借金せずに起業するマインドで成功に近づく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
7645a269b3e9da32d82be022e5f05e40_m

 

あなたが今もし起業を考えていて、

「まず一等地に立派な店舗を構えて、従業員を雇って…」

などと思い描いているとしたら、
一度思いとどまることをおすすめします。

 

なぜなら
その起業は失敗して当然のものだからです。

 

日本の企業生存率は、
1年後で40%、10年後ではわずか6%と言われています。

1年続かせることが出来ない事業が60%もあり、
94%の起業が失敗に終わるということです。

起業が成功する確率は、
高レートのギャンブル並みとも言えます。

 

1回の起業で大きなヤマを当てようなんて雲をつかむような話。

たとえダメだったとしても人生を投げ出さなくて良いように、
失敗しても大丈夫な状態で始めるのが良いでしょう。

 

起業で借金なんてもってのほかです。

 

確率の低いことをするのに、
わざわざリスクを抱えるのは賢い選択ではありません。

起業を成功に導く鍵のひとつである「無借金のススメ」をお届けします。

 

 

目次

  1.  起業が失敗する理由
  2.  借金して起業するリスク
  3.  無借金でビジネスを始める方法
  4.  まとめ

 

1.起業が失敗する理由

 

起業をすること自体は誰にでも出来ることです。

ただ、10年継続率6%と言われる起業の世界で、
最初から成功する可能性はきわめて低いと言えます。

いきなり好立地に立派な店舗を構えたり従業員を雇ったりして、
「城を築く」という夢を一瞬実現させたとしても、
続けられなければ意味がありません。

僕の最初の起業はお店を作って
借金まみれになって失敗しました

事業を続けられなくなる一番の原因はお金です。

売上を上げるのは簡単なことではありませんし、
売り上げてもコストがかかってしまえば利益は出ません。

使ったお金に比例して儲かるというのは大きな勘違い。

多額の費用をかけるということは、
それ以上の売上を上げなければならないということですが、
計画通りに売上が上がる保証はどこにもありません。

面白いことに医者も弁護士も、
その他の業種の学校でも
集客を教えていません。

会社やお店の作り方は教えても
一番重要な集客を教えていませんので
起業したときに足りないピースに気がつきます。

集客できないから利益があがるはずないのです。

利益が出なければモチベーションも下がってしまいます。

うまくいくかがわからないのであれば、
費用はなるべくかけないことが賢明です。

 

家賃や人件費といった月々のコストはリスクにしかならないのです。

確実な売上のメドが立たないうちに出費ばかりを確定させて、
それが払えなければ短期間で事業を終わらせなければならない
という結末がやってくることになります。

 

 

 

2.借金して起業するリスク

 

自分はどんなに良いアイデアだと思っても、
始めてみたら様々な問題が浮上するということも珍しい話ではありません。

見通しの甘い売上計画や、
出るか出ないかわからない助成金などをアテにするのも危険です。

脱サラして起業しようと考えていて、
「最初のうちはサラリーマン時代の給料より、多少収入が減っても…」と、
多少の覚悟をしている人は結構居ると思います。

でも、収入が半分や1/3以下にほどにまで減ると
想定している人は少ないのではないでしょうか。

大体の人がほぼ収入ゼロで何ヶ月も過ごすことになるのが現実です。

独立起業は生活出来ないほどに収入が減ってしまうのがあたりまえです。

そのくらい、起業はシビアな挑戦なのです。

 

お金を借りて初期投資をしても、
早い段階で事業を軌道に乗せられなければ、
借金は膨らむ一方になるでしょう。

万が一、借金を借金で返さないといけないようなことになれば、
大げさではなく最後は自殺を考えるしかなくなるかもしれません。

 

収入がない状態で、
借金まであったら心身は確実に追い詰められていきます。

始めた事業がたとえうまくいかなくても、
借金さえなければあまり悲観的にならずに
次の手を考えることができるのです。

 

成功率から考えると、
「起業は失敗するもの」くらいに考えておいた方が健全です。

失敗を前提に考えるのであれば、
借金をしての起業することがいかにリスキーなものか、
ご理解頂けると思います。

 

 

 3.無借金でビジネスを始める方法

 

今は、起業するのにリスクを背負う時代ではありません。

ではどうすれば、借金をせずに起業できるのか、以下にまとめてみました。

 

 <1> 一人フリーランスで始める

人件費は一番高いコストです。

人を雇うのではなく、まずはフリーランスとして
自分ひとりで働けば、人件費はかかりません。
 <2> 自宅事務所にする

家賃という固定費もリスクです。

場所が良ければ必ず売れるなんてセオリーはありません。

自宅を事務所として使えば事業用の家賃は必要なくなります。
 <3> インターネットを使う

特別な設備投資はいりません。

今やインターネットに繋がっていない人はほとんど居ないはずです。

お金をかけて立派なホームページやネットショップなどを作らなくても、
無料でできるブログや、オークションサイト、アプリなどもたくさんあります。

高性能のパソコンが必ず必要という訳でもありません。

極端に言えば、パソコンではなくスマホだけでもビジネスをすることが可能なのです。

 

海外での起業はすでに
ITでしか成功しないと言われています。

資金ゼロ、脳みそだけで勝負できますし、
みんなイーブンですし、
あたったら簡単に数億になります。

リスクは自分の頑張った時間のみです。

 

日本ではなぜか会社とかお店を作ることが正攻法と
教えられていて実際には売り上げはあるけども
利益が10%もなく苦しいだけ、な人たちが多いです。

 

失敗したり破産したりすると
バカにされたりする風潮がありますが
海外では起業職人と呼ばれて
逆に尊敬されます。

 

4.まとめ

 

近年は、起業ブームと言われています。

理由としては、インターネットの普及により誰でも簡単に、
資本金0で始めることが出来るようになったから、
というのが大きいと考えられます。

 

せっかくリスクを避ける方法があるのですから、
活用しない手はありません。

 

会社員でどんなに成果をあげた人でも、
独立起業した最初は経営者1年生。

いきなり成功しなくても、無理はありません。

 

起業の96%は失敗する言われていますが、
何をもって「失敗」とするかはあなた次第です。

うまくいかなかったとしても、
リトライしてやってみれば、
「終わり」ということはありません。

何度も挑戦して、
その中でうまくいく方法を学んでいけば、
いつかは成功に辿り着けるのではないでしょうか。

そのためには、何度でも気軽にやり直せる状態を作っておくことです。

最初から全人生をかけて大きな賭けに出るのではなく、
なるべくリスクをとらずに確実な手法で成功を手繰り寄せていく。

それが、インターネットという神器を
手に入れた現代人起業のスタンダードでしょう。

なんどもお伝えしていますが、
何事も小さくテストが大事です。

小さくテストして
うまくいったら投資すれば
失敗する可能性は少なくなります。

 


あわせて読みたい


借金まみれのどん底から億を稼ぐまで「起業家の無料通信講座サンデービジネス1」

成功に必要な2つのスキルと究極のセルフマネージメント術「起業家の無料通信講座 サンデービジネス6」

借金まみれの地獄から這い上がった著名人の人生を詳しく

仕入れ0で20万円!? ビジネスの基礎を学ぶネット出品攻略法

まさか「草」が! 家の中の売れるものリスト

商品の切り口を変えて数倍売れる市場を見つける3ステップ

広告費無料で商品が新聞やテレビに取り上げられて月間1万個以上販売する方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA