平成28年1月から運用開始のマイナンバー、個人情報保護は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

個人情報で気になるといえばマイナンバー。

 

まだ全貌が見えませんが、

理解しておかないと大変な目にあいそうです。

 

あたらしい法律や施策が始まると

必ずといっていいほど隙間を縫って

「●●詐欺」が流行ります。

 

マイナンバーもたまにニュースになりますが

詐欺の標的になりそうです。

zikeidancta

十分に気をつける必要があります。

 

目次

 

1.マイナンバーって何?

H27年10月からマイナンバー(個人番号)の通知カードが配布されました。

 

2016年1月からは、申請すると個人番号カードの交付を受けられます。

 

個人番号カードには、氏名・住所・生年月日・性別

マイナンバーと本人の顔写真が表示されます。

 

また、ICチップも搭載されています。

 

2.何のためにマイナンバーは導入されるの?

マイナンバーは、住民票を有するすべての方に12桁の番号を付するものです。

 

これまで行政機関や地方公共団体などの間で、

行政サービスなどを確認するときなど、

機関をまたいで個人を特定していました。

 

そのため時間と労力がかかっていたのです。

 

マイナンバーを導入することで、

個人の特定が確実に迅速にできるようになるというわけです。

 

社会保障・税・災害対策の3分野において、

共通の番号を導入し、行政の効率化や国民の利便性を向上させるなどの狙いがあります。

 

3.具体的に、マイナンバーでできることって?

3-1 社会保障

・年金の資格取得や給付

・雇用保険の資格取得や給付

・医療保険の給付の請求

・児童手当など福祉分野の給付

・生活保護の給付

・地方税に関する事務など

 

3-2 税

・税務当局に提出する申告書、届出書、調書などに記載、など

 

3-3 災害対策

・被災者生活再建支援金の支給

・被災者台帳の作成事務

・災害対策に関する事務など

 

その他、マイナンバーの提示を求められる組織について

 

3-4 勤務先

・マイナンバーの提示を受け、源泉徴収票等に記載

・従業員の健康保険や厚生年金の加入手続きなど

 

3-5 証券会社、保険会社などの金融機関

・マイナンバーの提示を受け、利金・配当金・保険金などの税務処理を行う

・国外送金または、国外からの送金を受領する場合など

・将来的には預貯金口座へのマイナンバーの付番(任意)の予定などもある

 

3-6 契約先

・報酬、料金、契約金を受け取る場合、マイナンバーの提示が必要

 

4.マイナンバーが漏洩すると、個人情報も漏れてしまう?

マイナンバーには、所得・保険・年金などの重要な個人情報が含まれます。

 

マイナンバーを含む個人情報を、「特定個人情報」と言います。

 

4-1 個人情報と特定個人情報の違い

「個人情報」とは、生存する個人に関する情報で、

氏名・生年月日などの記述により特定の個人を識別できる情報のことを言います。

 

「特定個人情報」は「個人情報」の一部になります。

 

原則として「個人情報保護法」が適用されます。

 

また「マイナンバー法」によって、特定個人情報については、

個人情報保護法よりも重い罰則が定められています。

 

4-2 マイナンバーの管理体制は?

マイナンバーの情報は、「一元管理」ではなく、

「分散管理」で管理されています。

 

特定の共通データベースも作らないので、

まとめて情報が漏れることはないようです。

 

4-3 ICチップで情報は洩れない?

個人番号カードに搭載されるICチップには、

所得、病歴や投薬、税金や年金の情報など、

プライバシー性の高い情報は記録されません。

 

4-4 なりすましの防止対策は?

マイナンバーを利用する場合に、厳格な本人確認が義務づけられます。

 

具体的には、運転免許証やパスポート、

もしくは健康保険証と年金手帳などの2つ以上の書類の提示が、

マイナンバーとあわせて必要になります。

 

5.最後に

ざっとマイナンバーと個人情報について

まとめてみましたが、いかがでしたか?

 

まだよくわからない方や、

個人情報に関して不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。

 

すでに勤務先などからマイナンバーの提出を求められた方もいらっしゃると思います。

 

今年から運用が開始になったところですので、

今後ニュースなどでも目にすることがあると思います。

 

マイナンバーに関して今後も情報収集して、

どんなものなのか、どう便利になるのかをしっかり確認しましょう。

 

最後にひとつだけ。

マイナンバーは、むやみに他人に見せることはできません。

 

自分の番号だからと、勝手に自分のマイナンバーをSNSなどで公表すると、

法律違反になる可能性もあります。

 

個人でも気を付けて、一生使うマイナンバーをしっかりと管理することが大切です。

 


あわせて読みたい


5分で理解!プライバシーポリシーは個人事業主や個人でも必要か?

pc遠隔操作や乗っ取りはどこまで追えるのか?Tor解読はできるのか?

顧問弁護士の仕事内容と3つのメリットを優しく解説します

法律も心もサポートしてくれる!あなたに必要な弁護士の探し方

事件多発!情報漏えいの原因はほとんどが内部ヒューマンエラー

個人情報漏洩事件が多発!実は漏洩事故専用保険があります

Gmailアカウント流出してるかも…その確認方法と防止策

人為的ミスや油断で情報漏洩!対策の仕方一覧

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*