ネガティブなYahoo関連キーワードを削除する方法

ちょっと想像してみてください。

何か調べものをしようと思ってyahooでキーワード検索してみたら、関連キーワードに“あなた”のネガティブな情報が見つかったら・・・。

例えば、あなたが、「ヤホー」という名前の会社を経営しているとします。

何か別のキーワードでyahoo検索をしてみたところ、関連キーワードで、「ヤホー ブラック企業」「ヤホー 詐欺企業」なんて、ネガティブ情報が表示されていたら…。

yahooやGoogleという検索エンジンには、「関連検索」と呼ばれる機能があります。

これは、検索したキーワードと他のキーワードを組み合わせた検索ネームを、検索結果のページに表示するもので、たとえば「東京」と検索すると、「東京 オリンピック」や「東京 都知事」のように、関連したキーワードが一緒に表示されます。

これは、検索する際に、キーワードを絞って検索するのを便利にするための機能です。

この「関連検索」という機能、目的のキーワードを絞って検索する際には、とても便利な機能ですが、その一方で、機能の利便性による、弊害も多くみられるようになり、匿名による書き込みや中傷、yahoo検索上に、まったく偽りの情報や、関連キーワードが拡散されるといったトラブルも起こっています。

ではもしも“あなた”の偽りの情報が、yahoo検索上で拡散されるような事態が起きた時、どのような対策を施せばよいのか?について解説していこうと思います。

zikeidancta

1.“yahoo”に関連キーワード削除を依頼する

自分も知らないうちに、yahoo関連キーワードで、偽りの情報が表示された時、直接“yahoo”に通報できるのをご存じでしょうか?

この手法は、yahooのアカウントを持っていない方でも行えて、yahooの情報提供フォームにアクセスし、削除してほしい関連キーワードを通報するだけという簡単な手法です。

では早速、関連キーワードを削除通報する手法について、これから解説していきます。

1-1  yahooへ関連キーワード削除を通報する

まず、これからお伝えするURLにアクセスすると、→ Yahoo!検索 ? 関連検索ワードに関する情報提供フォーム

このようなページが現れます。

削除2

 

 

このページの下の方に、“次へ”と書かれた青いボタンがありますので、クリックしてください。クリックすると、次は、このようなページがあらわれます。

削除3

このページの上から、まず、あなたが関連するキーワード検索結果で、悪質な関連キーワードと一緒に表示されているURLを記入します。

例えば、あなたが企業家で、企業名が「ヤホー」だったとします。検索入力欄に、「ヤホー」と入力すると、「ヤホー ブラック」や「ヤホー 詐欺」などと表示されてしまう。

このような場合に、企業のメインサイトなどのURLを記入する欄がこの部分です。次は、関連キーワードを入力する欄です。

この欄には、即刻削除してほしい関連キーワードを、そのまま入力してください。

例えば、あなたの企業名が「ヤホー」で、「ヤホー ブラック」や、「ヤホー 詐欺」などと表示されているのであれば、当然ですが、「ブラック」や「詐欺」という関連キーワードを入力してください。

その下からは全て、じゃまな関連キーワードが表示されてしまう、サイトの情報を入力する欄になります。どのような情報を発信しているサイトなのか?そのサイトのURLは?そのサイトはどれだけ有益な情報を発信しているサイトなのか?

あなたの発信している情報が、どれだけ真っ当な情報であるのかを、yahooに判断してもらうために、とても重要な項目になるので、ここは手を抜かずに、しっかりと記載してください。

ここまで入力が終わったら、もう一度入力内容を確認し、問題ないようであれば、ページの一番下にある、“確認と書かれた青いボタン”をクリックするとyahooへの通報が完了します。

通報が完了後、yahooが内容を確認し、削除の対象であると判断されれば、速ければ1週間、長ければ1カ月以内に通報した関連キーワードが削除されます。

1-2.サイトを検索結果に表示されないようにする手法

次にお伝えする手法は、特定の関連キーワードを削除するのではなく、関連キーワードに検索結果が表示されてしまう、サイト自体をyahooの検索から除外する方法です。

削除4

こちらのURLをクリックすると特定のウェブページを検索結果から削除このようなページが現れます。

こちらのページで削除を行うには、少し専門的な知識が必要となってきます。このページの、インターネットからウェブページを削除せず、検索結果に表示されないようにする。と書かれた部分に、2ヵ所のリンクが張ってあります。

「サイト単位、ディレクトリ単位での巡回の拒否設定」
「特定のウェブページの、インデックスへの登録を拒否」

この2つのリンクをクリックすると、サイトを構成している“HTML”というものに変更を行う内容が記載されています。

この“HTML”は、ホームページ製作などに慣れている方であれば、問題ないかもしれませんが、一般のブロガーさん達であると、やや敷居が高いかもしれません。

もしも、あなたの知人に、ホームページ製作などに詳しい人がいれば、この手法が役に立つかもしれません。

2.yahooでダメなら“キーワード削除会社”に依頼する

「1.“yahoo”に関連キーワード削除を依頼する」この章では、yahooへ悪質な関連キーワード削除を通報する方法についてお伝えしました。

※通報するページのURLは以下になっています。→ Yahoo!検索 ? 関連検索ワードに関する情報提供フォーム

ですが、yahooに関連キーワード削除を通報しても、yahooが通報の内容を確認し、早くて1週間、遅ければ、1ヵ月の時間を要します。

また、通報内容を確認したyahooが、「これは削除の対象とは認められない」と判断し、キーワードが削除されないケースもあるようです。

通報してから、1か月も待ってみても、検索エンジンである、yahooに依頼してもダメだった・・・。削除を待っている間にも、関連キーワードとして、あなたに損害を与える事態は続きます。

では、どうすれば良いか?このような事態におちいった時、最終手段として、キーワード削除の専門家に依頼する方法をこれからお伝えしていきます。

2-1 関連キーワード削除をIT専門弁護士に依頼する

ネット上で、“あなた”に損害を与える、悪質な関連キーワードが出回ってしまったとき、ネット上に出回る膨大な情報を、1つ1つチェックすることは不可能です。

ですが、IT専門の弁護士と契約をすることで、弁護士本人や、提携している業者などへ、ネット上で見回りの依頼ができます。

これを“ネットパトロール”と言います。

弁護士や専門業者がネットパトロールを行う事で、問題のある記事やキーワードが見つかれば、すぐに削除などの対処を行ってくれます。

また、関連キーワードの削除や、悪質なサイトと関連付けされてしまったサイトなどへの対処なども、個々に対応もしてくれますので、悪質な情報が拡散する前に相談をしてみると良いでしょう。

では、依頼した際の費用ですが、関連キーワード対策で、5000円~ネットパトロールのような、監視サービスでは、月3万円~が相場のようです。

参考までに、ネットでの誹謗中傷に対応してくれる弁護士サイトを記載します。

どの弁護士も、無料相談を行っていますし、対策費用に関しても、事前に見積もりを行う事もできますので、今、ネット上での誹謗中傷にお困りであれば、一度相談されると良いでしょう。

2-2  最短、最速で対応してくれるのが、ネット風評被害専門業者

検索結果の関連キーワードで、ネガティブなワードが見つかり、「即座に削除をしてもらいたい!」こんなとき、強い味方になってくれるのが、ネット風評被害対策の専門業者です。

電話での相談見積もりから、即座に対応を行ってくれて、速ければ、即日にキーワード削除を行ってくれるのが、ネット風評被害対策の専門業者です。

費用に関しては、完全成果報酬を謳っている業者がほとんどで、問題が解決するまで、何度でも対応を行ってくれます。

ネットパトロールのような、監視サービスを行っている業者もありますし、キーワード削除に特化した、消し放題サービスを謳っている業者もありますから、スピーディーな対応をしたい時には、専門業者へ相談してみると良いでしょう。

3.まとめ

“炎上”という言葉がネット上で多く取り上げられますが、インターネットという膨大な情報世界で、一度悪質な情報が拡散してしまうと、その情報を個人で削除するのは不可能です。

自分が全く意図しない悪質な関連キーワードも同じです。自分が知らないうちに、まったく関連のない、キーワードと一緒に表示されてしまう。

こんな事態になってしまったとき、今回お伝えした、関連キーワード削除の手法が少しでもお役にたてれば幸いです。

 


あわせて読みたい


逆SEO対策をしたサイトの検索順位変動をみてみる | 逆SEO実例1

費用無料!著作権侵害サイトの申立と削除方法

自分の名前検索したら悪評が…検索結果自分で削除する方法

無料!ヤフー検索結果を自分で削除する方法 (削除依頼フォームリンク 定型文あり)

アウト動画!? YouTube動画の著作権と違反報告の方法

風評被害は「関連検索」によって広まっている!?

youtubeの荒らしコメントを削除する方法まとめ

専門業者が行う案件別誹謗中傷対応策まとめ

コメントを残す


CAPTCHA