されるには、
早くても1週間、長い場合には1ヶ月以上掛かる場合もあるようです。

 

削除されるか1ヶ月以上経ってもそのままとなるまで、
受理されたのかそれとも却下されたのか
判断することができません。

 

 

詳しくは、こちらのサイトを確認してください。

 

Yahoo!とGoogleのネガティブサジェストを削除する方法まとめ

 

こちらのページでは、

1.サジェスト機能について具体的に説明をしています。

2.Yahoo!とGoogleのサジェスト機能のシステム面の違いをお知らせしています。

3.Yahoo!のサジェスト機能で表示されたネガティブキーワードを削除する
3つの方法をお知らせしています。

1 検索エンジンに抗議して表示させなくする

2 SEO業者の関連検索削除サービスを利用する

3 他のポジティブな情報をうまく出して状況を逆に利用する

参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

返事がない中、いつ削除してくれるだろう
今日かな、明日かなとずっと待ち続けるのは辛いですよね。

 

そんな時は費用を掛かりますが、
サジェストの削除をしてくれる業者に
依頼するのが良いかもしれません。

 

 

3.サジェスト削除業者の対応方法

 

サジェスト削除業者がどんな方法で削除をしていくのか
いくつかお知らせしていきます。

 

ただ、先にお断りしておきますが、
悪用を防ぐ為にここには書けないような内容もありますので、
これがすべてだと言う訳ではありません。

 

また、同様に最適の方法だとも言えません。

 

こんな方法もあるのだなと
参考例として捉えて頂ければと思います。

 

一般的な業者の使う方法は至ってシンプルです。

 

ツールを使って他のキーワードで検索しまくる
これが一番多いと思います。

 

サジェストの表示数は、
ヤフーの場合は10個まで、グーグルの場合は8個までと
決まっています。

 

そこで問題となるキーワードがはじき出されるまで
他のキーワードで検索を続けるという方法です。

 

時間さえ掛ければ、個人でもできそうですが、
手作業で行うのは無理があると思います。

 

特にグーグルの場合は、
キーワードを含んだページを大量に作らなければなりません。

 

これは単に検索するよりもずっと手間が掛かるので
個人で対処する方法としては無理があります。

 

それに、ヤフーにしてもグーグルにしても
サジェストを操作するのはガイドラインに反する行為となります。

 

ある意味スパム行為にあたることですので、
何らかのペナルティを課せられる可能性もあります。

 

ヤフーでは、「関連検索ワード」に関して次のように明示しています。

 

本機能を、SEOやいやがらせ等の目的で利用する行為は禁止しています。
そのような行為を発見した際には、なんらかの措置をとる場合があります。

 

ネガティブワードを消すのは、
嫌がらせ目的ではないと思いますが、
サジェストを操作する行為であるのは間違いないので
制裁の対象となる可能性が否定できません。

 

もちろん、問題のない方法をとる業者もありますので、
業者選びは慎重にしてされることをオススメします。

 

 

4.自作自演?悪質な業者が存在する

 

削除の方法とは異なりますが、
自作自演業者がいることがわかっているので
少しだけお話させて頂きます。

 

実際に弊社がお客様から相談をされて
対処した案件があります。

 

この為、実在の業者名もわかってはおりますが、
書き込みをすると罪になってしまいますので
今回は手口だけをお知らせいたします。

 

書ける範囲で手口のみをお伝えすることになりますが、
読んでいただければ被害を未然に防ぐことができると思います。

 

前章でお伝えした通り
サジェストにネガティブな表示が出た場合は
ヤフーなりグーグルなりに申請をだせば削除してもらえます。

 

ただ、削除してくれるのは、ネガティブなキーワードの中でも
インパクトの強いキーワードに限られます。

 

「詐欺」「殺人」「犯罪」などのキーワードで
且つ、事実と異なる場合のみです。

 

いくら強烈なキーワードでも事実の場合は
削除対象にはなりません。

 

 

「不安」「不信」などのあからさまではない
微妙なキーワードの場合は
削除対応してくれない場合がほとんどです。

 

自作自演業者はこのようなキーワードを使って
不安を煽ってきます。

 

 

弊社にご相談くださった3社とも同じ手口でした。

 

きっかけは相談者様からの連絡です。

 

自作自演業者はサジェストの削除依頼があると
根掘り葉掘り詳しく聞き取りをしてきます。

 

特にキーワードについて確認してきます。

 

そして詳しく調査しますと一旦別れた後、

 

数日後に、、、

 

「大変です、キーワードが増えています。
削除しないと大変ですよ。」

 

と電話が掛かってきます。

 

これが彼らのやり口です。

 

こうして数日間の間にネガティブワードが
仕込まれてしまいます。

 

このような業者に引っ掛からないようにするには、
相談の時に注意するしか方法がありません。

 

具体的にどうすれば良いかといと、

 

・具体的キーワードを伝えない

・対策内容を詳しく聞く

 

の2つです。

 

まず、どのような対策をしてくれるのかを
詳しく聞いてください。

 

できれば会って話をすることをオススメします。

 

特に相手の会社に行って様子を探ると良いと思います。

 

詐欺業者は社内が乱雑だったり、
従業員の態度が良くなかったりと
行けば怪しい点が見つかると思います。

 

人間的に信頼できない人には頼まない
というスタンスを持つことも良いと思います。

 

このあたりは詐欺師に引っ掛からないようにするのと同じですね。

 

 

詳しくはこちらのページに記載されていますので
参考にして頂ければと思います。

 

自作自演の疑いがあるサジェスト削除業者に注意

自作自演の疑いがあるサジェスト削除業者に注意

 

こちらのサイトでは、

1.サジェストを消す方法

2.自作自演業者の手口

3.優良業者を見つける方法

についての情報を知ることができます。

あなたが自作自演業者の手口を知って
騙されなくなることを祈っております。

 

 

5.まとめ

 

事実に反する強烈な単語「殺人」「詐欺」「脅迫」などは、
ヤフーやグーグルに申請すれば削除してもらえます。

 

お金を払って業者に頼んでも結果は変わりません。

 

それより弱い「不安」「不信」などの単語は
削除してもらえないかもしれませんが、
永遠に続くとは限りません。

 

サジェストの表示は、検索結果と少し性質が違うので
表示されたら削除しない限り永遠に続くというものではありません。

 

ネガティブワードが出てくるようになったら
居てもたってもいられず、心穏やかにとは行かないと思いますが、
少なくとも落ち着いて行動をして欲しいと思います。

 

強烈なワードの場合は、すぐに削除申請を出して
弱いワードの場合は、少し様子を見るというのもひとつの方法です。

 

 

もし、相談できる先がなくて不安だという場合は、
弊社にご相談頂ければ幸いです。

 

お気軽にご連絡ください。

 


あわせて読みたい


サイト別に行う誹謗中傷削除まとめ

実は身近な存在!ハッカーとは一体何者なのか詳しく

人為的ミスや油断で情報漏洩!対策の仕方一覧

多発している自動音声詐欺!実態と防衛策とは

2ちゃんねるに逆SEO対策をした例を見てみる | 逆SEO実例2

他社に聞いてみた!2ちゃんねるで風評を書かれた時の2つの対策法

本当に弁護士に「2ちゃんねる削除依頼」をするのが良いのか

楽天ブログで誹謗中傷をされた時の対処法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA