自作自演の疑いがあるサジェスト削除業者に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

自作自演の疑いがあるサジェスト削除業者の相談が連続3件ありました。

2016/4/8〜2016/4/15の短い期間で起きたこと、
相談者が同じ業者名を出したこと、
手口が同様だったことで記事を書く決心をしました。

はっきりと業者名も解っていますが、
真実であっても書き込みすると罪になってしまいます…

申し訳ないですが、
手口だけをお伝えすることで
お役に立てればと思います。

書ける範囲で自作自演業者の手口をお伝えしますので
読んでいただければ被害が最小限になると思います。

そもそも、
口コミだけで営業していた我々がサイトを作るきっかけとなったのも、
同業他社の「情報弱者から搾取して儲けている」の一言ですから
書かずにはいられない心境です。

ネット社会は今後も進化を続けますし、
同様にネット上でのプライバシー侵害や誹謗中傷なども
数多く増えることが予想されます。

弁護士含めて、当社のような救済サービスが
必要なのはご理解していただけると思います。

ただでさえ疑われやすいIT業界ですから、
すべての業者が利益だけにとらわれずに
真摯にお客様と向き合ってほしいです。

 

目次

  1.  サジェストを消す手段
  2.  自作自演業者の手口
  3.  相談の仕方と対処法
zikeidancta

1.サジェストを消す手段

サジェストとはYahooやGoogleの検索窓に
文字を入力したときに自動で表示される検索候補のことです。

例えば、
「ダイエット」と入力してみてください。

「ダイエット ブログ」
「ダイエット 運動」
「ダイエット レシピ」
「ダイエット サプリ」

このように表示されたと思います、
これがサジェスト機能です。

似た機能でオートコンプリートという機能がありますが、
こちらは過去に検索したことがある文字を表示させる入力補完機能です。

似ていますが別物です。

サジェストはちまたで人気のキーワード、
オートコンプリートは過去に検索しことがあるキーワード、
こんな感じで覚えておくとよいでしょう。

このサジェストにネガティブな表示がされたら
各検索エンジンに申請をだすことで削除してもらえます。

もちろん一円もかかりません。

無料です。

では、
なぜ業者は有料で請け負っているのか。

削除申請に対応してくれるキーワードは
「詐欺」「殺人」「犯罪」など事実と異なるキーワードのみです。

「不安」「不信」など微妙なキーワードは
削除対応してくれない場合がほとんどです。

ですから、
業者はこの微妙なキーワードを有料で削除しています。

日額1000円、月額固定2万5千円、などが多いようです。

手法としてはシンプルです。

プログラムで他のキーワードを検索しまくって
対象キーワードを押し出して見えなくする手法があります。

サジェスト表示数はきまっておりますので
「不安」などが消えるまで適当な語句で検索しつづけます。

「企業名」+「サッカー」「運動会」「お昼休み」

などで検索して対象キーワードが表示されないようにするのです。

もうひとつの手法は、
逆に対象キーワードを数千回検索して
検索エンジンにスパム行為として認識させる手法があります。

例として、
1.「企業名 不信」 こちらを1日3千回検索
2.検索エンジンが「サジェスト操作行為」として認識
3.検索エンジンが対象キーワードを表示しないようにする

このような動きになります。

ほかにも削除したり表示させたりする技術はありますが、
100%悪用されるので伏せておきます。

Yahooではサジェスト操作に対してスパムと明言しています。

Yahoo検索の品質向上に対する取り組み

「関連検索ワード」や「キーワード入力補助」での表示を目的として大量の検索クエリーを送信するというスパム行為が見受けられます。これは、各依頼者のWebサイトへトラフィックを誘導できると謳うサービスとして、一部の企業から有償で提供されており、中にはYahoo! JAPANから独占的な許諾を得たと誤認させるような表記を行い、営業を行っている企業も見受けられます。

Yahoo! JAPANでは、これらのYahoo!検索の各表示結果を人為的に操作しようとする行為がインターネットユーザーの検索に対する満足度(Yahoo!検索の品質)を低下させるため、スパム行為として禁止しており、これらのスパム行為に対してはシステム的な措置を講じて排除するなど、よりよい検索結果の提供に向けて日々取り組んでいます。また、このようなサービス(企業)に許諾を与えることもしておりません。

 

あたりまえですがGoogleもガイドラインで表現があります。

ウェブマスター向けガイドライン

自動化したクエリ(検索キーワード)の送信は禁止。

 

どちらにしろ不正行為ですのでおかしな業者には
あまり近付かないのが良いです。

 

2.自作自演業者の手口

私が受けた相談内容は3件とも同じでした。

サジェストを消したくてウェブで検索して
よく目にする広告から問い合わせした。

この時は「名前」+ひとつのネガティブキーワードだったようです。

業者に名前を伝えると、
「詳しく調べます」と言われ
数日後に折り返しの電話を受けます。

業者「大変です、キーワードが増えています、削除しないと大変ですよ」

驚くことにキーワードが増えたそうです。

相談したときに自分の名前を伝えたそうです。

そして、見積もりは4ヶ月か6ヶ月で提案され、
35万前後と言われてます。

「資金がない」と伝えると、
「では15万でいいです」と言われるそうです。

かなりトークが上手なようで、
相談者は口を揃えて
「オレオレ詐欺みたいな感じで怖くなった」
と言っています。

そして、
削除を頼んだのに業者のほうが怖くなって
相談できる別の業者を探していたということで
当社に相談がきたという経緯です。

個人の方やあまり小規模店舗なので
サジェストにいくつも表示されるような
検索数はほぼないはずです。

これは、
業者が自作自演している可能性が高いと思われます。

 

3.相談の仕方と対処法

では、
どのようにして優良業者を選べばよいのでしょうか。

おすすめは、

・具体的キーワードを伝えない
・対策内容を詳しく聞く

ことです。

キーワードを伝えなければ
プログラムで自作自演されることもないです。

具体的内容を聞いて、
プログラムで消すというところは
今後が不安なので注意したほうがよいです。

サジェスト作成ツールはネットで調べれば
無料で落ちているくらいですので開発費もかかりませんしね…

あなたが有名人や有名企業でない限り、
サジェストは自動で消え去ります。

ネガティブサジェストは申請すれば
そのほとんどが無料で消せます。

どちらにしろ無料です。

「なにしろすぐに消したい」という人もいるでしょうが、
その場合は業者の会社内で打ち合わせをして雰囲気を見たり、
自社に呼んで人柄を見たりするとよいでしょう。

ウェブでは見せられない実績が沢山あり、
有名企業や有名人、ウェブでの実績が豊富な業者を選びましょう。

削除相談するということは、
弱みをみせることと同じなので
悪質な業者はそこにつけこんできます。

あなたに代わって交渉をしたりするのは非弁行為で違法ですし、
サジェストの意図的操作も検索エンジンの推奨する行為ではないです。

削除業者自体が風評記事を知恵袋に投稿して
訴えられた事件もありますし、
真実はどこにあるのか不安になりますね…

ちなみに当社では匿名で相談をうけ、
自分でやれることは徹底的にお伝えしております、
もちろん無料です。

パソコンの操作などの質問はお答えが難しいですが、
できるだけお金をかけずに自身でやって頂いてます。

どうしても自分で対処するのが無理な場合のみ
次のステップで具体的相談に移らせて頂いております。

どんなビジネスもそうですが、
最後は直接面談で人を見て
対策をお願いするのがよいと思います。

誹謗中傷、風評で焦る気持ちは解ります、
しかし焦らず行動してください。

逆にカモになってしまわないよう、
十分に気をつけてください。

 


あわせて読みたい


通販サイトのトラブルなら!無料電話相談できる6つのサイト 

誹謗中傷を無料で削除する方法まとめ 

ネットの被害はネット警察へ!迅速親切で検挙多数しかも無料!

今さら聞けない!個人情報保護法って一体なに? 簡単解説

増え続けているスマホのクリック詐欺の対策方法

ネット社会の大きな問題!誹謗された時の7つの対策方法

悪質サイトの深刻すぎる被害事例まとめ(悪質サイト集付)

多発している自動音声詐欺!実態と防衛策とは

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まだ誹謗中傷対策はするな!

「無料PDF|失敗しないための対策会社の選び方4つのポイント」

あなたは今、誹謗中傷にお困りかもしれませんが、まだ誹謗中傷対策をしないでください。対策を急いだあまりに、悪徳業者に騙されるという二次被害の報告も相次いでいます。

本書では誹謗中傷対策で失敗しないために

①弁護士の選び方
②業社の選び方
③詐欺業社の見抜き方
④依頼するときに気をつけること

という4つのポイントを解説していきます。

あなたも誹謗中傷対策で失敗しないためにも、まずは本書をお読みください。

無料でPDFをダウンロードする

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*