ブラック企業回避!企業評判サイトでリサーチした者が勝つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_m

 

少しでもよりよい条件で働きたいですよね。

職を探している時、転職を考えた時、
希望する会社がブラック企業かどうか気になることでしょう。

あなたはどのように比較検討をしていますか。

最近は、企業の評判が書き込まれたサイトが活用されています。

共にリサーチしてみましょう。

 

目次

  1.  企業評判とは
  2.  企業評判サイト会員登録
  3.  まとめ

1.企業評判とは

新しい仕事や人間関係や会社のルールや
通勤に順応するのには、そうとうの労力がいります。

せっかく入社しても短期間で辞めることは避けたいもの。

今より給料の高いところへ転職がしたいのに、
ノルマ過多やサービス残業や形だけの福利厚生
女性・非正規労働者差別などハラスメントの玉手箱に偽装の慣例

「今より月給いいぞ!」と思った給与例は、
丁稚奉公をいとわず、人並み外れた体力のトップ営業マンの例だったらどうでしょう。

そのようなブラック企業では心身ともに健康で働くことはできません。

職を探す時、ハローワークや就職情報誌や新聞等の求人広告や
転職サイトや学生であれば学校に来ている求人募集。

条件の優先順位は、
年収ですか?
雇用形態ですか?
立地ですか?
ネームバリューや将来性ですか?

候補の会社をいくつか絞り、
各社のホームページや転職サイトのページを閲覧しますよね。

「よしっ!」とエントリーをする前に、
情報量をもっと増やしてみましょう。

自動車や家電製品や化粧品を買う時など、
メーカーのホームページや広告を参考にしますが、
すべて鵜呑みにはしないはずです。

楽天やYahoo!やAmazonや価格ドットコムや
@cosmeなどのサイトで口コミを参考にすることもあるのではないでしょうか。

今まで、バイト先や就職先に入った後、
「あれ?」と思った経験が誰にでもあるはずです。

高いお金をかけて作っている会社のホームページや求人広告も同じです。

プロがとても魅力的に描いています。

何かを買う時に、サイトで口コミも参考にするように、
就職の分野においても「企業評判サイト」があります。

会社の口コミサイトは企業が自作自演できませんので
かなり信ぴょう性の高い情報だと言ってもよいでしょう。

それらを参考にすれば、
いかに有名な企業でも内容がブラックだったり、
逆に零細企業でも条件の良い企業かが解ります。

自分で自分を褒めるのは誰でもできますが、
他人から褒めてもらうのは大変です。

企業も同じように募集広告やサイトを鵜呑みにせずに
経験者の声を信用してみるとよいでしょう。

 

代表的な企業口コミサイト(50音順)

カイシャの評判

会社番付

キャリコネ

転職会議

VORKERS

 

企業評判とは資産や株価や収益などの企業評価が
価格ドットコムなどで言うスペックにあたり、
メインは企業のホームページや求人広告には掲載されていない実情のデータ。

例えば、平均年収や残業時間、有給消化率、福利厚生、
教育・研修、人事評価制度、会社の安定性や将来性、仕事のやりがい、
人間関係、オフィス環境、社長の手腕などのみんながとくに知りたい情報の
「実際のところどうなの?」という、現場の声を集めたもののようです。

 

2.企業評判サイト登録

では企業評判サイトを閲覧してみましょう。

いずれのサイトも会員登録が必要です。

実際に求人広告業大手のエン・ジャパンのカイシャの評判に登録してみました。

実はこの会員登録こそが、
企業評判の情報収集の基という「からくり」です。

だいたい平均して会員登録には30分ほどかかります。

実際に会員登録してみましょう。

登録方法はFacebookのアカウントで登録、
Googleアカウントで登録、
Yahoo!JAPANのアカウントで登録、
メールアドレスを直接入力の中から選べます。

カイシャの評判申込みフォーム1

FacebookやGoogle+には投稿されないとのことなので、
Facebookのアカウントで登録してみることにしました。

次に性別、生年月日、つづいて現在の就業状況の画面に移ります。

就業状況の画面では、正社員、アルバイト、契約社員、派遣社員、
離職中(前職は正社員)、離職中(前職はアルバイト、契約社員、派遣社員)、
学生の中から選びます。

Facebookに就職先を登録しているようであれば社名が表示されます。

表示されない場合は、勤務先の情報を入力するフォーム画面になり、
会社名、本社所在地、ホームページを入力し、次へのボタンをクリックします。

会社名が表示されました。

さらに次へのボタンへ進みましょう。

職種を選ぶ画面になりました。

登録キャプチャ5

項目は以下のとおり。

営業系(営業、MR、営業企画他)、企画・事務・管理系(経営企画、広報、人事、事務他)、販売・サービス系(ファッション、フード、小売他)、専門サービス系(医療、福祉、教育、ブライダル他)、クリエイティブ系(WEB・ゲーム制作、プランナー他)、ITエンジニア(アプリ開発、ITコンサル他)、電気・電子・機械系エンジニア(電子・回路・機械設計他)、建築・土木系エンジニア(建築、設計、施行管理他)、医薬・化学・素材・食品系専門職(研究・製品開発・生産管理他)、運輸・物流・設備系(ドライバー、警備、清掃他)、その他(公務員・団体職員他)の11職種の中から選びます。

職種を選ぶと、次は年収です。

登録キャプチャ6

299万円以下、300万円~399万円、400万円~499万円、500万円~599万円、600万円~699万円、700万円~799万円、800万円~899万円、900万円~999万円、1000万円以上の中から選びました。

続いて転職の有無についての質問画面になりました。

カイシャの評判申込みフォーム11

1回ある、2回ある、3回ある、4回以上ある、転職したことはない、の項目に分かれています。

次に、現在、転職活動をしているかについて。

カイシャの評判申込みフォーム12

転職活動をしている、転職を考えているが、活動はしていない、
転職は考えていない、の3つから選びます。

やっとログインID(メールアドレス)、パスワード、ニックネームの入力フォームになりました。

利用規約に同意し、会員登録(無料)ボタンをクリックします。

カイシャの評判申込みフォーム13

引き続き、登録した会社に関するアンケート回答を促す小窓が表示されました。

アンケートに回答すると、すべての企業の情報が無料で閲覧、
会社同士の比較機能なども利用できるようです。

アンケートの内容は、なんと以下60問もありました。

 

・社員は若い人が多いか、年配者が多いか。

・仕事は忙しいか、余裕か。

・自分のやり方で仕事を進められるか、仕事の進め方にきちんとルールがあるか。

・挑戦的な社風か、堅実な社風か。

・個性を重んじる社風か、協調性を重んじる社風か。

・活気のある社風か、落ち着いた社風か。

・実力主義か、年功序列か。

・仕事重視の社風か、プライベート重視の社風か。

・あなたと周りの人間関係は良好か。

・お互いの成長を支援し合える仲間が職場や社内にいるか。

・自分とは考えや価値観の異なる社員と一緒に仕事をする機会があるか。

・時には耳の痛い指摘もしてくれる人(上司・同僚・後輩等)が社内にいるか。

・上手くいったことをお互いに褒め合う風土の職場だと思うか。

・上手くいったとき、上司は褒めてくれるか。

・あなたは自分の仕事が周囲から信頼されたり、評価されていると感じるか。

・仕事を通して達成感を味わえるか。

・自分の達成が自分の成長やチャンスの拡大につながる実感はあるか。

・あなたは仕事の達成や成功経験を通して、成長を実感することが多々あるか。

・先輩や上司は厳しく指導してくれているか。

・自分の能力が少しずつ向上していると思うか。

・自分の仕事が周りに喜んでもらえると思うか。

・責任のある仕事を与えてもらっていると思うか。

・仕事の責任を果たすことで、組織内の期待に応えられていると思うか。

・あなたは困難な仕事にも逃げず対応し、担当者として責任を果たしているか。

・仕事で社会に貢献する実感を持てるか。

・会社全体として社会に貢献していると思うか。

・あなたは仕事で周囲の方の役に立っている実感を持っているか。

・給与は仕事に対して満足できる額か。

・残業は納得できる範囲内か。

・休日は規定どおりに取得できているか。

・職場の物理的環境(オフィス設備・作業空間・備品等)は良好だと思うか。

・福利厚生は満足できる内容だと思うか。

・教育・研修は満足できる内容だと思うか。

・人事評価制度は納得できる内容だと思うか。

・安定した企業だと思うか。

・成長性・将来性のある企業だと思うか。

・社員は定着していると思うか。

・社長の経営手腕は優れていると思うか。

・中途入社社員が活躍しているか。

・外国人の社員が活躍しているか。

・女性管理職が比較的多いか。た

・20代の管理職がいるか。

・個々人(多様性)を受け入れる風土があるか。

・風通しが良い社風か。

・社員の士気は高いか。

・学歴が重視されるか。

・出産・育児支援の制度があるか。

・フレックスや在宅など柔軟な勤務スタイルが選択できるか。

・商品・サービス・技術など、同業他社と差別化できる独自性はあるか。

・他社に先駆けて参入した事業・サービスはあるか。

・シェアトップクラスの事業・商品・サービス・技術があるか。

・若い社員にチャレンジングで困難な仕事を任されるか。

・キャリアの幅を広げられる機会があるか。

・会社の理念・ビジョンに対して、社員が共有・共感していると思うか。

・オフィスはきれいか。

・ユニークな社内制度やシステム、福利厚生があるか。

・上司との食事・飲み会が多いか。

・同僚との食事・飲み会が多いか。

・美男美女が多いと思うか。

・社内恋愛が盛んだと思うか。

以上、カイシャの評判からの引用です。

アンケート回答後、すべてのカイシャの詳細データがいつでも閲覧可能になりました。

言い換えれば、会員登録のために、
「就業経験のある方のアンケート結果=企業評判データ」であり、
企業評判サイトを作っているようです。

さらに良い点や気になる点を書き込める口コミ機能もありました。

思い浮かぶさまざまな会社を閲覧してみましょう。

きめ細やかな質問からデータ化された生の声が反映されています。

意外だったり、頷けたり、実に面白いサイトです。

会社のホームページや求人広告から抱いていたイメージとのギャップを埋めることもできるでしょう。

逆に好感度アップする会社があるかもしれません。

気になっている会社が自分にとって嫌なことがないか参考にして、
ブラック企業かどうか参考にしてみましょう。

 

3.まとめ

何かを選択する時に、いろんな情報が手に入る時代になりました。

働くという人生の大きな選択においても然り。

有価証券報告書などから見る企業評価から、
該当の会社のホームページや転職サイトや
企業評判のサイトやSNSや2ちゃんねるの書き込みまで。

エントリーする前に、できる限り多くのさまざまな情報をリサーチして、
自分なりに判断することをオススメします。

2ちゃんねるでは、さくらや嫌がらせや嘘の書き込みも多いかもしれません。

企業評判のサイトであっても、グルメサイトで、
批判されていたお店が自分にはとても合うこともあるように、
あくまで個人の主観です。

企業評判サイトでは、登録の煩わしさから、
該当の会社でイキイキと働いている人よりも、
退職をした人が職を探すために登録をし、
書いているケースが圧倒的かもしれません。

ゆえにネガティヴな傾向にあることを多少、
差し引きつつブラック企業ではないか警戒してみましょう。

冷静に、柔軟な脳で、バランスのとれた視点が大切です。

大切な判断をするために、企業評判のサイトもぜひ参考にしてください。

転職を考える方だけでなく、転職を考えていない方や
個人事業主の方や学生も企業評判の情報収集は、
働くことをあらゆる角度から見つめ直す良い機会になりそうです。

ブレない信念を持ちながら、多種多様な情報をリサーチし、
さまざまな考えを参考に自分の考えを持ち判断してみること。

一度しかない大切な人生。

少しでも「こんなはずじゃ」と後悔するリスクを減らしましょう。

大きな看板を信用して騙されてしまう時代はもう終わり、
これからは本当にお客様や社員のためを思っている会社が生き残っていきます。

ブラックかどうかは労働時間や賃金ではなく、
あなたのことを考えている会社かどうかで判断してはいかがでしょうか。

 


あわせて読みたい


パソコン遠隔操作事件より増えているスマホ遠隔操作事件とは

事件多発!情報漏えいの原因はほとんどが内部ヒューマンエラー

ネット集客初心者用!Webマーケティングを目指すネット広告7種

通販サイトのトラブルなら!無料電話相談できる6つのサイト 

IT裁判は情報戦!判決検索で情報収集して勝つ

個人情報保護法を違反するとどうなるのか? 事例からリスクヘッジを学ぶ

Yahooメールの流出を確認するサイトとパスワード管理ツールまとめ

【必読】もう騙されない!「国民生活センター」活用術

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA