リスティングを頼む時に読む記事 |リスティング業者の選び方6選

 

リスティングを頼む時に押さえておくべきポイントはココだ!!

1から勉強するよりも
苦手な人は外注さんを見つけて
成果をあげたほうが良いです。

ビジネスにおいては
時期やタイミングなど、
機会損失が一番怖いです。

 

zikeidancta

 

1.リスティング広告とは

リスティング広告(リスティング)とは、
検索エンジン(Yahoo!やGoogleなど)でユーザーがあるキーワードで検索した時に、
ユーザーが検索したキーワードに連動して表示される広告です。

リスティング広告はキーワード単位で広告出稿ができるので、
検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心にターゲティングすることができます。

「そのキーワードで検索するユーザーのニーズは何か」を
考察してリスティング広告を出稿すれば、
顧客獲得に繋がるというメリットがあるため
多くの企業が導入を検討しています。

 

2.選ぶ時のポイント

リスティング広告を扱う代理店はたくさん出てきますが、
どのようにして選べばよいのでしょうか?

代理店選びを始めサービスを選ぶ時に
私たちはつい費用やスキルばかりに目が行きがちです。

費用や成果はもちろん大事ですが、
それ以外の部分も視野に入れて選ぶことが、
長い目で見て成功する秘訣です。

2-1 代理店担当者や運営者の人柄

大手代理店を中心にリスティング広告運用技術の標準化や
システム化も進んでいますが代理店の中で担当してくれる人の
能力や熱意による部分も少なからず影響しているのが現状です。

大手で実績のある代理店でもやる気のない担当者の場合、
期待した成果が得られないこともあります。

また、中小で実績がまだ少ない代理店でも、
熱意とノウハウがあれば思っていた以上の成果が出ることもあるのです。

代理店を選ぶ際は3社から5社程度の代理店の
担当者に直接会って話を聞くことが重要です。

一度、リスティング広告の運用を任せると長い付き合いになるので、
直接会う手間を惜しまないようにします。

2-2 実績や受賞歴に秀でているか

多くの代理店の中から信頼できるところを選んだとしても見極めはなかなか難しいもの。

そんなときに参考になるのが導入実績や受賞歴などです。

数字が高いほど実績があり信頼されている会社だということが
わかるため見極めの参考になります。

 

2-3 運用の代行だけでなくコンサルティングもできるか

リスティング広告を中心にプロモーションを展開したいと
考える企業に最適な代理店の条件として運営代行の他に
広告戦略のコンサルティングもできることが挙げられます。

Webプロモーションの世界は変化が激しく、
その変化に対応しながら依頼者の利益につなげていく必要があります。

依頼者の利益につながる話が出来ない会社や
担当者と付き合ってもメリットはありません。

 

2-4 Web経由の電話受信件数が確認できるか

リスティング広告を掲載したからといって、ユーザーからの問い合わせや商品購入がすべてメールや専用フォームなどのWeb上で行われるわけではありません。緊急性の高い依頼が多い業界や、お客さまとのやりとりが重要な企業などでは、電話での問い合わせのほうが多いということもよくあります。リスティング広告の成果を正確に把握するためには、Webを経由した電話問い合わせの件数・内容も把握できる必要があります。

 

3. 業者の見つけ方

3-1 信頼できる人から紹介してもらう

最も確実で安全な方法は信頼できる人からの紹介です。

取引実績のある会社から紹介された人から丁寧に対応してもらった、
という経験がある方もいるでしょう。

実績のある会社からの紹介は紹介された方も
最大限対応しようという意識が高いのも特徴です。

3-2 リスティング広告会社比較サイトを利用する

1.クラウド比較

http://cloudhikaku.com/category/details.php?category=listing

クラウド比較は匿名&無料で一括見積もり依頼ができる、
リスティング広告運営代行の比較サイトです。

現状や対策内容などを専用のフォームに記入するだけで、
様々な業者へ一括で見積もり依頼を行うことができます。

2.リスティング代行一括.jp

http://www.ikkatsu.jp/listing/lp/?utm_source=adwords&utm_medium=cpc&utm_campaign=adwords_listing

リスティング代行一括.jpはリスティング広告の
運用代行業者を価格や導入実績から比較できるサイトです。

掲載中の代行業者は21万7,500社以上と、規模も国内最大級です。

4.注意ポイント

全てをリスティング運用会社(代理店)に任せることは少しリスクもあります。

全てを任せることでパフォーマンスが上がる、ということはもちろんあります。

しかし、依頼する側に知識が無い場合、
担当者と上手くやり取りすることができません。

そのため、機会損失・営業損失が生まれ、仮に優秀な
広告運用担当者がついても良い結果が得られないケースもあります。

全ての機能を知り全ての運用を出来る必要はありません。

ただし、これから始めることをまずは自分でも少しずつ理解を行うことは大切なことです。

Webマーケティングの世界の変化は目まぐるしく、
優秀な担当者と付き合うのは大きなメリットになります。

そうした「人選び」ができるようになるためにも、
リスティング広告について理解を行うことへも積極的に取り組んでみてください。

 

5.まとめ

いかがですか?

リスティング広告も、正確に使いこなすことができなければ、
期待したような効果を得ることはできません。

そのためにもリスティングを頼む代行業者は慎重に選ぶ必要があります。

今回紹介した内容をもとに、ぴったりのリスティング業者を選んでください。

 

当社でもリスティング事業を行っております。

 


あわせて読みたい


ビジネスアイディアで悩む人必見!無料のビジネスアイディアサイト7選

7サイト簡単比較!ブログを始めるにはまず無料ブログからチャレンジ

ビジネス初心者用アフィリエイトブログ作り5つのポイント

自宅にいながら月に数十万!稼げる女性がやっている4つのネットビジネスとは

借金まみれのどん底から億を稼ぐまで「起業家の無料通信講座サンデービジネス1」

ネット中傷の訴訟費用は? 弁護士費用比較まとめ

厳罰化される「お客さま個人情報の取り扱い」について入門編。

マーケティングリサーチの種類と市場調査会社の選び方

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*