逆SEO対策をしたサイトの検索順位変動をみてみる | 逆SEO実例1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

graph001

 

逆seoってどんなふうに効果がでるのか、問い合わせが増えています。

 

逆seoは大体の人が初めて行うと思いますので、簡単に伝えます。

 

検索順位をさげたいサイトの強さにもよりますが、

大体上のグラフのように動きます。

 

どのような理由で風評を広められたのか、

風評記事が表示されなくなったらどうなったのか、

お伝えしていきます。

zikeidancta

目次

  1. そもそも逆seoとは
  2. 不動産屋さまの事例
  3. アメブロに対する逆seo
  4. 2ちゃんねるに対する逆seo
  5. その他サイトに対する逆seo

 

1、そもそも逆seoとは

一般的に逆seoと言われる手法は「押し下げ手法」と言われます。

 

押し下げ手法とは、

対象となる風評サイトよりも

上位表示されるサイトを沢山つくり

順位を入れ替えてしまう手法です。

 

風評が書かれているサイトが

検索順位で3位だとします。

 

風評サイトより検索上位には2つしか

サイトがないということは解りますよね?

 

沢山ブログなどを作り、

3位、4位、5位、6位と

検索上位に表示されるようにします。

 

すると、

風評サイトの検索順位は押し下げられて

どんどん下がっていくという仕組みです。

 

問題は、

そんなに評価の高いサイトを

短い期間で沢山つくれるのか?

ということです。

 

seoがそんなに簡単に行えるのであれば

他のビジネスに生かした方がよいです。

 

さらに、

風評サイトが検索2ページ目までしか

順位を下げられなくて対策効果が薄かったり

することが多々あるようです。

 

たまに聞くのが、

押し下げ手法による自作自演がバレて

余計に炎上したという話です。

 

意味のないサイトや

内容の薄いサイトが沢山できたら

それは怪しくなりますから

誰でも「おかしいな」と気がつきます。

 

僕らは押し下げ手法は使いません。

 

対象となる風評サイトだけを検索表示されなくします。

 

手法はたぶん日本では唯一なので

お伝えできません。

 

ですが、

体感していただければ

本当だと理解できると思います。

 

手法がお伝えできないので

全額返金保障や1サイト無料サービスを

おこなって体験してもらっています。

 

本当に消したいサイトがあったら相談してください。

 

2、不動産屋さまの事例

上部のグラフは不動産屋をいとなむMさまの事例です。

 

僕らは相談をうけると必ず相談者の会社にいきます。

 

そこで詳しくヒアリングしながら

本当に風評なのかを見極めます。

 

お客様にとって残しておいた方が良いと

判断した時はお仕事をお断りしています。

 

「これ、風評じゃなくて事実ですよね」

と、お断りするのです。

 

こちらのMさまにの会社にもお邪魔させていただき

お話しをきかせていただきました。

 

Mさまは不動産屋さんです。

 

お客様にマンションを一棟販売したのですが

どうやら満室にならないので逆恨みされたようです。

 

詳しく書くと断定されますので

簡素にかかせていただきます、すいません。

 

なかなか満室にならないお客様は

その苛立ちをMさまに向けてしまいました。

 

Mさまのことやマンションを買うまでを

実録ブログと称してかなりひどい悪評を書いて

風評をひろげていたようです。

 

だいぶ事実と違うないようで、

無料ブログ各社や2ちゃんねるなど

書けるところすべてに書いています。

 

Mさまは書籍販売やテレビ出演も

確定していたのですぐに対処して欲しいと

僕らに相談していただきました。

 

3、アメブロに対する逆seo

メインで風評を書いていたのがアメブロです。

 

しかも複製しまくって4つ。

 

アメブロは知っての通り、

SEOがものすごく強いです。

 

対策するコチラとしても

本当にやっかいです。

 

しかし、グラフのとおりに

2ヶ月程度で100位圏外に

飛ばすことができました。

 

普通に会社名で検索しても

表示されなくなったので

安心していただいています。

 

しかも1つは物理的に

記事ページがなくなりました。

 

手法はお伝えできませんが

記事ページごと無くせるのは

僕らだけではないでしょうか。

 

4、2ちゃんねるに対する逆seo

2ちゃんねるも対策が難しいサイトです。

 

スレッドの伸びや

スレッド内のキーワード分布など

様々な要因で対策強度が変わります。

 

通常のスレッドですと

グラフのように1ヶ月程度で

100位圏外に飛びます。

 

今までで一番大変だったものは

100位圏外にするのに2年かかりました。

 

これは超有名企業のスレッドで、

時間やお金をかけても消したいと要望がありましたので

消えるまでやりましたが、

普通は予算的にかなり厳しいと思います。

 

予算があればどんなスレッドも

100位圏外に飛ばせます。

 

通常の場合は弁護士費用よりも

少し安いくらいです。

 

弁護士の削除対策とちがって

確実にスレッドの検索順位を

落としますので安心できると思います。

 

5、その他サイトに対する逆seo

アメブロ、2ちゃんねる以外であれば簡単です。

 

1ヶ月ほどいただければ

検索順位が日に日におちて

風評サイトが人目につかなくなるのを

実感できると思います。

 

なかには、

気になってしまって毎日何回も風評サイトを

見てしまう人がいますが止めてください。

 

自分でSEOかけてるのと同じです。

 

みればみるほど

僕らが大変になりますし

自分に跳ね返ってきます。

 

月に一回程度にしてください。

 

精神状態にも影響するので

もっと前向きなことをしましょう。

 

 

このような事例でした。

 

どんなサイトも逆SEO対策可能ですが

アメブロと2ちゃんねるは大変ですので

費用が少しかかるかもしれませんね。

 

現在、Mさまの風評は人目つくことなく

予定通りにメディア出演もはたし

風評の影響なく活躍されています。


合わせて読みたい絶対に役に立つ記事


他社に聞いてみた!2ちゃんねるで風評を書かれた時の2つの対策法

本当に弁護士に「2ちゃんねる削除依頼」をするのが良いのか

超速!爆サイスレッドを2日で削除した案件のメールを大公開

超簡単!IPアドレス開示請求の流れと4つの問題点

爆サイを2日で削除したらお客様からお手紙が届きました

爆サイに削除申請しても削除されない全理由まとめ

ヤフー知恵袋の削除依頼をしたら逆に炎上したという相談

2ちゃんねるに逆SEO対策をした例を見てみる | 逆SEO実例2

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まだ誹謗中傷対策はするな!

「無料PDF|失敗しないための対策会社の選び方4つのポイント」

あなたは今、誹謗中傷にお困りかもしれませんが、まだ誹謗中傷対策をしないでください。対策を急いだあまりに、悪徳業者に騙されるという二次被害の報告も相次いでいます。

本書では誹謗中傷対策で失敗しないために

①弁護士の選び方
②業社の選び方
③詐欺業社の見抜き方
④依頼するときに気をつけること

という4つのポイントを解説していきます。

あなたも誹謗中傷対策で失敗しないためにも、まずは本書をお読みください。

無料でPDFをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*