転職会議で誹謗中傷されないために気をつけるべき事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
cc19c9358bc977a6a46271f36267eea7_m

転職会議は企業に関する就職や転職関連の口コミ情報を提供するサイトです。

転職会議に誹謗中傷を書かれた側の会社が
転職会議を運営するリブセンスを相手に提訴したこともあります。

転職会議では削除は難しいとされていますが、
誹謗中傷対策はどうすればいいのでしょうか。

 

目次

  1. 転職会議とは
  2. 実際に転職会議で起こったトラブル
  3. 転職会議での誹謗中傷は削除できるのか
  4. 転職会議が伝える削除されない投稿の書き方

1.転職会議とは

転職会議(てんしょくかいぎ)は株式会社リブセンスによって
運営されている企業に関する就職や転職関連のクチコミ情報を提供するウェブサイトです。(http://jobtalk.jp/)

2012年12月時点で、企業30万社、190万件の
企業に関するクチコミ情報が掲載されており、
会員登録者数は50万人を超えるといわれています。

クチコミによる投稿をもとに各項目ごとの
企業情報を閲覧することができますが、
会員登録(無料)して自身のクチコミ投稿をしてポイントを得なければ、
すべての情報を閲覧することはできません。

2.実際に転職会議で起こったトラブル

転職会議では平成28年4月に実際にこのようなトラブルがありました。

 

口コミで名誉毀損、削除求め投稿サイトを提訴

2016年04月27日 15時07分 企業情報の口コミ投稿サイト「転職会議」に、事実と異なる情報が掲載され、 名誉を傷つけられたとして、京都府内の測量設計会社が、サイト運営会社「リブセンス」(東京都)に 情報削除と発信者の情報開示などを求めて京都地裁に提訴したことがわかった。 提訴は7日付。 訴状などによると、設計会社の社員を名乗る匿名の利用者が昨年10月、同サイトに 「取締役夫婦は性格が悪く、機嫌を取らないと待遇が下がる」などと投稿。 設計会社は事実と異なるとして翌月、リブセンスに削除と発信者の情報開示を依頼したが、 同社は「権利侵害が明白ではない」として拒否した。 設計会社は「名誉毀損であることは明らか」と主張している。 一方、リブセンスは、「今回のケースは名誉毀損に当たらないと考えている」としている。

 

3.転職会議での誹謗中傷は削除できるのか

転職会議の利用規約には書き込みと削除権限について下記のことが書かれています。

 

———

書き込みについてユーザーの書き込みまたは編集情報は、随時更新していますが即時に反映されないことがあります。

書き込みまたは編集情報について、弊社が本利用規約に違反している等、本サービスへの掲載に不適格と判断した場合には、当該書き込みまたは編集情報の全部または一部を掲載しない場合や公開範囲を変更する場合、投稿者本人に修正を要請する場合があります。

 

削除権限について、弊社は、次に掲げる場合には、情報の違法性・規約違反の有無に関わらず、関連する情報について、その全部もしくは一部の削除または公開範囲の変更等の措置を行うことができるものとします。

・公的な機関または専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット、ホットライン、弁護士等)から、投稿された情報について、違法性、公序良俗違反または他人の権利を侵害する等の指摘、意見表明があった場合。

・権利者と称する者から、投稿された情報が自分の権利を侵害する旨の申告があった場合。

———

 

実際に、転職会議で企業側からの削除依頼に基づき
削除された口コミは全体の0.05%に過ぎないようです。

しかし、まったく削除ができないわけではなく転職会議のサイトにも
「運営の中立性を確保するため、情報の違法性とその根拠を明示しない削除請求は受け付けることができません。」と宣言しています。

逆に、自社の主張を裏付ける(多くのケースでは口コミの内容が誤りであるということ)証拠をどれだけ示せるかができれば、削除できる可能性はゼロではないということになります。

 

4.転職会議が伝える削除されない投稿の書き方

転職会議では、削除されない投稿の書き方を下記のように伝えています。

①前提

・以下の基準に抵触している投稿は、弊社判断及び申立者の依頼により、削除する可能性があるものとする。
・以下の基準に抵触していない投稿であっても、警察・裁判所等から削除命令が下された場合、削除する可能性があるものとする。

②個人に関する投稿をする際には以下の点に気をつけてください。

「転職会議」は、転職希望者に広く役立つ情報提供を行うことが目的であるため、
以下の投稿は削除対象とします。

・役員に関する投稿は原則として削除対象外ですが、役員の私生活に関する情報は削除対象とします。

・一般社員に関する投稿は、伏せ字などを含め実名を投稿した場合、原則として削除対象とします。なお、個人を特定できない役職名を投稿した場合、原則として削除対象外とします。

③誹謗中傷を意図した投稿はやめましょう。

「転職会議」は、転職希望者に客観的な情報提供を目的とするため、
誹謗中傷を意図した投稿は削除対象とします。

・特定の個人に対する、外見的な容姿等に関して、「デブ」、「ブサイク」等の悪意ある感情的な表現。

・特定の個人に対する、内面的な能力等に関して、「バカ」、「鬼畜」、「クズ」等の悪意ある感情的な表現。

・特定の企業に対する、「地獄」、「人生を無駄にする」等の定義が曖昧な悪意ある感情的な表現。

・個人及び企業に対する、「経営者ならサボってねーで働け!」、「あんな企業潰れてしまえ!」等の乱暴な言葉遣いによる、悪意ある表現。

④各ページのテーマに合う投稿をしましょう。

「転職会議」では、検索性向上のため、以下の投稿は削除対象とします。

・「評判」、「年収」、「売上・業績」、「入社対策」の各ページに関しては、それぞれテーマに合った投稿を行ないましょう。テーマから外れた投稿は、削除対象とします。

・外部サイトへのリンクは、「みんなのオススメ記事」に投稿しましょう。

⑤閲覧者が不快に思う投稿はやめましょう。

「転職会議」では、情報の質の向上を目的として、
です・ます調などの丁寧な表現での投稿をお願いします。

また、以下の投稿は削除対象とします。

・過度の変換ミス、誤字脱字を含む投稿。

・アスキーアート等を含む投稿。

・意味の不明確な投稿。

 

 

ということは、
上記にあたるものは削除できるということです。

これらのことから転職会議では 自分で削除申請するより、
弁護士やプロに依頼する方がよいでしょう。

どうしても削除対象にならない
ネガティブな書き込みがあった場合は
逆seoしかないかもしれません。


あわせて読みたい


メール誤送信の原因と対処法:お詫び文章テンプレ付き

「ネット悪口に屈しないメンタルを作る」3つのおはなし

Yahoo!とGoogleのネガティブサジェストを削除する方法まとめ

逆SEOとは? 5つの手段と悪徳業者の見分け方

必読!失敗しないSEO業者の選び方!

自分でできる!Yahoo!知恵袋での2つの風評被害対策

みんな知りたい!!爆サイの運営会社と爆サイ内での誹謗中傷の対処法

ある技法でAmebaブログ削除依頼を無料で行う方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA