英語翻訳ができない弁護士に2chの相談をしてもダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

「2chに酷いことを書かれたんです!助けて下さい!」

「私のツイッターのアドレスが2chに!消してほしいんです!」

「削除要請の書き方が悪いという理由で削除してもらえません!」
このような悩みを弁護士に依頼する人が後を絶ちません。
なぜなら、

・自分で削除要請したが全くとりあってもらえなかった

・裁判所、弁護士の請求には対応してもらえる

という2つの理由です。
もちろんお金はかかります。
でも、書き込まれた人にとっては、「お金で解決するなら」という心理状態まで追い込まれていることでしょう。

しかし弁護士なら誰でも良い訳ではありません。

日本語を英語に、英語を日本語に翻訳できる弁護士に依頼する必要があります。

2chは運営会社が海外にある為です。

では今後、どのような弁護士が必要とされるのかを説明していきたいと思います。

 

目次

  1. そもそもなぜ書き込みを削除してくれないの?
  2. 「ネオ」の秘密
  3. 助っ人の一覧
  4. まとめ

 

zikeidancta

1.そもそもなぜ書き込みを削除してくれないの?

2chに個人情報や誹謗中傷を書き込まれて困っている人は沢山います。

名前や住所、連絡先やSNSの他、悪口や嘘の情報の書き込みなど

本人にとっては、生活や身体に支障をきたす程の出来事です。

しかし、これらの書き込みを個人で削除要請するとなると一筋縄ではいきません。
理由は、

・言論・表現の自由

・削除要請の書き方

・削除人の判断のサジ加減

というのがあげられます。
全ての書き込みに言論・表現の自由が適用されます。

世界人権宣言第19条、日本国憲法第21条にも規定されているので、これを議論するとなると終りが見えません。

一番やっかいなのが、削除を依頼する書き方です。

2chには削除を受け付ける専用のフォームが用意されています。
そこに必要事項を書き込むわけですが、いくつか決まりがあります。

・必ず専用のフォームを使用する

使用しないと相手にしてもらえません。

・正しい対象区分を選ぶ

選択を間違えると、違いますと指摘されるだけで相手にしてもらえません。

・削除対象アドレスは必ずレスの番号を指定する

どのレスが対象かを伝える必要があります。

・削除理由は削除ガイドラインを引用する

削除理由を自分の言葉で書くと、「そんな理由はガイドラインにありません」と断られます。

・警察・弁護士に相談中と書き込まない

相談中と書くと削除が凍結され、警察・弁護士に任せる事を勧められます。

・全く関係のない第三者が特定できない個人情報は対象外

○○県○○市○○ 山田太郎

この程度では第三者にとっては誰のことかわからないと却下されます。

SNSのアドレスもスルーの傾向が強いですし、画像アドレスの場合は「2chに画像をのせる機能はないので画像アップサイトに要請して下さい」と言われます。

 

・削除人の反応が無いからと再要請すると削除を凍結される場合もある

短い期間で再要請すると削除人によっては対応してもらえなくなる事もあります。

 

 

誹謗中傷などを書かれた本人は気が動転していたり感情が乱れていたりするので要請のルールを理解しないまま削除依頼している人も多く見かけます。

そして要請の書き込み履歴は消されることなくそのまま残るので、発見されて再度ネタにされるということも多々あります。

以前は弁護士が代理人となってフォームからの削除要請もありましたが、最近は同様にネタにされ再炎上という理由からあまり見かけなくなりました。

削除要請板を見ると、既に削除されたものはどういう内容だったのか確認することができませんが、一発で削除(あぼーん)されているものも結構あります。

個人で要請する場合はメリット、デメリットもよく考慮したうえで行なったほうがいいでしょう。

どうしたらいいのか判断が難しい場合は弁護士に依頼するとよいです。

フォーム経由ではなく、2ch運営会社に直接メールで送ることができます。

RaceQueen Inc.

