pc遠隔操作や乗っ取りはどこまで追えるのか?Tor解読はできるのか?

最近、pc遠隔操作やTwitterのっとりなどの事件があいついでいます。そんなことをすればあまりパソコンに詳しくない人でも、証拠が残るから特定できるのではないかと思いつくはずです。

同様に2ちゃんねるなどの匿名掲示板なども書き込みした人を特定できるのではないかとだれでも思いつくはずです。通常であればipアドレスの特定は可能です。

zikeidancta

弁護士などを経由してipアドレス開示を求めると「どこのだれがアクセスしたのか」が解ります。

このipアドレスを付き合わせたり、追いかけたりしていくと個人が特定できて個人特定さえできてしまえば裁判などに持ち込めたりします。

では、犯行予告や遠隔操作などのサイバー事件で、なかなか犯人を特定できずに難航しているのはなぜか。それはプロキシと呼ばれるip偽装が可能な特殊な経路を使って犯行が行われるからです。

その中でも、非常に強力で解読がほぼ不可能なものとしてTor(トーア)が有名です。

2013年には和歌山県で高校2年生がTor経由で犯行予告を行い警察などの業務を妨害して逮捕されていたり、パソコン遠隔操作事件でも利用されていました。両事件とも逮捕されています。

これは警察がTor解析を成功させたのではなく、別の足取りから追い詰めたそうです。あまり馴染みがないでしょうが、簡単にTorを解説したいと思います。

1、Tor(トーア)って一体なんのか

Torとは、米海軍調査研究所(NRL)が開発した軍事用暗号通信システムをオープンソースコミュニティの有志が改造して作り上げた一般人利用可能な強力な暗号化システム。知識があれば誰でも無料で利用ができる。

2、Tor(トーア)の仕組みとは

Torを使うと、あなたのパソコンから目的のウェブサイトにたどり着くまでに、複数のパソコンを経由することになる。

パソコンとパソコンの通信はすべて暗号化されたうえに、ログを残さないようになっている。これによって通信の匿名性が非常に高く保たれる。現在、6000以上のリレーポイントが世界中に存在しており、これによって追跡が困難とされる。

3、Torはどんな時に使うのか

個人を特定される原因のipアドレスを誰にもしられずに運用したいサーバや、特定のウェブに書き込んだりアクセスしたりするときに使う。

アンダーグラウンドなウェブサイトやディープサイトにアクセスするときは、どんなものが仕組まれているか解らないのでTor経由でアクセスしたりする。

Tor経由でしかアクセスできない掲示板などが世界中にあり、国家情報のリークや隠語を使った犯罪情報のやりとりに使用されるという。

ここまで解説してみて自分でも感じるのですが犯罪の匂いがしますね…怪しいシステムの感じがプンプンです。

実際には非常に便利ですし、犯罪に使われることのほうが少ないのですが説明するとどうしても怪しい感じになります。

勘違いしてほしくないのですが、Torを犯罪に使おうと思ってもダメです。ipアドレスを隠せても他の足取りがたくさんありますのでちょっとパソコン詳しい人程度では足がつきます。

Torは便利で使い方を間違わなければ有益な情報もえられるものです。Torの名誉のためにも電子フロンティア財団が発表している、「Torについて知っておくべき7つの事実」を記載します。

事実1:安全性について

Torは暗号化に関しては安全である。ただし、ブラウザのバグや構成ミスが発生した場合は気をつける必要がある。

事実2:プライバシー保護に有効

犯罪者しか利用していないと誤解されがちだがそれは違う。

活動家が検閲を避けるのに利用されたり、軍隊が安全な暗号通信のために使用したり、個人情報の特定を防ぎ家族のプライバシーを守るのに使われている。さまざまな業種の人が犯罪から身を守るための一つの手段がTorである。

事実3:暗号化を読み取ってしまう裏口はない

Torの開発にはアメリカ軍が出資したのは有名な事実。

これによって、通信を傍受したり、中身を自由に見れる裏口(バックドア)が設定されていると思われがちだが存在しない。暗号やプログラムの専門家たちの詳しい調査でバックドアが存在しないことが解っている。

事実4:Torサーバの運用で起訴された人はいない

2014年までにTorサーバを運用して起訴された人はアメリカにはいない。Torサーバの運用自体はアメリカの法律を犯している箇所はないが、出口リレーを監視、管理している場合は保証できない。

事実5:Torは非常に簡単

Torの使用は専用のブラウザをダウンロードして使うだけ。一般的なブラウザとなんら変わらずに利用できる。

事実6:実は速い

Torは多数のリレーポイントを中継するためにアクセス速度が遅いと思われがちだが、日々、ネットワーク速度の改善に力をいれており、現在は驚くほどスムーズに使える。

事実7:Torを完璧につかうために

Torを安全に使うためには常に最新のソフトウェアやプログラムをダウンロードする必要がある。安全性が落ちる時はユーザの使い方に問題がある場合がほとんどである。

このようにTorは非常に優秀で、使い方を間違わなければ個人情報を守るためにかなり役立つものだと解ります。どんなにすばらしい技術でも心ない人が使用すると悲しいことが起きてしまいますね。

間違ったことに使わずに、自分を守る為に使えばこれほど安心できる通信システムはないと言えます。ちなみに、当社ではTor解読できます。数億行にもおける暗号を解読してipアドレスを識別できるようにできます。

これは例えるならば、一枚の紙を縦方向にシュレッダーに入れてそうめんのようになったものを、さらに横方向にシュレッダーに入れ、さらに鳥取砂丘にばらまいたものをつなぎ合わせて一枚の紙に戻せるということです。

セキュリティホール調査や暗号解読などお困りであればsisの技術をもってお手伝いします。警察の方などTor解読でお困りであれば連絡ください。もちろん、Tor経由しないで通常メールで。

まとめとして。

当社ならTorの特定も解読も追跡も可能!


あわせて読みたい必ず役に立つ記事


超簡単!IPアドレス開示請求の流れと4つの問題点

他社に聞いてみた!2ちゃんねるで風評を書かれた時の2つの対策法

超速!爆サイスレッドを2日で削除した案件のメールを大公開

本当に弁護士に「2ちゃんねる削除依頼」をするのが良いのか

アクセスアップしたいサイト初心者必見!検索エンジン完全理解読本

ワンクリック詐欺被害にあわない為の知識と絶対できる対策法

パソコン遠隔操作事件より増えているスマホ遠隔操作事件とは

あなたの“WordPress”を不正アクセスから守る2つの対策方法