2chに悪質な書き込みをした人物の特定はできるのか?

日本最大級の匿名掲示板・2chは、誰でも匿名で気軽に投稿できることから、毎日、約200万件以上の投稿があるります。

そんな中、個人を中傷する内容や、企業に関する悪質な情報など、「これ、誰が書いたのだろう?」「こんなの書いていいのかな?」という書き込みを見たことはありませんか?

このような、一歩間違えれば犯罪にもなりかねない投稿を書き込んだ人物は、特定できるものなのでしょうか?

zikeidancta

1.2chに投稿した人物は特定できる?

では実際、匿名で書き込めることがメリットの掲示板・2chに投稿した人を、特定することはできるのでしょうか?

答えはYESです。

ただし、かなり手間と費用がかかります。

それでももし、あなたが今実際に、名誉毀損になるような書き込みをされていたり気になる投稿があったりする場合は、次の章をお読みください。

2.2chに投稿した人物を特定する方法

まず1つ目の方法は、投稿者のIPアドレスから個人情報を特定するものです。2chに対してipアドレス開示請求をして書き込み者のipアドレスを取得します。

ただし、IPアドレスだけでは、私たち一般人がその相手の名前や住所などの個人情報はわかりません。さらに、簡単に教えてくれないので、管理者相手に訴訟して「開示しなさい」という裁判所からの仮決定処分をもらわないといけません。

次に、気になる投稿をした相手のIPアドレスがわかったら、

まずは下記の「ドメイン/IPアドレスサーチ」というサイトからこのアドレスのプロバイダー情報を調べます。
・ドメイン/IPアドレスサーチ
https://www.cman.jp/network/support/ip.html

そして、調べたい相手のプロバイダー情報がわかったら、そのプロバイダー監理会社に連絡し、相手の個人情報を開示してもらえるようお願いします。ちなみに当たり前ですが、プロバイダー管理会社は、誰にでも請求のあった人物の個人情報を開示しません。

個人を中傷するような内容、企業の名誉毀損になるような情報を書き込んだなど、この調べたい相手によって請求者が不利益をもたらされている場合などに、時間はかかりますが、開示してくれることもあります。

こう書くと、やや簡単に個人情報を入手できるように感じてしまうかもしれませんが、実際は、警察が絡むような事件性のある開示要求でない限り、そうは簡単に個人情報を入手できません。

プロバイダに対しても訴訟して仮処分が必要な場合がほとんどです。

3.まとめ

2chに悪質な書き込みをした人物は、特定することができます。しかし、かなり時間と手間がかかるのと、ほとんどの場合は特定できないか、お金を払って弁護士などのプロに頼まないと、解決しないことが多いようです。

また、特定した人物を間違えてしまった場合、今度はあなたが名誉毀損で訴えられることもあります。

なので、個人の特定には十分に留意し、あまりにも悪質で事件性のあるものの場合、まずは警察に相談するのが一番でしょう。2chの書き込みを特定するには最低2回の訴訟が必要となりますので50万前後必要となります。特定後に訴えるのであれば別途費用が裁判費用がかかります。

2chのような匿名型は突き止めるのに手間も費用もかかりますが、登録型サイトの場合は自分で風評削除ができる場合が多いです。下記の記事を参考にしてチャレンジしてみてください。

コメントを残す


CAPTCHA