インターネット上で誹謗中傷は、どんな罪に問われることになるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

誹謗中傷とは、他人に対して根拠のない嫌がらせや悪口を言うこと。

法的場面では、「誹謗中傷」そのものが訴えることはありませんが、結果として訴えられることがあります。

いったいそれはどんな罪に問われて訴えられるのでしょうか。

もはや知らなかったでは済まされないネット上での法的知識。

今のうちに頭に入れておくのが賢明です。

 

目次

1.インターネット上での誹謗中傷によって問われる罪
 1-1 名誉棄損罪
 1-2 侮辱罪
   1-3 信用棄損罪
   1-4 業務妨害罪

2.誹謗中傷によって裁判になった著名な事件
   2-1 プロゴルファーの北田瑠衣氏による損害賠償請求事件
   2-2 福山哲郎参院議員への名誉毀損事件
   2-3 慶応大学学生による元准教授名誉棄損事件  

 

zikeidancta

 

1. インターネット上での誹謗中傷によって問われる罪

1-1 名誉棄損罪

社会的評価を害するおそれのある状態を生じさせた時点で公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。(刑法230条1項)。

法廷刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金です。

インターネット上に人の悪口を書いた場合は、名誉棄損罪に当たる可能性がありますので、気を付けましょう。

 

1-2 侮辱罪

事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪である(刑法231条)侮辱罪の法定刑は、拘留または科料であり、法廷刑の中では最も軽いです。

相手の悪口を言う場合は、名誉棄損罪になりますが、侮辱はアホ、バカ、ハゲ、カスキモイなど漠然と相手を貶める場合は侮辱罪にあたります。

ちなみに、科料とは「1000円以上1万円未満」の金銭を強制的に徴収する財産刑のことです。1万円以上は罰金と呼ばれます。

 

1-3 信用棄損罪

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて人の信用を毀損した場合に成立します。

嘘をネットに書いて情報を流すと罰せられることがあります。

下記の業務妨害罪と同じく刑法第二編第三十五章「信用および業務に関する罪」(第233条、第234条、第234条の2)に規定されている。

 

1-4 業務妨害罪

業務妨害罪は2種類あり、虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて人の業務を妨害することを、偽計業務妨害罪、威力を用いて人の業務を妨害することを威力業務妨害罪と呼びます。

 

2.誹謗中傷によって裁判になった著名な事件

2-1 プロゴルファーの北田瑠衣氏による損害賠償請求事件

2006年10月3日「2ちゃんねる」で北田瑠衣氏を誹謗中傷する書き込みを巡って、2ちゃんねる管理人の西村博之氏に対して東京地方裁判所に書き込みの削除と損害賠償を求める訴訟を提起しました。

西村博之はこの裁判について「彼女の誹謗中傷の書き込みの削除にちゃんと応じたんだから、これ以上何を行えば良いのか?」と語った。

11日に開かれた公判は、代理人弁護士も出廷せず、北田の請求を認諾したことになり、25日に100万円の賠償を命じる判決が言い渡された。

一人の女子プロゴルファーの訴えは、多くの著名人が誹謗中傷に泣き寝入りする必要はないと証明した事件だと言われています。

 

2-2 福山哲郎参院議員への名誉毀損事件

月刊誌「文藝春秋」やブログの記事で名誉を傷つけられたとして、福山哲郎元官房副長官が発行元の文藝春秋と執筆したライターらに損害賠償などを求めた事件の控訴審。

ライターは「文藝春秋」等に、当時副外相だった福山議員の地球温暖化に対する姿勢を批判する文章を執筆し、その後ブログに「いじめを受けている」などと書いた。

一審東京地裁は文藝春秋側への請求を棄却し、ライターのブログ記事については名誉毀損を認めて損害賠償金の支払いを命じたが、ライター側が控訴していた。

東京高裁で、ライターが問題となったブログの記述をすべて削除することで和解が成立した。

 

2-3.慶応大学学生による元准教授名誉棄損事件

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」での書き込みで中傷を受けたとして、慶応大学湘南藤沢キャンパス(藤沢市)の元准教授が教え子の男性に約330万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が1日までに横浜地裁で言い渡され、志村由貴裁判官は「元准教授の社会的評価を低下させた」として、約180万円の支払いを命じた。

判決は4月24日付。

判決によると、在学中に元准教授のゼミに所属していた男性は2012年8~10月、元准教授について掲示板に「楽しそうにハラスメントしてんじゃねーよ」などと匿名で書き込んだ。

男性側は、書き込んだ理由について「元准教授から不当な扱いを受けた」と説明する一方で、書き込みは一般的な表現で社会的評価は低下していないなどと主張。

だが志村裁判官は、元准教授の名誉を毀損したと認定。600近いサイトへの転載分も含めた慰謝料100万円のほか、書き込んだ人物の調査費用約70万円の支払いも命じました。

 

インターネットは誰もが使っているにも関わらず、それらに関わる法律やルールを知らない人は非常に多いです。

特に誹謗中傷による罪は、誰しもが加害者になりうる可能性があります。

これらは、「知らなかった」ではすみません。

これからも楽しくインターネットをするために知っておきたい法律といえるでしょう。

 

 


あわせて読みたい


夫婦だけの問題ではない離婚慰謝料の話

名誉毀損で訴えられてしまったら読む記事

実はチャンス!起業失敗→借金→地獄(自殺)にならいための5つの道

英語翻訳ができない弁護士に2chの相談をしてもダメな理由

経済的に困っている人必見! 法テラスの無料法律相談

誹謗中傷、名誉毀損を警察へ相談する方法

コンサルティング会社に負けないSEO対策記事の基本作成法

Webコンサルティング会社に依頼する前に、確認しておきたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*