Ameba(アメーバ)に誹謗中傷が書かれた時の削除の方法

アメーバといえばアメーバブログ(アメブロ)を 思い浮かべる人が多いと思いますが、 実は色々なサービスを展開しています。現在、15個のサービスが展開されていると聞いたら、 驚かれるかもしれませんね。簡単にサービスの名前と内容をお知らせします。

①Amebaブログ(アメブロ)
大人気ブログサービス

②アメーバピグ
アバターでチャットやゲームでの交流を提供するサービス。

③ピグライフ
アバターで自分だけのステキなお庭を作るゲーム。

④芸能人・有名人ブログ
国内最大級のタレント数。

⑤アメーバグルっぽ
同じ趣味や気の合う仲間が集まり、 掲示板で話し合いができるコミュニティサービス。 主催者が参加メンバーを限定させることが可能。

⑥ピグアイランド
アバターで島生活を楽しめる。

⑦Amebaプレゼント

⑧アメブロde本
あなたのアメブロが本になる!!

⑨AmebaGG
女性ブロガーのための情報サイト

⑩Amebaなう
Twitterに近いGUI※注を持つサービス。 モバイル版の方が先で2009年12月8日に開始。 PC版は2009年12月10日に開始した。 140文字以内の文字を投稿でき絵文字や画像の投稿も可能です。

⑪ピグカフェ
カフェオーナー体験ができる!

⑫Ameba人気ブログランキング
新着記事・ランキング

⑬ピグワールド
アバターで自分だけの街をつくって遊ぼう!

⑭コイン
アメーバを100倍楽しむ

⑮アメーバニュース
気になる芸能・ブログネタ

とたくさんのサービスがありますが、 アメーバの中にある削除依頼から申請すれば、 どのサービスを利用していたとしても、 誹謗中傷を削除をすることができます。では、具体的なやり方についてお知らせします。

zikeidancta

1.Amebaに削除依頼をするには

Amebaのトップページの一番下に 『お問い合わせ』と書かれたリンクがありますので、 こちらをクリックしてください。
https://www.ameba.jp/

01

Amebaヘルプのページに移動しますので、 お問い合わせページの下の方にある 違反報告・通報の中の権利者向け窓口をクリックしてください。

02

権利者向け窓口ページはこちらです。
https://cs.ameba.jp/inq/inquiry/right?_ga=1.257322187.1520976075.1431163394

最初にお問い合わせに関する注意書きがありますので、 まずそちらを確認してください。

注意点は3つで、
1.誹謗中傷されたご本人や無断で著作物を掲載された方など、権利侵害された当事者からの依頼であること。

2.該当箇所が特定できること。具体的な理由が明確であること。

3.モバイル端末フルブラウザからのお問い合わせは、 端末より(http://m.ameba.jp)へお問い合わせをすること。

削除依頼の入力欄はこちらとなります。

03

『アメーバID』はあなたが会員でなければ、 記入しなくても問題ありません。『メールアドレス』は、会員の方は登録したメールアドレスを 会員以外の方は連絡のとれるメールアドレスを記入してください。フリーメールのアドレスでも問題ありません。『サービス名』は該当するものを選択してください。

選択肢は
・ブログ
・プロフィール
・グルっぽ
・なう
・ピグ
・Amebaゲーム
・その他
となっています。

『あなたの権利が侵害されているページURL』については、 記事、なう、プロフィール、グルっぽなど、 どのサービスが対象かで内容が変わりますので注意をしてください。

権利侵害が確認できるページのURLや、 投稿日時等掲載箇所が特定できる情報を記入してください。

(例)
記事の場合:
http://ameblo.jp/*******/entry-11111111111.html

または、
http://ameblo.jp/*******/ と「記事タイトル」、「投稿日時」

なうの場合:
http://now.ameba.jp/*******/111111111/

または、
http://now.ameba.jp/*******/ と「投稿日時」

プロフィール画像の場合:
http://profile.ameba.jp/******/ と「何枚目の画像であるか」

グルっぽの場合:
スレッド:
http://group.ameba.jp/thread/detail/xxxxxxxxxx/yyyyyyyyyyyyyyy/

レス:
http://group.ameba.jp/thread/detail/xxxxxxxxxx/yyyyyyyyyyyyyyy/

上記と「レス№」や「投稿日時」を記入
※*****はアメーバIDです。

『上記URLに記載されている侵害内容』については、 具体的に問題となっている部分を抜き出して、
・それが自分のどのような権利侵害しているのか
・なぜ侵害していると言えるのか
ということを説明してください。

『侵害されている権利』には、 上記の説明と合致するものを記入してください。 複数記入しても問題ありません。『希望の対応』は選択式になっており 選択肢は、
・削除
・Amebaでの確認、この2つだけです。

Amebaで確認してもらっても、 それだけでは状況は変わらないので 削除を選択してください。『あなたの立場』も選択式になっており、 選択肢は、
・本人(権利者)
・代理人、この2つです。

基本的に弁護士以外が代理人となることは、 弁護士法に違反することになりますので、 本人(権利者)を選択してください。

もし、あなたが企業の担当者として問い合わせをする場合でも 企業としての対応をしているので、 「本人(権利者)」を選択して問題ありません。『権利者であることを証明できるWEBページのURL』については、 あなたが権利を有する著作物等の発行が確認できるWEBページのURL を記入してください。

例えば、著作権侵害を連絡する場合で、 音楽が無断で使用されているなら、 JASRACの登録ページのURLを入力してください。あなたが撮影した写真が無断で利用されている場合であれば、 あなたのホームページなどの写真が掲載されているページの
URLを記入するといった形です。最後に送信ボタンを押して完了です。通常、7日~10日くらいで対応の可否がわかります。

2.アメブロ限定の削除依頼の方法

ここまでお知らせした内容は、 株式会社サイバーエージェントに削除依頼をする方法ですが、 アメーバブログ(アメブロ)の場合は別の方法もあります。他人のブログで誹謗中傷が書かれてしまった場合の対策なのですが、 場合によってはこちらの方法しかないケースもあります。サイバーエージェントが対応してくれるのは、法的に問題となる場合に限られます。

しかし、ブログなどで、 あそこのお店でこんな嫌な思いをしたとか こんな話を聞いたのでそんな店には絶対に行きたくない などと書かれたとしても法的に問題とはならないケースがほとんでしょう。

なぜなら、単に実体験に基づく個人の感想とか 伝聞に基づく個人の感想を述べているに過ぎないからです。書かれた方はたまったものではありませんが、 こんなことまで規制される世の中にはなって欲しくないという一面もあります。ただ、幸いなことにこれらの個人の感想であれば、 変えることができない訳ではありません。

例えば、 嫌な思いをしたから行きたくないと書いている人に、 直接謝罪をしたらどうでしょう。普通の人なら謝罪があってそれが適切なものであれば、 受け入れてくれる可能性が高いと思います。

この適切な謝罪”というところがポイントなのですが、 単に謝れば良いというものではありません。具体的な方法については、前に書いた記事がありますので、 こちらを参考にして頂ければと思います。高確率で削除に成功している方法ですので、 是非、参考にしてください。

ある技法でAmebaブログ削除依頼を無料で行う方法

ある技法でAmebaブログ削除依頼を無料で行う方法

こちらの“2-1投稿者に削除依頼をする方法” を確認してください。

3.まとめ

アメーバは、誰でも知っているサービスですが、 意外と知らないサービスまであったのではないでしょうか。誹謗中傷というと法的な問題として、 片付けられると思ってしまいがちですが、 そうではないケースも多々あります。そんな時の方法を知っておくのは、 きっとプラスになると思います。あなたの参考になることを願っています。

※注 GUI: グラフィカルユーザインタフェース(Graphical User Interface) コンピュータグラフィックスとポインティングデバイスを用いて、 直感的な操作を提供するユーザインタフェース。


あわせて読みたい


ツイッターへ誹謗中傷が書かれた際の削除依頼の方法

Yahoo!知恵袋に書かれた誹謗中傷を削除する方法

NAVERまとめに誹謗中傷が書かれた時の対処法

フェイスブック(Facebook)での誹謗中傷の削除依頼の方法

FC2で誹謗中傷された時の削除依頼の方法

したらば掲示板に書き込まれた誹謗中傷を削除する方法

ネット炎上を収束させる方法

逆SEOとは? 5つの手段と悪徳業者の見分け方

コメントを残す


CAPTCHA