SEO業者の選び方を間違えるとHPの価値が “ゼロ” になる理由とは?

 

ホームページを検索上位にあげたいと思っているあなた、
SEOのやり方を間違えると、
あなたのサイトの価値は”ゼロ”になってしまいますよ。

 

一口にSEOといってもやり方は一通りではありません。

 

やり方を間違えると痛い目に会いますから、
SEO業者を選ぶ際には十分注意しましょう。

 

SEOの種類を簡単に説明し、
「何をしてはいけないのか」
「選んではいけないSEO業者」
についてお伝えします。

 

これからSEOを依頼する人も、
既にSEO業者に仕事を発注してしまった人も、
大損をする前にこのページの内容を読んでおいてくださいね!

 

 

目次

  1. 「内部、外部SEO」業者選びで注意する方は?
  2. 未だに消えない自作自演SEO業者
  3. ホームページの価値をゼロにされないためには?

 

 

zikeidancta

 

 

1.「内部、外部SEO」業者選びで注意する方は?

 

「内部SEO」とは?

 

Googleのロボットがあなたのホームページは何についての文章なのかそして何に関係があって何には関係のない文章なのか認識しやすくするためにする作業が内部SEOです。

 

これは、あなたのホームページのソースコードに手を加えて行います。

 

ソースコードとは、人間にとっては意味のよくわからない言葉ですが、ブラウザにページを正しく表示させるために記述されている文章のことです。

 

人間が見た時の見た目には同じサイトでも、Googleのロボットがアクセスしたときに、何についてのページか正しく認識してもらえる記述の仕方と、ロボットにとって何のページかわからない記述の仕方があります。

 

あなたのページのテーマを正しくロボットに認識してもらえないと、そのキーワードでの検索結果で上位に表示されません。

 

それを修正するのが内部SEOと呼ばれるものです。

 

 

「外部SEO」とは?

 

外部SEOというのは、あなたのホームページに外部のホームページからリンクを張って、検索上位に表示させようというものです。

 

SEO業者を選ぶときに注意が必要なのはこの外部SEOです。

 

あなたのホームページに色々な人のホームページから沢山リンクが付いている方が、「あなたのホームページは人気がある」とGoogleが判断するというのが基本的な考え方です。

ペンギン、パンダアップデートでは
ページランク概念がなくなったと言っていますが…

検索上位に表示させるためにこの判断アルゴリズムを悪用した方法があります。

 

面白くもなく、役にも立たず、だれも見たくないホームページでも、自分でたくさんのサイトを用意して、そこからリンクを貼れば、自作自演でそのページは人気があるという風に見せかけることができます。

過去はこのような手法がseo業者の常套手段でした。

利用者に価値のあるホームページを届けたいGoogleとしては、このような自作自演のホームページは排除したいと考えています。

 

ですから自作自演の手法で外部SEOを行うと、Googleの検索エンジンから嫌われます。

 

最悪の場合はGoogle の社員が人間の目で見て確認します。

 

そして明らかに不当だと分かれば、ペナルティを与え、ホームページが検索結果に表示されなくなります。

 

正しい外部SEOというのは、簡単に言えば「人気があるから自然にリンクが貼られる」というページをつくることです。

 

ですから、いいコンテンツがあるということが大前提です。

 

いいコンテンツというのは、文章の内容が面白いだけでなく、視覚的にも読みやすくわかりやすい必要があります。

 

あなたのホームページを読んでくれる人の気持ちになって改善していきましょう。

 

その上で、なるべく多くの人の目につくように、SNSのシェアボタンを準備しておき、拡散されやすいようにしておくとか、自分のページを更新したことをSNSでフォロワーにお知らせするという工夫をしましょう。

 

これはSEO業者ではなくあなた自身がやるべきことですね。

 

ただし、質の高いコンテンツ制作を専門のライターさんにお願いするという事はできます。

 

 

2.未だに消えない自作自演SEO業者

 

自作自演のページを作るということを行っているSEO業者は意外にも多いものです。

 

そういった業者は現在のGoogleのアルゴリズムに嫌われないように、上手に自作自演のサイトを作っています。

 

ですが、これはGoogleとのいたちごっこです。

 

Googleのアルゴリズムが進化すれば、その手法によって上位にあったページが表示されなくなります。

 

するとSEO業者は新しくなったアルゴリズムでもGoogleに嫌われないような新しい自作自演方法を編み出して、使うようになります。

 

しかしGoogleのアルゴリズムがどんどん進化していくので、最後には自作自演リンクによって検索順位が高かったようなページは淘汰されていくことでしょう。

 

端的に言うと、長期的にホームページに人を集めたいあなたはお金を払って外部リンクを買ってはイケナイいけないということです。

 

そして、もしもホームページに人を集めるのが短期的でよいのならば、広告を使えば良い話ですよね。

 

 

3.ホームページの価値をゼロにされないためには?

 

「ホームページの価値がゼロになる」なんて言うと、大げさだと思われるかもしれませんが、決して大げさではありません。

 

もしもあなたのホームページに訪れてくれる人が1人もいなかったら、そのホームページが存在しないのと一緒です。

 

Googleのペナルティによって検索結果の表示対象から外されてしまうと、

あなたのホームページに検索で訪れる人はいなくなります。

 

実際に、ペンギンアップデート・パンダアップデートと呼ばれる、Googleのアルゴリズムが大きく変更されたときには、自作自演と判定されてビジネスが成り立たなくなった人が大勢います。

 

あなたも目先の検索順位の上昇だけでなく長期的にお客さんに集まってもらえるホームページを作りたいのであれば、お金を払って外部リンクを買ってはいけません。

 

たとえ今はうまく行ったとしても、長期的にはサイトの価値を下げている事になります。

 

 

ところで、ここまではGoogleのことばかり書いてきましたね。

 

読んでくださっている方のなかには「Yahoo!もあるじゃないか」と思われる方もいらっしゃるだろうと思います。

 

実は、Yahoo! もGoogleの検索アルゴリズムを使用しているため、検索順位は大体同じになります。

 

ですからGoogleに好かれるようなサイト作りをするというのが、現在のホームページ作りの王道です。

 

そして、Googleに好かれるホームページというのは多くの人に好かれるホームページなのです。

 

SEO業者を選ぶときには、このページで紹介したように、お金でリンクを買ってはいけませんよということをはっきり教えてくれるSEO業者を選ぶようにしてください。

 

内容がないページでも検索上位にあげられますよと言う業者には近づかないほうがよいでしょう。

 


あわせて読みたい


今更聞けないTwitterで有名になる方法:初心者用

逆SEOとは? 5つの手段と悪徳業者の見分け方

必読!失敗しないSEO業者の選び方!

リスティングを頼む時に読む記事 |リスティング業者の選び方6選

マーケティングリサーチの種類と市場調査会社の選び方

ネット集客初心者用!Webマーケティングを目指すネット広告7種

誹謗中傷を無料で削除する方法まとめ 

「親戚が逮捕」「偶然名前が一緒」実際にあったネット中傷事例4つ

 

コメントを残す


CAPTCHA