LINEに誹謗中傷が書かれた時の削除の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メールよりも気軽で使いやすいツールとして、
すっかり定着したLINEですが、
多くの人が利用するということは、
それだけマナーの良くない人が使う可能性も
増えるということになります。

知恵袋などでLINEでのトラブルに関する相談を、
良く見掛けるようになりました。

友達に悪口を書かれたとか、
仲間外れにされたり無視されたので、
法的に訴えることはできませんか?
という相談を多く見ます。

中でも多いのが、名誉毀損罪に関するものです。

みんなの前で、悪口を言われた(書かれた)から
恥ずかしいという気持ちは、とても良くわかります。

ただ、LINEの場合は、
ブログなどで誹謗中傷を書かれた時とは
扱いが異なります。

LINEもブログもインターネットを使うものなので、
同じように考えている人が多いのですが
法的な側面からみると、まったくと言って良いほど違います。

何がどう違って、どのような対策が可能なのか
興味がございましたらご覧ください。

 

 

 

zikeidancta

 

 

1.LINEでの誹謗中傷は他のサイトとは違う

LINEと他のウエブサイトでは、
誹謗中傷が書かれた際に
どんな違いがあるのかについて、
誹謗中傷による名誉毀損罪を例にお話をします。

名誉毀損罪が成立する為には
いくつかの要件があります。

刑法230条には、
名誉棄損罪は公然と事実を摘示し、
人の名誉を毀損した場合に成立をする
と書かれています。

この公然とという部分が問題となります。

ブログや掲示板のようにインターネット上に
公開されているものであれば。
不特定多数の人の目にさらされる可能性があり、
公然と言ってもまったく問題ないでしょう。

しかし、LINEの場合は、
1対1あるいは、グループ内のメンバーだけとなります。

※LINE@についてはメルマガ的に使う人もいますので、
判断が微妙なところがありますが、
まったく無関係の人に送ることはできないので、
ここではLINEと同様の扱いとします。

ここに公然性があると認められるかどうかが、
問題となります。

グループ内のその投稿を見た人が、
周りの人に話をして、それが広がって行く
ということが説明できれば、
公然性が認められる可能性がありますが

そうでなければ、
公然性があると認められる可能性は、
低いと考えた方が良いでしょう。

次に問題となるのが毀損の部分です。

この場合の毀損とは、
事実を摘示して、
人の社会的評価を害することを言います。

簡単に言うと、あなたの信用が落ちたかどうか
が問題ということです。

仲間内の書き込みで、
あなたの社会的信用が下がったと
証明できれば、認められる可能性があります。

一般的に社会的評価が下がったという場合には、
それによって生じた損害の額によって、
評価されることが多いです。

例えば、
誹謗中傷によって仕事のオファーが来なくなった、
あるいは仕事が減った、というような場合です。

このように主張するには、
仕事のオファーが来なくなったことと、
誹謗中傷を書かれたことの、
因果関係が明瞭に認められることが
条件となります。

誹謗中傷を書かれた相談などで良く見掛ける、
怖くて外出が出来なくなったとか、
体調を崩したというレベルの問題では、
裁判官を説得するのは、
難しいと考えた方が良いでしょう。

先ほどの公然性と合わせて考えると、
名誉棄損罪が成立するためには、
広く一般に、
あなたの信用が下がったということを、
証明することができるかどうかで、
判断するとわかりやすいと思います。

実際に金銭的損失がある場合は、
証明がしやすいですね。

インターネットの誹謗中傷に関して、
ちょっと詳しい人なら、
プロバイダ責任制限法に基づく、
削除依頼請求ができるのでは?
と思われるかもしれませんが、

プロバイダ責任制限法は、
このような狭い範囲の問題は、
想定されていませんので、
この法律を根拠に訴えを起こすことは、
無理だと考えた方が良いです。

プロバイダ責任制限法は、
簡単にいうと
1対多の通信(特定電気通信という)に対しての法律ですので、
メールやアプリのダイレクトメッセージやLINEの通信などは、
対象になりません。

では、打つ手がないのかというと
まったくゼロではありません。

直接、LINEに連絡して削除依頼をすることが可能です。

次の章で、その方法についてお知らせします

 

 

 

2.LINEに削除依頼をする

LINEへの削除依頼は、問題報告フォームから行います。

https://contact.line.me/ja/

上記のリンクにアクセスをすると
次のようなサイトに移動します。

 

1

 

順番に選択をして行かないと、
次の項目が入力できないようになっていますので、
最初から順番に選択(記入)していってください。

最初に問題発生機種を選択します。
選択肢は、

iphone

Android

Windows Phone

Blackberry

Windouws 8/10

iPad

PC

携帯

FireFox

Apple Watch

の10個です。
当てはまるものを選択してください。

 

次にサービスを選択してください。
選択肢は、

LINE

LINE GAMEセンター/LINEプレイ

LINE@

LINE STORE

LINE Pay(決済サービス)

LINE Payカード

LINEポイント

の7個です。
今回はLINEを選択してください。

 

次にカテゴリを選択します。
選択肢は、

認証番号

スタンプショップ

コイン

着せかえショップ

起動

アカウント・登録情報

通知

トーク

無料通話・ビデオ通話

タイムライン・ホーム

友だち・グループ

公式アカウント

プロフィール

迷惑行為

その他

の15個です。
今回は迷惑行為を選択してください。

 

次に詳細を選択します。
選択肢は、

トークでの嫌がらせ

権利侵害申告(トーク以外)

無関係なグループへの招待

迷惑トーク・Emailが届く

なりすまし

その他

の6個です。
あなたの問題に一番近いものを、選択してください。

 

どれを選択するかで、その後の入力内容が変化しますので、
そちらの内容を確認しながら、一番適切だと思うものを
選ぶようにしてください。

いくつか注意して欲しい点がありますので、
そちらについて説明をします。

迷惑トーク・Emailが届く以外の選択肢を選択した場合、
記入している人が、本人かどうかの確認があります。

未成年者の保護者以外で代理人になれるのは、
弁護士だけですので、

あなたのお子さん(未成年限定)の問題で、
親が代わりに書いている場合を除いて、
必ず「本人」を選択するようにしてください。

友人・知人ではいくら問題に詳しくても
代理人にはなれません。

もし、あなたが友人の代わりに記入しようとしているなら、
友人の方に教えながらで良いので、
当事者の方が自分で入力するようにしてください。

本人を選択した場合は、
その下の欄には特に記入する必要はありません。

あなたが法定代理人の場合は、
対象者が未成年であることと、
あなたが保護者(続柄)であることを
説明してください。

後日、本人の戸籍抄本などを、
要求される可能性がありますので、
間違いの無いように注意して記入してください。

嫌がらせ、権利侵害、迷惑行為(選択によって名称が変わります)
の内容については下記の項目を入れて書くようにしてください。

①どのような内容の投稿なのか、
短ければ投稿のコピペでも良いですし、
長い(たくさんある)場合には、要約でも構いません。

長い場合は、箇条書きにすると見やすいと思います。

受け手が見やすいように書くことで、対応してもらえる
可能性が高くなります。

忙しい時にわかりにくいものが来ると、
後回しにされてしまう可能性が高くなります。

後回しになってしまうと、
他の申請の中に紛れてしまう
可能性が出てきますので、
後回しにされないように、
見やすさには特に注意してください。

②なぜあなたのことだと言えるのか、
客観的に見てあなたのことを示していると
言える理由を、書きます。

実名で書かれている場合には、
特に説明は不要ですが、
愛称などや遠回しに、
ほのめかすように書かれている場合には、
あなたのことが書かれていると、
わかるように書いてください。

③どのような権利が侵害されているのか、
基本的に不法行為になり得るものであれば、
何を書いても問題ありません。

名誉権、名誉感情、プライバシー権、肖像権などが
一般的に使えると思います。

詳しくはこちらのサイトで確認してください。
http://koshikien.co/litigation-right

④どのようにして権利が侵害されているのか、
上記と絡めて書いても構いませんが、
権利侵害が起きている状況を書いてください。

証拠となるもの(スクリーンショット)などがあれば、
提出するようにしてください。

この4つの項目がすべて入るように記入すれば、
申請理由としては申し分ないものとなります。

これ以外の項目に関しては、
基本的に選択をするだけですので、
特に困ることはないと思います。

すべての記入が終わったら
送信ボタンを押して完了です。

 

 

 

3.まとめ

LINEなどのSNSでは、
相手が誰だかわかった上で、
誹謗中傷が書かれている場合が
ほとんどだと思います。

それだけに感情的になってしまったり、
あるいは逆に穏便に済ませたい、、、
と考えることが多いかもしれません。

友人や知人に対して、
このようなことを行う人がいるのは、
非常に残念なことですが、
実際に被害に遭われている方が
たくさんおられます。

このような方のお役に立てればと考えて、
この記事を書かせていただきました。

もし、あなたが自分一人では
対処できないような、問題を抱えておられるなら、
我々にご相談していただければと思います。

私どもには、インターネットの問題に詳しい弁護士がいます。

その弁護士が無料で、法的なアドバイスをいたします。

時間が経つと情報が拡散してしまったり、
あるいは犯人の定の為の情報が、
失われてしまうことがあります。

時間との勝負になることがほとんどですので、
取り返しのつかないことになる前に、
今すぐ連絡をしてください。

あなたからの連絡をお待ちしております。

 

 


あわせて読みたい


ニコニコ動画に誹謗中傷を書かれた際の削除の方法

Yahoo!知恵袋に書かれた誹謗中傷を削除する方法

Amazonに誹謗中傷が書かれた際の削除依頼の方法

ネット中傷の訴訟費用は? 弁護士費用比較まとめ

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*