メールアドレス meiyokison@racequeen.ph

 

この場合に翻訳のできる弁護士に依頼する必要がある訳です。

 

 

2.「ネオ」の秘密

誹謗中傷や名誉毀損などの書き込みをされた場合、その内容やスレッドを確実に削除するには弁護士の力が必要です。

2chだけではなく、Google、Amazon等も本社が海外にあるので、訴えを起こすには翻訳して送る必要があります。

つまり弁護士による2ch削除要請には法律に沿った翻訳が必須となるわけです。

裁判所の仮処分決定があればほぼ削除できますが、資料は翻訳して2ch運営会社に送らなければいけません。

書き込んだ相手を特定したい場合などの開示要求や削除要請の場合にも海外から登記簿謄本などを取らなければいけません。

英語ができないと仕事にならないのです。

しかし英語を得意とする弁護士は少数。

国内のみの案件を取り合う状態になっていますので、食えない弁護士も少なからずいます。

一時期、過払い金請求で弁護士の仕事は潤っていました。

ですが今現在では解決されつつありますので、1つの巨大な案件が今後減っていくことでしょう。

だからこそこれからはネット社会に目を向け、対応していくには2chのトラブルを解決するのは1つの手となります。

ではこれから英語の勉強をすればいいのか?

答えはNOです。

今後有利になるのでスキルを身に付けるのは良いのですが、習得するまで時間が掛かります。

ではどうすればいいのか?

 

方法は2つあります。

・トランスレーターを雇う(スポット依頼する)

・法律専門の翻訳会社に依頼する

 

不得意な事は、専門の知識がある人に任せて得意なことのみ仕事するのが「ネオ」バイリンガルの方法です。

トランスレーターとは翻訳の専門化です。

まだ世間での認知度が低く、在籍している法律事務所も少ないです。

パラリーガルとトランスレーターが在籍しているのは大きな事務所が多く、パラリーガルのみ、又はパラリーガルが雑務を兼務という状況です。

逆に事務員が知らず知らずにパラリーガルの仕事をしているケースもあります。

大事なのは法律の知識があるトランスレーターが必要という点です。

雇うとなると探すのに一苦労ですが、助けが必要な時だけスポット依頼する契約を結べばよいです。

必ずしも事務所内に居る必要もなく、メールや郵送などでやり取りできるので遠い地域に住んでいても依頼が可能です。

もう1つの手段は法律専門の翻訳会社に依頼する方法です。

こちらもただの翻訳ではなく法律専門の翻訳会社となります。

2chの案件を解決できるという肩書は弁護士にとって大きな武器です。

これからどんどん「ネオ」バイリンガル弁護士は増えていくでしょう。

 

3.助っ人の一覧

トランスレーターを探す手っ取り早い方法は2つです。

・知り合いの弁護士に紹介してもらう。

・ネットに求人を出す。

 

横の繋がりがあればトランスレーターを紹介してもらえます。

ネットに求人を出せばトランスレーターから連絡が来ます。

もちろん魅力的で嘘の無い求人を出すのは言うまでもありません。

 

○法律 翻訳会社一覧

ケースクエア

http://www.wayaku-service.com/

グローヴァ

http://www.glova.co.jp

NAIway

http://honyaku.naiway.com/

Webで翻訳

https://web-trans.jp/

スピード翻訳byGMO

https://www.quicktranslate.com/

法律翻訳におすすめな翻訳業者の選び方(ポータルサイト)

http://www.translate-order.com/

 

 

4.まとめ

2chの削除体制には、

2ちゃんねるが認めた弁護士からの請求

2ちゃんねるが、過去に受けた請求から、表現の自由を配慮したリーガルマインドをもった弁護士と認めたものからの請求については、正当な理由があるものについて、原則として対応するものとする。

と記載されています。

(引用:2ちゃんねる削除体制 http://qb5.2ch.net/saku2ch/

 

つまり、表現の自由を踏まえた2chの削除経験がある弁護士は優遇しますよというわけです。

いち早く書き込みを消したい人にとっては、2chに優遇されている弁護士はもの凄く頼れる存在です。

ネット社会はグローバル化もどんどん進みます。

国境をこえて活躍できる弁護士がこれから活躍されていくことでしょう。

 


あわせて読みたい


経済的に困っている人必見! 法テラスの無料法律相談

誹謗中傷、名誉毀損を警察へ相談する方法

個人信用情報機関に関する知っておくべき10のまとめ

これはパワハラ!慰謝料請求できる判例集

自分でもできる!?裁判までの流れの簡潔まとめ

5分で解る!ネット初心者のための悪質サイト被害の注意点と対処法

【必読】もう騙されない!「国民生活センター」活用術

現代の2大クレジットカードトラブルの種類と対処法・相談窓口まとめ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

zikeidancta

コメントを残す

*