5分で理解!プライバシーポリシーは個人事業主や個人でも必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_m

プライバシーポリシーの重要さと、
実際に明記する時に気をつける点を誰でも解るように書きます。

この記事を読めばもうWeb上で

プライバシーポリシーに悩まされることは無くなります。

 

目次

 1 プライバシーポリシーとは

 2 個人事業主や個人サイトでプライバシーポリシーが必要なのはどんな時?

 3 個人製作サイトでプライバシーポリシーを気をつける点 

    3-1 第三者配信の広告サービス

   3-2 アクセス解析ツール

      3-3 コメント

   3-4 メルマガなど 

 4 どのような点に気をつけて、プライバシーポリシーを明記したらいい?

 5 個人サイトはどこまで明記すべき? 

 6 まとめ

さて、

2005年4月に施行された個人情報保護法ですが、

みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

個人情報保護法とは、

個人情報を保有する事業者が遵守すべき義務などを定めた法律です。

 

また、保有する個人情報の件数が5000件以下の場合には、

小規模事業者として個人情報取扱事業者から除外されています。

 

個人情報保護の観点から、

ウェブサイトには「プライバシーポリシー」を

明記する必要があります。

 

そもそもプライバシーポリシーとは何を意味するのでしょうか。

 

公益社団法人日本広報協会によると、

プライバシーポリシーについて以下のような記載があります。

 

1、プライバシーポリシーとは

「プライバシーポリシー」とは、個人情報について、その収集や活用、管理、保護などに関する取扱いの方針を明文化したもの。

すべてのウェブサイトに必要なものでないが、個人情報を収集するサイトの場合は、プライバシーポリシーの制定と明記が必要とされる。

 

つまり、「個人情報を収集する」者は、

利用者に対して、個人情報をどのように取得して、

どういう目的・用途に使用するのか、

管理法や問い合わせ先などを明記する必要が出てくるということです。

 

個人情報を収集するということは、

プライバシーポリシーは企業だけが気をつければいいのでしょうか?

 

最近では、個人でもブログを楽しむ人が増えています。

 

また個人で、小規模販売や自分の経営するお店などのサイトを作る場合もあるでしょう。

 

そんな個人事業主や個人のブログでも、

プライバシーポリシーが必要になる場合があります。

 

詳しく見てみましょう。

 

2、個人事業主や個人サイトでプライバシーポリシーが必要なのはどんな時?

 

先ほどの、公益社団法人 日本広報協会では、

以下の内容を有するウェブサイトはプライバシーポリシー制定と明記の対象になるとあります。

 

・商品や各種サービスの申し込み、確認

・懸賞・クイズへの応募

・カタログ・資料請求

・会員制サイトへの登録や入会

・イベントの参加申し込み、施設の利用申し込み

・メールによる問い合わせ、照会や意見募集

・電子会議室や掲示板

・メルマガ等の配信登録

クッキーによるユーザー識別やアクセス情報の収集

・その他、何らかの形で個人情報を収集するもの

 

「おいおい、クッキーって何なんだ?」

 

そうですよね、普通は解りませんよね…

 

お菓子のクッキーではないんです。

 

クッキー(Cookie)とは、ユーザーに関する情報などが、

コンピューターに一時的にデータ保存されるものです。

 

たとえば、一度買い物をして個人情報を入力した時に、

次回以降はすでに入力された状態にあったという経験はみなさんにもあるでしょう。

 

そんな時に、クッキー機能が使われています。

 

便利ですね!

 

このクッキーに注目するとプライバシーポリシーが

必要かどうかが見えてくると思います。

 

ウェブ上で申し込みを受けて販売やサービスを提供するような場合には、

前述した個人情報件数が5000件に満たない小規模事業者であっても、

プライバシーポリシーを明記することによって、

お客様の信頼獲得にもつながります。

 

また、

ウェブサービスの安全で円滑な運営にもなりますので

しっかり明記したほうがよいでしょう。

 

3、個人製作サイトでプライバシーポリシーを気をつける点

 

それでは、個人で楽しんでいるサイトはどうでしょうか。

 

以下のようなサービスを利用している場合は注意が必要です。

 

3−1、第三者配信の広告サービス

Googleアドセンスやamazonアソシエイトなどのサービスは、cookie機能が使用されている場合があります。

 

3−2、アクセス解析ツール

アクセス解析ツールのグーグルアナリティクスなども、cookie機能が使用されている場合があります。

 

3−3、コメント

コメント欄に個人アドレスURLを入力するようになっている場合。

また、スパムや荒らしの対策として、コメントの書き込み時に使用されたIPアドレスを記録していることもあります。その場合も、スパムや荒らし以外の目的には使用しないとの記載が必要です。

 

3−4、メルマガなど

また、メールマガジンや読者アンケートなどを扱っているサイトも、記載が必要でしょう。

 

 

4、どのような点に気をつけてプライバシーポリシーを明記したらいい?

 

プライバシーポリシーのまとめ方はどんな風にすればいいのでしょう。

 

下記に簡潔にまとめてみました。

 

・知り得た個人情報について、どのように取り扱うのか。

・利用目的は何かをできるだけ特定すること。

・情報を共有する場合は、あらかじめ共同利用についてその旨記載する。

・第三者への提供や開示、利用停止などについて。

・問い合わせ先

 

また、プライバシーポリシーは、

お店ならお客様のすぐ目につくところ、

ウェブ上ならばトップページから1回程度の操作ですぐに見られるところに、

公表しなくてはいけませんので注意が必要です。

 

5、個人サイトはどこまで明記すべき?

個人のブログでも、利用しているサービスによっては、

プライバシーポリシーを明記した方がいいでしょう。

 

自分の使っているサービスをよく理解すること、

そして利用規約をしっかり確認する必要があります。

 

 

6、まとめ

プライバシーポリシーのひな形は様々あります。

 

法人だけでなく、個人でお店やサロンなどを経営している場合のサイトでは、

法律がよく分からないと業者に丸投げしていることもあります。

 

ひな形でも業者にお願いした場合でも、

きちんと目を通して、自分のサイトにあった内容で、

プライバシーポリシーを記載しておくことが大切です。

 

アフィリエイトなど、どれも自分のブログでは

扱っていないので構わないと思われるかもしれません。

 

ですが、何かトラブルがあった時のために、

きちんと確認してプライバシーポリシーを明記しておくことは

ものすごく大切なことです。

 

お守りと言ってもいいかもしれません。

 

今後、インターネットでの活躍の場は、

企業だけにとどまらず、個人レベルでもますます広がっていくと考えられます。

 

気をつけるべきところは留意して、

さらに発展させていきましょう!

 

抑えるべき箇所を抑えれば

インターネットでのビジネスは

すごく楽しいものになります。

 


あわせて読みたい絶対役立つ記事


アナログ人間にも解るプロバイダ選びで注意したい3つのポイント

pc遠隔操作や乗っ取りはどこまで追えるのか?Tor解読はできるのか?

弁護士無料相談は0円でどこまで教えてくれるのか? 無料相談の仕方を伝授!

お客様が殺到するアイディアの出し方「起業家の無料通信講座サンデービジネス2」

気をつけたいインターネット上での9つの人権侵害まとめ

ネットの被害はネット警察へ!迅速親切で検挙多数しかも無料!

日々増加するインターネット上での誹謗中傷への対策3選

個人情報漏洩事件が多発!実は漏洩事故専用保険があります

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA