千円で出来る!信用情報の開示で金融機関からの信用度を見る

過去に少しでも支払いが遅れた経験はありますか?クレジットカードやローンの審査に落ちたことはありますか?身に覚えのある方は、自分がブラックかどうか気になりますよね。

それを確認するため、新しくクレジットカードを申し込むのは危険です。ぜひ、自分の信用情報を調べてみましょう。信用を取り戻すには、自分の信用情報の現実を確認することから始まります。

その方法を簡単にまとめました。

zikeidancta

1.信用情報とは

信用情報とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の個人の属性情報およびローンや公共料金等の支払い情報のことで、個人情報の一つです。

一般的には、個人の属性情報と、ローンやクレジット、キャッシングなどの申込みや契約内容や利用残高、返済状況に関する客観的な取引事実を登録した個人情報のことを指します。

主に金融系の会社が「信用」を判断するための参考資料として利用しています。

2.信用情報機関とは

では、どこに信用情報はあるのでしょうか。

経済産業省が指定する個人信用情報の収集・提携を行う機関は3つあります。

全国銀行個人信用情報センター(以下KSC)
株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)
株式会社日本信用情報機構(以下JICC)

この三つです。

KSCは銀行系。主に銀行、銀行系クレジットカード会社、外資系の一部の企業が加盟している機関です。

CICは信販、クレジット系。主に割賦販売等のクレジット企業を営む企業が加盟している機関です。

JICCは貸金業系。主に貸金業を営む企業が加盟している機関です。

信用情報の保管期間は、どのぐらいでしょうか。

借入等の申込み事実をKSCが1年を超えない期間、CICが6ヶ月間、JICCが6ヶ月以内。

取引事実をKSCが5年を超えない期間、CICとJICCが5年以内。

延滞の事実をKSCが5年を超えない期間。CICが5年間、JICCが5年以内。

官報情報(破産)をKSCが破産手続き開始決定等を受けた日から10年を超えない期間。

上記のように登録されています。

また3機関が相互共有しているネットワークシステムも存在します。

つまり、貸金業者で延滞情報がある場合、
JICCのみが情報を保有し、
KSCやCICの加盟会社にはバレないというわけではありません。

CRINという情報共有システムで、
主に個人の属性情報や「異動(延滞)」などの
重要な事故情報は3機関ともに情報交流されています。

FINEというシステムでは、主に多重申込みチェックや
総量規制(銀行系を除くキャッシング借入れ総額は年収の1/3までに制限)をするため、
CICとJICCの2機関で情報共有がされています。

3.本人開示してみよう

では信用情報を見るにはどうすればよいのでしょうか。

信用情報を見ることができるのは本人のみです。家族や勤務先の会社が開示することはできません(亡くなられた方の開示は各機関のHPを参照)。

開示請求をするには3つの手段があります。

窓口、郵送、ネットです。

KSCは、現在、郵送でのみ開示請求を受付けています。

CICは、窓口、郵送、ネットにて、開示請求を受付けています。

JICCは、窓口、郵送、スマートフォンにて、開示請求を受付けています。

窓口は、CICが北海道、東京、宮城、愛知、大阪、岡山、福岡の7ヶ所。

JICCが、東京、大阪の2ヶ所です。

郵送の場合、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート等のコピー)が2点必要で、ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1000円分の同封が必要です。報告書が届くのに10日程かかります。

JICCのスマートフォン開示は、スマートフォンから開示請求の申込みができます。

本人確認書類1点と支払い方法は利用可能なクレジットカード、コンビニ支払い、ATM、オンラインバンキングがあります。報告書は郵送での返信になります。

CICでは、本人確認書類不要で、利用可能なクレジットカードがあれば、インターネットの使えるパソコンやスマートフォンや携帯電話から、即時、報告書を画面で閲覧することができます。

CICは信販・クレジットカード会社のみならず、銀行系、貸金業系、携帯電話会社等、数多くの企業が加盟しています。

3機関すべてでの開示の手数料や手間や時間を考えると、まずは自宅のパソコンなどで、すぐ確認できるCICの開示で十分です。

さっそくCICのネット開示を利用してみましょう。

CICのHPで利用可能なクレジットカード一覧を確認し、該当のクレジットカードを用意します。クレジットカード会社に届けている電話番号(携帯電話可)から、専用ダイヤルに電話し、ガイダンスにしたがって取得した受付番号をメモします。

電話後、1時間以内に、パソコンやスマートフォンや携帯電話から、CICのネット開示のお客様情報入力フォームへ行き、入力していきます。

入力内容を確認し、確定ボタンを押すと、パスワードが表示され、PDFにて報告書がダウンロードされます。パスワードを入力し、PDFを開き、報告書を見ていきましょう。

報告書には主にクレジット情報、申込み情報、利用履歴があります。クレジット情報は、契約した内容、支払いの状況などを表す情報です。申込み情報は、クレジットカードやローンを申し込んだ際、契約会社が支払い能力の確認のため照会をした情報です。

利用履歴は、現在、利用中の契約会社が利用途上における支払い能力を確認のため照会をした情報です。

申込み情報では、6ヶ月以内の短期間に複数の会社に申込んだ事実を確認することができるため、「お金に困っているのかな?」と疑われ、審査に落ちる場合もあります。

利用履歴では、現在、利用しているクレジットカード会社等が、照会した事実が確認できます。契約会社によって、途上与信のための照会頻度やパターンはさまざまなようです。

4.重要なクレジット情報を見てみる

契約会社ごとにページが分かれています。

<お支払いの状況>の欄の26.返済状況のところに「異動」と記載されていませんか。

異動とは、長期に渡る支払いの遅れ(返済日より61日以上または3ヶ月以上)がある場合で、いわゆるブラックリストに載った状態です。

5年は、新しくクレジットカード等の作成は難しく、今、契約しているクレジットカードを強制解約の可能性もあります。異動の記載が無いからと言って安心してはいけません。

<入金状況>の欄を見てみましょう。

入金状況が、24ヶ月遡って、月単位の表で掲載されています。毎月$マークが並んでいればよいのですが、PやAのマークはありませんか。Pが一部入金、Aが未入金です。

支払日から61日を超える異動(延滞)でなければよいというわけではありません。最近は携帯電話会社の入金状況Aマークの人が多いそうです。

電話料金に、機種代の分割払いが含まれており、電話料金の支払い遅れによるブラック予備軍が多いとのこと。信用情報を開示し、異動(延滞)の記載があれば、5年は新しい借入れは我慢が必要と思われます。

入金状況にAやPマークがあれば、2年(24ヶ月)間、毎月$マークが並ぶように支払いましょう。もちろん、ネガティヴな情報が消えてからも、きちんと支払うことが大切です。

信用情報機関の加盟会社は、あなたの契約している他社の社名はわかりません。ただ他社の支払いの少しの遅れや残高も照会可能です。総量規制まではかからなくとも、収入と借入れのバランスは大丈夫ですか?

引き落とし日を超え、携帯電話の通話が止まる前までに支払ったり、たった数千円、たった1日の遅れであっても、軽く考えてはいけません。あなたの信用情報に傷がつきます。

近い将来、住宅ローンや教育ローン、カーローンなどが組めないことにもなりかねません。クレジットカードの利用やローンを組むことは決して悪いことではありません。入会特典やポイントやネットでの買い物や海外旅行や車など大きな買い物に、とても便利です。

信用される自分と楽しいマネーライフのため、賢い利用と返済日の前日までに入金する自分へと、明るく成長していきましょう。


あわせて読みたい


料金体系も金額も多様…押さえておきたい逆SEO業者の選び方

超簡単!IPアドレス開示請求の流れと4つの問題点

借金まみれのどん底から億を稼ぐまで「起業家の無料通信講座サンデービジネス1」

インターネット詐欺、サイバー犯罪の種類と対策まとめ

費用無料!著作権侵害サイトの申立と削除方法

個人信用情報機関に関する知っておくべき10のまとめ

スパイやテロの情報を秘匿し漏えい者には罰を。秘密保護法を簡単解説!

厳罰化される「お客さま個人情報の取り扱い」について入門編。