信頼度抜群! 弁護士検索できる3つの専門サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

「弁護士を探すのに、インターネットなんて不安」

そんな風に感じている人は多いのではないでしょうか。

たしかに、顔が見えないのがインターネットです。

情報が多すぎてどのサイトを見ていいのか分からないという人もいるだろうし、
記載されている情報が本当なのかどうか、本当に弁護士がなのかという不安もあるでしょう。

そして、人格や能力、目に見えな部分は分かり難いインターネットで、
少し大げさですが、自分の一生を左右するかもしれない、
「そんなことをインターネットで探していいのか?」
と考える人もいるかもしれません。

そんな人のために、安全に弁護士を検索する方法をお伝えします。

知っておくと安心です。

これからお伝えするサイトを利用すれば、
過剰な表現のサイトにも惑わされずに済みますし、
魅力的なコピーの広告につられることもないです。

zikeidancta

1.日本の弁護士の数

日本にどれぐらい弁護士がいるのでしょうか。

日本弁護士連合会(日弁連)が発行している「弁護士白書」に記載されている
第1章弁護士人口―1.日本弁護士連合会と弁護士数によると、

1949年日弁連が設立した当初の弁護士人口は、5800人(うち女性6人)であったが、
2015年の最新資料によると、 日本には、36,415人(女性6,618人)の弁護士がいると書いている。

現在、日本には3万6千人もの弁護士がいることがわかります。

2.弁護士会の検索サイトと日本弁護士会の検索サイト

2-1 弁護士会の検索サイト

弁護士会とは…

日本の弁護士は弁護士法31条2項に基づいて、設立された弁護士の指導・連絡・監督などの事務を行う弁護士にとっての強制加入団体である。

弁護士会は、地方裁判所の管轄区域ごとに設立するのが原則です。
45の都道府県と、札幌、函館、旭川、釧路の各地方裁判所に対応して設けられていますが、
東京だけ例外として3つの弁護士会が存在することから日本全国では52の弁護士会が存在します。

それぞれの地域の弁護士会毎にホームページを持っており、
サイトから弁護士検索ができるようになっています。

弁護士の情報公開の度合いは弁護士会によって異なり、
重点取扱分野の記載は登録時の弁護士本人による申告制となっています。

2-2 日本弁護士連合会による検索

次は、日本弁護士連合会(日弁連)というのは、
1949年9月に、
制定された弁護士法に基づいて設立された法人です。

その構成員は、弁護士、弁護士法人及び全国52の弁護士会を持って組織されており、
日本全国のすべての弁護士及び弁護士法人は、
各地の弁護士会に入会すると同時に日弁連に登録しなければいけません。

よって、信頼があり安心できるのが弁護士会と
日本弁護士連合会のサイトに記載されている情報だということになります。

2-3 ひまわりサーチで検索

弁護士情報提供サービス ひまわりサーチで検索する方法もあります。

ひまわりリサーチでは、各弁護士会所属の弁護士について、
取扱業務などの一定事項から該当する弁護士を検索することができます。

弁護士に相談したいが、
誰に相談したらよいかを検討する際に便利です。

ただし、 ひまわりサーチは任意登録制となっており、
各弁護士会所属の全ての弁護士が登録されているとは限りません。

これら3つが弁護士検索をする際におすすめするサイトです。

3.企業内弁護士

弁護士を検索する前に、サラリーマンであれば
まずは企業内弁護士に相談するというのもいいでしょう。

企業内弁護士とは企業が雇用している専門の弁護士で、
またの名を社内弁護士といいます。
弁護士の資格を保有していながら、企業に従業員や役員として在籍し、
企業の法的な問題の解決・対策・処理をする専門の弁護士です。

さらに企業の拡大に向けてのグローバル化や
法令・ルールの重視などによる経営環境の変化に伴い広がり、
増大する法的なリスクに対応するために社内弁護士は存在します。

また、日本組織内弁護士協会(東京)の調査によると、2013年12月時点で、全国560社に1080人の企業内弁護士が所属しています。04年3月の調査では56社・109人でした。企業内弁護士を採用している企業の数、所属する弁護士の数とも、10年前から約10倍に拡大しています。

4.顧問弁護士

個人や企業で顧問弁護士と契約を結んでいるのなら、
彼らへ相談するのがファーストチョイスになります。

顧問弁護士とは、企業に限らず、個人や団体などの顧問先に発生した法律問題に対応する弁護士のことです。
常に顧問先の相談に乗りアドバイスをしながら、ともにその法律問題の解決に向けて行動します。

せっかく顧問の弁護士がいるのなら、積極的に相談してみましょう。

5.まとめ

最初の3サイトで日本の弁護士のほとんどを網羅しておりますので
目的にあった弁護士を探すことができるでしょう。

もしも迷ったら、信頼があり安心できる
弁護士会と日本弁護士連合会のサイトに記載されている情報から探すのをお勧めします。

また、
個人で弁護士を契約するのか、
企業で弁護士を契約するのかでも選択肢が変わってきます。

あなたにあった弁護士の探し方の記事もありますので参照していただければと思います。

法律も心もサポートしてくれる!あなたに必要な弁護士の探し方

焦らずにじっくりと、目的にあった弁護士で
しかも自分とフィーリングがあう人を探すことが
問題解決の一番の近道です。

急がば回れ、です。

 


あわせて読みたい


弁護士無料相談は0円でどこまで教えてくれるのか? 無料相談の仕方を伝授!

千円で出来る!信用情報の開示で金融機関からの信用度を見る

ワンクリック詐欺被害にあわない為の知識と絶対できる対策法

料金体系も金額も多様…押さえておきたい逆SEO業者の選び方

名誉毀損は高確率で逮捕される!実情と事例に見る現状

ネット社会の大きな問題!誹謗された時の7つの対策方法

誹謗中傷、名誉毀損を警察へ相談する方法

英語翻訳ができない弁護士に2chの相談をしてもダメな理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まだ誹謗中傷対策はするな!

「無料PDF|失敗しないための対策会社の選び方4つのポイント」

あなたは今、誹謗中傷にお困りかもしれませんが、まだ誹謗中傷対策をしないでください。対策を急いだあまりに、悪徳業者に騙されるという二次被害の報告も相次いでいます。

本書では誹謗中傷対策で失敗しないために

①弁護士の選び方
②業社の選び方
③詐欺業社の見抜き方
④依頼するときに気をつけること

という4つのポイントを解説していきます。

あなたも誹謗中傷対策で失敗しないためにも、まずは本書をお読みください。

無料でPDFをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*